shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 26日

「8」のこと及び再度テスタメントのこと

・さて、C.E.では量子コンピューターが主流なのですが、そんな中でも「ASTRAY」シリーズを通じて主人公のサポート役に徹しているモバイルPCこと「8」ほど謎な存在はないでしょう。
 漂流していた宇宙船からロウが回収したということ以外の出自は不明で、内部が完全にブラックボックス化されていることから内部構造の詳細も不明。分かっているのは量子式ではない、ということくらい。
 しかしながら量子コンピューターと同等か、それ以上のスペックを持っていることは間違いありません。あまり表には出ていない設定ですが、レッドフレームをナチュラルのロウが動かせていたのは「8」のサポートがあるからです-もう、棄てられているかもしれませんが。
 それに現在展開中の「Dアストレイ」ではナチュラル用OSが普及している、という設定ですからジェスがアウトフレームを乗りこなしているのは不思議ではないですね。まあ、戦闘に巻き込まれる等、危機的状況に陥った時は「8」がサポートしているのかもしれませんが。

・今月のガンダムA-05年10月号の「Dアストレイ」でも、「8」はアウトフレーム本体のコンピューターがダウンした状態でも機体を制御していました。また、対ゲルフィニート戦(電撃ホビーマガジン04年2月号)でも量子コンピューターに干渉するウィルスに対抗する策として、「8」がレッドフレームのコントロールを行っています。
 これらのことからも、「8」が量子コンピューターではない、別の形式による高性能コンピューターであることが分かります。
 余談ですが、MS戦闘に関しては素人のルキーニが操っていたMS・ゲルフィニートは「8」のコントロールでも反撃は容易でしたが、正体不明で凄腕のパイロットが駆るガンダムタイプのテスタメントには逃げるのが精一杯だったようです。

・また、「8」はコンピューターとしては限りなく、人間臭いように出来ています。実際、新しいアウトフレームの装備-Gフライトやマルチパックを考案・設計している所を見ると、自律思考が可能であるようです。
 こうしたことから、「8」の正体を現在のジョージ・グレン同様生体ユニットである、と考えることは可能ではないかと思います。その場合、生体部分の栄養補給などをどうしているのか、という疑問も湧いてきますが。
 殊によると脳全体を用いているのではなく、単なる生体コンピューターのパーツとして脳の一部分が用いられているだけなのかもしれない。が、それはあまりに非人道的に過ぎるだろう。
 だとすれば、「8」を造り上げたのはブルーコスモスの研究陣なのかもしれない。生体CPUやエクステンデッドのように、ナチュラルが、ナチュラルのままコーディネイターに対抗する為の一手段として。もしそうだとするなら、運命は皮肉である。創造者たるブルーコスモスに結果的にとは言え反旗を翻し、打倒する手助けとなったのだから。

・閑話休題。テスタメントの仕掛はどうやらこちらの読み通りだったようです。ただ、あそこまで広範囲に影響を及ぼすとは思っても見ませんでしたが。
 残るはあの、テスタメントのパイロットが誰なのか、ということでしょうね。これでネオの正体がムウのクローンだったのなら、同様に作られた内の一体、という推測も成り立ったのですが。どうやらあれはムウ本人みたいですし。
 まあ、謎の少女たちの件もあるし「Dアストレイ」はまだ暫くは終わりそうもないですね。これで来年秋まで繫ぐのかな。

・最後に。どうやってジェスはテスタメントの装甲をPS装甲ではなく、VPS装甲と見抜いたんでしょうね。それとも、ただ単にVPS装甲しか知らなかっただけなのかな?
 けど、VPS装甲はザフトの重要機密の一つだろうに、どうして連合側のテスタメントに搭載されているのだろう。それとも、これが噂のZGMF-12なのだろうか。だとすれば何時、連合軍に鹵獲されたのだろう。
 いやいや、やっぱりZGMF-12はアウトフレームで、テスタメントはアクタイオン社から技術供与を受けた大西洋連邦が完成させた12番目の機体なのだろうか-謎は深まるばかりでございます。

追記:今回のときた版ではっきりと「8」が自分は量子コンピューターではないと言ってましたね(8/28)。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-08-26 13:01 | アストレイ | Comments(8)
Commented by らぼらぼ at 2005-08-27 02:37 x
初めまして。
前回のDESTINY放送よりトラックバックさせて頂いております。

Dアストレイ私もけっこう楽しんでいるのでコメントさせていただきます!

まず8について。
ロウが8を見つけたという漂流船、足つきな形状をしていますが、パッと見人とあんまり変わらない大きさのようですね。もっとも遠近法で描かれているのでなければの話ですが。。。
何はともあれあまり大きくなさそうなので、戦艦の類ではなさそうです。
まぁそもそもギガを見て、ロウが思い出したわけですし、また電ホでは「宇宙戦闘機」という記述もされていますので、そういった類かと思われます。

そこに8が据え付けられている状況を見るに、大きなコンピュータの一部が8の本体のようで、その形から、今現在あるディスプレイやら周りのフレームはロウが付け足したものと思われます。(ついでに言えば、音声認識機能やら簡単な通信機能も後から付けたものでしょうね)
Commented by らぼらぼ at 2005-08-27 02:38 x
この時代のコンピューターはあまねく量子コンピュータで、「MSはもちろん」という記述(電ホ04年2月)と、ロウが8を拾った時点(すでにロウがジャンク屋として働いていた時)を勘案すると、ロウが8を拾った時もすでに量子コンピュータが普及していたとみて差し支えないでしょう。

そうすると8は前時代に作られたものか、もしくは特別な目的でこの時代に作られたものと…

あと気になるのは8が戦闘のプロフェッショナルを自負していて、また戦いの歴史を全て記録しているということ。さらに実際戦闘までしてますね。

他のアプローチとしては、ユン・セファンやエリカ・シモンズが利用していた量子コンピュータの疑似人格もありますね。ユンの連れる量子コンピュータたちは8を明らかに意識してますよね。
Commented by らぼらぼ at 2005-08-27 02:38 x
いずれシャア・セイラ編みたいな感じで明らかにされたら嬉しいですが、背景をしっかり作ろうと思えば、いくらでも作れますね(笑)

私は8をソキウス計画でいうグゥド・ヴェイアのような存在と予想します。コンピュータの疑似人格の研究を行っていたのは何を隠そう、デュランダルw
遺伝子で抑えきれない部分を合理的な答えを示す事で調整する役割としての疑似人格コンピュータww
以上です(笑
コートニーの台詞を読むにアウトフレーム=ZGMF-12はかたいと思うんですが、テスタメントはなかなか難しいですね。
とりあえずのヒントは形式番号RGX-00、NダガーNと仲間、VPS、トリケロス改、マイウスで造られた、scout0984、ストライカーパック、ミラコロ&ウイルス、謎の女性、パイロットがあの仮面…
とりあえずあと一月待ちますか(笑

長々とすいませんでした。
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-27 12:03
>らぼらぼさん
どうも、ようこそいらっしゃいました。

設定として、C.E.世界は量子コンピューターが普及して、あらゆるコンピューターが量子式になっているということになっています-まあ「ASTRAY」の話ですが。
一朝一夕にそういう状態になったとも考えられないので、仰る通りロウが「8」を発見した時にはそういう状態になっていた、と考えるべきでしょうね。

あと、擬似人格の件ですが、仮にそういうものがあったとして人間が持つ直感やひらめきといった創造性まで付与出来ているかは正直、疑問です。
「8」が特別なのは百歩譲るとしても、そういうものが簡単に量産されているのはどうかな、とも思ったりもします。
なので、個人的にはエリカやユンがやっている手法というのは過去の膨大なデータの引用なのではないか、と勝手に思っています。

それとも、そういうシステムがごく一部とは言え確立されている、ということが「8」の存在するバックボーンなのですかね。
「8」の謎が解かれる日が待ち遠しいです(笑)。
Commented by ハル at 2005-08-27 14:02 x
確かに8には多くの謎がありますね。

あとテスタメントについてですが、僕はZGMF-11ではないかと思っています。
理由は形式番号が鹵獲した機体を表すRGXであったことや、アストレイの最後で地球軍のほうに流れていくといわれていたり、パイロットのヘルメットについている目玉マークは確かZGMF-11のパイロットもつけていたと思ったからです。
形状が違うのは修理、改修のためと無理やり納得しています(笑)

あとVPS装甲なのですがこれはTP装甲の発展型なのではないでしょうか?
装甲に負荷がかかった際、PS装甲を展開するTP装甲の原理を利用し、負荷がかかった際のかける電圧をあげるという仕組みになっているのではないでしょうか?
これならストライクルージュクラスのPS装甲素材でもあれば可能ではないかと思うのですがどうでしょう?
Commented by らぼらぼ at 2005-08-27 14:22 x
エリカ達の使う量子コンピュータは、例えばMSの開発に際し、自主的に様々なプランを提案するということをしています。
そして自らのコンピュータでシミュレーションなどをして、他のコンピュータと議論したり、あるいは他のパソコンを説得する事で自分の案を通そうとする、ということです。

もしそれぞれのコンピュータに与えられているデータが違うものであるならば、話は別ですが、仮に全てのコンピュータにできるだけ多くのデータをそれぞれ与えているとすると、違う案を提案しあうこの疑似人格たちの創造性、自律性というものが想定できるのではないかと思いました。

なおこの量子コンピュータに疑似人格を与える方法をエリカに教えたのはプロフェッサーのようです。それがロウが8を拾う前なのかどうか、またはロウとプロフェッサーが出会う前なのかどうかで、プロフェッサー黒幕説が浮上してくるのではないでしょうか(笑)。

一見世界を達観しているように見える、プロフェッサー、マティアス、謎の女性の3人の女性がどう絡んでくるか、これも楽しみですね。そういやミナ様も動き始めましたしね。
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-28 11:19
>ハルさん
どうも、いらっしゃいませ。

なるほど、ZGMF-11A「リジェネイト」ですか。
確かに、あれなら核エンジン搭載機ですし、背部のコネクターも大分融通の利くものみたいですし。
これはいい読みなんではないでしょうか。

VPS装甲については劇中、ジェスがそう言っているというだけで証拠はないんです、確かに。
これは僕の想像ですが、おそらくストライク等で実用化されたPS装甲というのは自由自在にその硬度を変えられるものではなかったんではないでしょうか。
最初に設定した通りの硬度しかなかったものを、後から設定を書き換えることで変化させたのがストライクルージュのPS装甲だったのでしょう。
言い換えるなら、本来ストライクの予備パーツを使っている関係上、ストライクと同じ設定にしかならない筈だったものを、その部材はそのままに硬度を変更させることに成功したのが画期的だったのではないか、ということです。
これを更に推し進め、一つの部材に複数の設定を用意し、それを戦局に応じて自在に変更出来るようにしたものがVPSなのではないかな、と。
そんな風に考えています。
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-28 11:32
>らぼらぼさん
どうも、いらっしゃいませ。

エリカが使用する量子コンピューターが小説の記述通り、擬似人格以上の創造性を持っているのだとしたら、すくなくとも知力という点でナチュラルはコーディネイター以上なのかな、とも思いますね。
いくらコーディネイターと言えども生き物である以上限界はありますが、機械であるコンピューターに限界はありませんからね。あの世界におけるスパコンにこのシステムを組み込んだなら、それこそとんでもない発明とか発見をしでかすのではないか、とも思ってしまいます。
それこそ、打撃自由や無限正義に搭載されているという、新型エンジンをも超えるような。

それをコーディネイター嫌いの連合が採用していないのなら、完全な創造性や自立性を付与することは出来ていない、ということなのかもしれませんね。

ちなみに、「8」の生みの親はプロフェッサーである、という真贋不明の説もネット上には漂っています-ソーズが明記されていないので、詳しいことは一切不明ですが。


<< PHASE-45 変革の序曲      PHASE-44 二人のラクス >>