shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 06日

07年2月号に関する色々なこと

・さて、この年始で幾つか情報が飛び交ってまいりましたが、やはり「Δ」は次回から物語が終盤に差し掛かるのだそうです(千葉氏のブログより)。
 この物語の時間が一気に動く、という構成がどういう意味を持つのかはまだはっきりとしたことは分かりませんが、これによってサーペントテールの出番がなくなった、ということは当初の予定とは若干変わった、ということなのかもしれません-意味合いは違いますが、「種」の終盤が思い出されます。
 と、同時に「Δ」以降の「アストレイ(という名前の)シリーズ」の長期的展望も、ときた氏や編集氏も交えての打ち合わせが行われた、ということですから劇場版を踏まえてのものなのかもしれません-ことによったら、第3シリーズという可能性もあるのかもしれませんが。
 まあ、本編の方がどうなるかは兎も角、そっちとの摺り合わせが行われたことはまず間違いない所ではないかなあ、とか思います。
 「Δ」は幕を下ろすとしても、シリーズとしてはまだまだ続いて行くと信じたいですね。

・「THE EDGE Desire」の二回目はカガリが取り上げられましたが、これによると結果的にザフトはオーブの守旧派を一掃し、一度は失脚したカガリの政局への復帰を後押ししたという、言わば議長は自分で自分の首を絞めたという皮肉な結果になったようです。
 しかしながら、何度見てもこの辺のくだりはよく分かりませんなあ。多分、この先もきちんと描かれることはないんでしょうけど。
 詰まる所、カガリは先の戦争が終結し、ユニウス条約が締結されてオーブが占領地から独立国家に戻った時、生き残った-つまりは、反ウズミ派の有力氏族によって祭り上げられたものの、実際の政治の現場からは遠ざけられてしまった、ということだったのでしょうね。
 -その癖、単身プラントに渡って議長と会談したりするから視聴者は混乱するんですが。けど、こういうことを言い出すとそもそも冒頭のガンダム強奪にカガリがいなければならない必然性とかにも疑問符が付きかねません。
 だからこそ、今回の話もオーブ攻防戦に絞り込まれているんでしょう。

・「STARGAZER」のコミカライズは第2話の前半くらい?を描いています。やっぱり、あの虐殺シーンは胸糞が悪くなりますね。アニメの感想でスルーしたのもむべなる哉。
 で、この漫画版によると、ジン タイプインサージェントを操っていた三人組の子供と、犯行声明を流したコーディネイターのお子さん達は同一という解釈になりました。それがアニメ版と同じかどうか、までは断言出来ませんけど。
 と、思ったら、ムックのキャプションではやはり同一人物ということになっていますね。とは言え、ますます後味が悪くなるだけなのですが。
 同じくムックではこの子供達の破壊活動の背後にはそれなりの組織が動いていた、とされていますが個人的には子供がコーディネイターの抵抗運動組織から勝手に盗み出し、MSテロに及んだのではないか、とも思っています(或いは、ブルーコスモスの自作自演か)。
 しかしこの漫画、線が細い上にベタがなく、トーンワークも最小限で白い所為か、どうにもあまりいい印象がありません。「クライマックスU.C.」などコピーが多くてそれはそれで食傷気味でしたが、それでも線に勢いがあったのでこちらよりも漫画として楽しめたんですが…。
 無責任なファンの意見ですが、もう少し頑張って欲しいと思います。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-01-06 03:09


<< 議長陰謀論者説に関する若干のこと      機動戦士クロスボーンガンダム ... >>