shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 08日

ハイパーデュートリオンのこと

・ハイパーデュートリオンとはご承知の通り、ディステニーに搭載された新型動力源の名称であります。
 現在分かっている情報ではデュートリオンと核動力のハイブリッドとされており、最初からユニウス条約を無視して開発が進められていたことくらいで、詳しい作動原理等は判明しておりません。
 また、レジェンドや打撃自由・無限正義にも同じく新型エンジンが搭載されている、というアナウンスはあるものの、それがこのハイパーデュートリオンかどうかは定かではありません。確定しているのはデスティニーだけです。

・この設定が公表されて、2chの考証スレでは核エンジンによる電力の安定供給と、デュートリオンによる一時的な出力増強を組み合わせたハイブリッドではないのか、という意見が支配的でした。
 真っ当に考えるなら、これが妥当であると僕も思います。
 しかしながらPHASE-42でデスティニーはエネルギー不足に陥ったのではないか、と思わせる描写がありました。「POWER INDUCATOR-これはINDICATORの誤りと思われます-」のレベルがレッドゾーンに入り、ALERTが点灯していたのです。
 加えて、“PRIMARY”と“SECONDARY”の二つの「HYPER CAPACITOR」もかなり低位を示していました。こうしたことから考えるに、デスティニーは本当にあの時エネルギー切れになっていたのではないかと思われます。ちなみに“CAPACITOR”とはコンデンサー=蓄電器のことです。
 こうしたことからデスティニーはハイパーデュートリオンによる発電の他に、二つの大容量コンデンサーを保有していることが分かります。そしてそれら全てが-おそらくは-活動限界ぎりぎりの低位となってしまっていたのです。
 ハイパーデュートリオンよりも出力の低い核エンジンでさえ、自由や正義はほぼ無尽蔵の電力を得ていました。また、デスティニーと激しい戦闘を繰り広げた打撃自由はエネルギー切れを起こしているようには見えません。
 では、核エンジンよりも数倍の出力を持ちながら、燃料切れが著しく早いハイパーデュートリオンとはどういうシステムなのでしょうか?

・まず、ハイブリッドの一方である核動力がユニウス条約違反である以上、それはNJキャンセラーを用いた核エンジンであることはほぼ確定だと思われます。従来型デュートリオンも、ペタトロン反応を用いている、という意味で問題ないでしょう。
 ならば何故、核エンジンを用いていながらエネルギー切れを起こしてしまうのか。それはおそらく、デュートリオンビームが外部から供給されるのではなく、内部で生成しているが故に限られるのではないか、ということであります。
 第一の推測として、ペタトロン反応を起こすだけのデュートリオンビームを発生させるには膨大な電力が必要とされるのではないか、ということ。だからこそ、デュートリオンビームは専用の艦船からしか照射出来ないのではないか。ハイパーデュートリオンの核エンジンとは、これを発生させる為の動力源という側面も持つのではないだろうか。
 第二としては、ペタトロン反応による発電は瞬間的な電力量は核エンジンを上回るものの、デスティニーの持続的なエネルギー源としては不向きなのではないか、ということ。デスティニーの武装は高エネルギー砲やアロンダイトなど、高出力を必要とする武器が殆どである。その為、瞬間的な出力を確保する必要性から、単なる核エンジンではなくハイパーデュートリオンが必要となったのではないだろうか。
 無論、インパルス級のMSの動力源としてならデュートリオンでも充分問題はないのだろうが、デスティニーのように強化された兵装を何種類も同時に稼動させるとなると出力不足になるのはデスティニーシルエットの開発断念からも窺い知れる。
 つまり、核エンジンが単なる駆動用としてだけではなく、デュートリオンビーム発生器のバッテリーとしても使用されることで、自由のそれと比べて燃料消費量が格段に増量してしまったのではないか、ということです。
 デスティニーは個性的な武器のみならず、光の翼の展開やミラージュコロイドを応用した分身の投影という機能を持ちますが、それを作動させる為に電装系もインパルスや自由に比べてかなりの電力消費があることが予想されます。こうした二重の負荷がかかることで、デスティニーの核エンジンには従来からは考えられぬ程の発電を余儀なくされているのではないか。それ故に、燃料切れを起こしてしまったのではないか、という推測です。

・その一方、通常、核エンジンとは一度稼動すれば長期間燃料を無補給で稼動することが出来るものです。だから、この場合も核エンジンの燃料が切れたとは本来なら考えにくい。そうなると、デュートリオンの燃料とも言うべきペタトロンが先になくなったと考える方が自然な訳です。
 これは未確認情報ですが、デスティニーシルエットの運用試験では一回の模擬戦闘で三度のデュートリオンビーム照射が必要になったと言われています({MSV」より)。そこから類推するにアカツキ・ムラサメ混合部隊とやり合い、その直後に打撃自由と熾烈な戦いを行ったデスティニーが消費したペタトロンは想像以上の量だったのかもしれません。
 M2000GX 高エネルギー長射程ビーム砲を二回撃ち、アロンダイトでの切り結びもアカツキ、ムラサメ部隊、打撃自由に行っている。光の翼の展開に、ミラージュコロイドによる分身形成。おまけに、クスィフィアス3レールガンの直撃をPS装甲で受け止め、連結ビームライフルの一撃をビームシールドで防御しています。通常の戦闘では、ここまで熾烈なものを想定していなかった、という開発側の良い訳は通りそうなくらいです。
 本来、設計段階で出された戦術状況ならば、充分に対応出来るのだ、ということなのでしょう。だからデッドウエイトにもなりかねない、デュートリオンビームの受容器は取り付けられなかったのかもしれません。

・なので、今回のエネルギー切れはこれら二つの要因が重なったことによるものではないかと思われます。つまりデスティニーとは敢えて区分するなら、比較的活動時間の短い強襲用MSではないのか、ということにもなります。
 宇宙世紀のMSで言うなら、MSZ-010・ZZガンダムのようなものなのかもしれません。



・まあ、色々書いて来ましたがこうして考えると、デスティニーのハイパーデュートリオンと打撃自由や無限正義の新型エンジンというのは実は別物なのではないか、という疑惑が生じてきます。
 PHASE-41でほぼ似たような武装を用いて戦いつつも、片やエネルギー切れで帰艦を余儀なくされ、もう一方は更に戦闘を続行しています。こうした所から、デスティニーと打撃自由のエネルギー量の差はかなり大きいと言わざるを得ないでしょう。

・取り敢えず、インパルス(やストライク)に搭載されるバッテリーでも、それぞれ単体の能力しか持たないものなら充分に運用出来るのは明らかです。その三種を一つにまとめると要求される消費電力が飛躍的に増大し、既存のバッテリーでは賄いきれなくなる訳です-それでもストライクのIWSPはパワーパックの開発で凌いでいるのですが。
 デスティニーシルエットの場合は主に高エネルギー砲とアロンダイトが既存のシルエットのケルベロスやエクスカリバーと比べて消費電力が大きく、それ故にパワーパックの追加程度では追いつかなかったのでしょう。

・そう言えば、前作の「種」では核動力を積んだ自由や正義の専用母艦としてエターナルが登場したのでした。既存の艦種では出来ない、核エンジンの整備機材などの特殊な装備を持っている、という設定で。
 しかしながら、今回の話では普通にミネルバで対応出来てしまっているようです。視聴者の知らない間に専用の機材が搬入されたのか。それとも、ハイパーデュートリオンはそんなものは必要なく、通常の機材で事足りるのか。ひょっとして、ミネルバには最初から核エンジン整備用の機材が積み込まれていたのか-よく分かりません。

・まあ、色々書いて来ましたが、次回「反撃の声」で長々と戦闘を繰り広げてくれるなら、全ては演出上のご都合、ということになるのでしょうね-せめて、ミサイル等の弾薬の補給にしてくれればこんなへんちくりんにはならなくても済んだのですが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-08-08 13:24 | 設定 | Comments(10)
Commented by はかたっこ at 2005-08-09 00:12 x
こんんばんは。

1つ前の記事でのコメント返しありがとうございました。分けて書くと面倒なのでここに書かせてもらいましたw

>ペタトロン反応を起こすだけのデュートリオンビームを発生させるには膨大な電力が必要とされるのではないか
これには、目から鱗でした。と言うことはデスティニーが発進前にケーブルを引いていたのは、発進直後にペタトロン反応を起こすためのデュートリオンビーム発生用のエネルギーを蓄電しておくためなのではないでしょうか。核分裂炉ではデュートリオンビームのエネルギーを発生させるのに発進後少し時間がかかるために。
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-09 03:32
>はかたっこさん
どうも。いらっしゃいませ。

>ケーブル
そうですね。デスティニーがあそこまで燃費の悪いMSとなると、発進直前まで充電をしていてもおかしくはないと思います。
まあ、一番いいのは核エンジンとデュートリオンをハイブリッドではなく、ツイン-それぞれ独立して持つのが一番なのでしょうが。
流石に標準MSのサイズに二つの似て非なる機関を仕込むことは、流石のザフト技術陣にも出来なかったのでしょうね。

それからレスについてはお気になさらず。出来るだけ誠意には誠意で応えるように、というありふれた教訓を守っているだけですから。
Commented by mk7 at 2005-08-10 11:59 x
種サーチから見事に誘導されてお邪魔いたしましたw

なかなか深く考察されているようで感心しました。
確かに運命は短時間での制圧を目的としているという記述を他でも見たことがあります。
という事は、自由クラスのMSとの戦闘は考慮されていなかったのでしょうか・・・という疑問が残ってしまいます。
もう一つ。
結構S自由もガンガン撃ってますよね。あれもかなりの消費量だと見ています。まだフルバーストなどしていないのでそれほどでもないのかもしれませんが・・・。

両方種割れであそこまで互角に戦われると、どうしても運命の動力の方が劣っているのではないかと思ってしまいます。

浅はかな考察ですいません^^;
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-10 18:25
>mk7さん
どうも、ようこそいらっしゃいました。

第一の疑問については、やはり想定されていなかった、というよりはパイロットがあんなに強いとは想定の範囲外だった、ということもあるのかもしれません。
単純にパイロットの能力差で言えばコーディネイターとナチュラルでは、相当の差がある訳ですからね。
まして、キラみたいなスーパーコーディネイターと戦うということを想定していなかったとしても、誰も責められないでしょう。
逆を言えば、ダガーLやウィンダムは言うに及ばず、デストロイ級でもデスティニーは充分に戦えていた訳ですからね。

続きます
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-10 18:37
第二の疑問についてですが、「つづき」ではああ書きましたが、よくよく考えたら打撃自由は自由と比べて、結果的に燃費が良くなったと言えるのかもしれません。
エネルギー喰いのパラエーナ×2が撤去された関係で、こと地上に関しては消費電力が格段に抑えられている可能性が高いですね。
しかしながら、宇宙に出てスーパードラグーン×8を使えばその分、消費電力も跳ね上がるでしょうから、意外と燃費も悪くなってしまうかもしれません。

まあ、この辺りは打撃自由の燃費が特別いいのではなく、デスティニーの燃費がすこぶる悪いのだ、ということで落ち着かせるしかないような気もしますが。

あと、隣のカテゴリで「設定」を開いて貰うとこの他、色々書いているのが見れるので、良かったらそっちも読んで見て下さいませ。
Commented by はかたっこ at 2005-08-11 00:34 x
またお邪魔します。

どうやらこのデスティニーの核エンジン議論には納得いくまで追求しないと気が済まないようです…。
>パイロットがあんなに強いとは想定の範囲外だった
やっぱりこれには納得しかねるんですよね…。最低でもキラ&フリーダムぐらいの相手は想定しているべきだと思うんです。
事実、インパルスに落とされるまではキラ&フリーダムが最強でしたし、フリーダムが落とされた直後に実戦配備されたデスティニーがその相手との戦闘を想定されてないというのは変です。ひょっとしたらインパルスで無理だった時のために用意したという側面も無いことは無いでしょうし。

続かせてください…
Commented by はかたっこ at 2005-08-11 00:36 x
続けます…

だとすると、キラ&Sフリーダムのような相手との戦闘を想定していなかったのでしょうか?しかしこれにも疑問が残るんですよね。理由は2つあります。
①CE世界でのMSの恐竜的進化はUCのものを遥かに上回っています。その点からも、デスティニー並の機体がZAFT以外で製造される可能性は高いと考えます。
②パイロットについてですが、スーパーコーディネーターのキラやサラブレッドのアスランが能力が高いのはわかりますが、そんなに特別な処置を受けてないと思われる普通のコーディネータであるシンがキラに匹敵するほどの戦闘能力を有していることから、偶発的にキラ並みのコーディネーターが生まれてくる可能性は考えられるのでは。

でも結局は「想定の範囲外だった」で済ませないと納得できない気がします。そうでないとデスティニーにフリーダムより燃費が悪いエンジンを搭載した理由が思い当たりません。それに議長の状況判断の甘さはこれに限ったことではありませんし。ラクス暗殺の時期が遅すぎた(ラクス暗殺前に民衆にミーアを晒したこと)上に失敗したことしたことやアスラン撃墜の失敗など。
本当に2回に分けてまで書き込みしてすみませんm(_ _)m
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-11 10:56
>はかたっこさん
どうも。

個人的に仮想敵のレベルはデストロイ&エクステンデッドが上限、というか妥当というか、現実的ではないかと思います。
キラ×自由という、パイロットも機体も規格外れ同士の組み合わせまでは考慮しきれないと思う訳です。
好意的に解釈するなら、デスティニーの能力なら自由は倒せても、その数倍の能力を持つ打撃自由は倒せなかった、という見方も可能でしょうし。

続きます
Commented by shunichiro0083 at 2005-08-11 11:12
1についてはMSの恐竜的進化は確かなのですが、それでも「こんなこともあろうかとby真田さん」ばかりに、ラクス陣営が打撃自由なんてものを建造していることはやはり想定外なのではないですかね。
それに、ザフトも新型機の開発をこれで打ち切った、という訳ではないでしょうし。間に合うかどうかは兎も角、デスティニーの次の機体は開発されているでしょうから。
2については、偶発的にスーパーコーディネイターが現れたとしても、その人物が偶然自由や打撃自由並みのMSに乗ってプラントに敵対行動をする、という可能性が恐ろしく低いと考えられたのではないでしょうか。
実際、キラも旧式のストライクではザクやグフ相手にはやられる一歩手前まで行った訳ですしね。

まあ、そんなこんなでデスティニーの燃費の悪さは開発陣の責任ではなく、横から口を挟んだ議長の所為ということで、一つ。

最後になりましたが、分割書き込みは問題ないですので。ご自由にどうぞ。
Commented by はかたっこ at 2005-08-11 23:03 x
こんばんは。

なるほど、デスティニーは現状こういうMSも有り得るという内の一つで究極形では無いということですね~。
本当にありがとうございました。
今後も長文を書き込みしてしまうと思いますが、また遊びに来ます。
それでは失礼します~。


<< アカツキに対する思いつきのこと      PHASE-42 自由と正義と >>