shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 17日

PHASE-39 天空のキラ

・メンデルを家捜しするのはいいけれど、その動機や理由が明らかになっていなかったような気がするのは自分だけでしょうか?
 いくら以前アーサーが議長のことを遺伝子に関する権威とか何とか紹介していたからと言って、これはあまりに唐突ではなかったかと思います。
 どうやら、今回の話の展開によると議長はメンデルの出身らしいですが、なんだかそこいら辺を置いてけぼりにしてもいいんですかねえ。まあ、枝葉末節と言ってしまえばそれまでですが。

・そういう意味では何故、ザフトの追跡部隊がメンデルを張っていたかも謎なのではないかと。
 確かに「種」で三隻連合はメンデルに立ち寄っているようですが、それだけでは説明にならないのですよ。
 何故なら、ジンが見つけたのは正体不明のランチですし、それが逃げ込んだのも何だかよく分からない小惑星もどき。これだけでシャトル強奪犯と特定出来る筈はないと思うのですが。
 無論、議長から事前にシャトル強奪犯がメンデルに立ち寄る筈だから、後をつけて一網打尽にせよ、なんていう具体的な指示が出ていれば別ですけれどね。

・で、偶然見つかったノートに書いてあった「DESTINY PLAN」という言葉と、その詳細。
 この言葉を信用するなら、議長はどうやら遺伝子解析技術から個人の未来と運命までもを予想出来る-と彼が信じる-独自の理論を構築していたのではないかと思います。
 もっと推論を述べるなら、議長は膨大な遺伝子情報の中にその固体の能力と、未来-運命の全てを予め記録した、言うなればアカシック・レコードとも言うべきものを発見したと信じ。それを読み取ることで、世界を思うが侭に操ることが出来るのではないかと、そう断じたのではないでしょうか。
 キラやラクスをあそこまで敵視したのも、彼らの遺伝子データから二人こそが自分の野望を阻む運命にあると知ったからではないか、とか。

・アスランは漸く、自分の正直な心情を吐露しましたね。まあ、苦労はして来たとは言え、まだ若いアスランでしたから、悩みすぎて勇み足をしてしまった、という所でしょうか。
 言いたかないですが、マリューもキラばっかりに構ってないで、最後の最後だったとは言え自艦のMSパイロットとして戦ったアスランの悩みも聞いてやれよ、と。もしくは、同じ脱走兵の誼で虎が相談相手になってやるとか。ねえ。
 来週か再来週くらいには無限正義も来るでしょうから、その頃にはアスランの傷も癒えて張り切って活躍してくれるでしょう。
 これからのことをカガリと話す時、シンの顔を思い出してくれたのは嬉しかったです。まだ、希望はあるのでしょうか。

・ジブリールはどうやってかザフトの包囲網を掻い潜り、一路空路でオーブ入りです。空港にはセイラン親子もお出迎え、です。
 しかし、どうやらあの親子は馬鹿正直にジブリールを迎え入れ、ザフトの引き渡し要求にも屈せずに再度の本土決戦を挑むようです-言ってることとやってることが全然ちぐはぐで、これではカガリを追い落とした方法論が自分達に降りかかって来るだけでしょう。
 所詮、ジブリール同様、二流の政治家として落ち着かざるを得なかったようです、あの親子は。

・エターナルはザフトの追撃部隊の猛攻の前に窮地に追いやられますが、そこへと颯爽と現れるのが我らがヒーロー・キラ。ストライクルージュにブースターをセットして、単機で大気圏脱出です。
 某巨大掲示板では話題になっていましたが、キラが乗るとストライクルージュがただのストライクになってしまっていましたね(カラーリング)。まあ、そちらでも言われている通り、ルージュはパワーエクステンダーによる余剰分をPS装甲の強度を上げるのに使っていたのに対し、キラは同じ余剰エネルギーを運動性・機動力・火力に振り分けた、という所でしょうねえ。
 何かその割りにすぐ、ピンチに陥っていたような気がしないでもないですが、ザフトのセカンドステージMSはGATシリーズと同等か、それ以上の性能を持つという設定がある以上、仕方のない所でしょう。
 やっぱり詰まる所、「種」や「種運」というのは「乗る機体が全て」なんですかねえ。

・満を持して登場した打撃自由のOSは、自由のものと同じでしたね。核動力という、厄介なものを扱う以上、それを動かすプログラムもそんなに簡単には組めないのでしょうか。けど、下で指摘されたように、「運命」と「伝説」のOSも違うみたいですし。
 ここはキラが新たに駆る打撃自由が、自由の系譜を組む機体である、ということをアピールする為だったのかもしれませんね。
 スーパードラグーンの戦闘シーンは予想の範囲内でしたが、格好良かったですね。ただ、あの一斉発射は自由を超える攻撃力なのでしょうが、果たして地上で使えるかどうかは疑問ですな-ま、だからこそ「スーパードラグーン」として、「伝説」の「ドラグーン」と区別しているのかもしれませんが。

・さあ、来週はオーブが本土に攻め込まれる様子。カガリがアカツキで出撃して、ウズミのメッセ-ジを放送して丸く収めるとかいう展開だけはなしにして欲しいです。
 っていうか、シンの出番をもうちょっと増やしてやって欲しいなあ、と。

 満足度=☆☆★★★(二個)



・しかし、捕まったロゴスの皆さんは軍事法廷にかけられるそうですが、どういう罪になるのだろう。
 ファントムペインも建前上、私兵ではなく連合軍の特殊部隊扱いだし。精々、政府高官や軍上層部・官僚に対する贈収賄くらいしかないような気がするのですが。
 無論、ロゴス側の軍人さん達は戦犯として裁かれるのでしょうけれど。

・で、ファクトリーとか、ターミナルっていうのはなんなんでしょうね。どうやら、ファクトリーというのはプラント内で、ラクスに協力して打撃自由やら無限正義やらドムやらを開発・製造していた工廠のことでしょうが。
 そうして考えると、やはりラクスはユニウス条約発効直後くらいからプラント内の勢力と連絡を取り、来るべき戦いに備えていたと考えるべきなのでしょうね。

・で、ターミナルっていうのは?
 まあ、個人的な考えでは、ナチュラル・コーディネイターの垣根を越えた平和を実現させる為に結成された、国際的な反戦組織かな、とか。で、暴力に対抗する為に、アークエンジェルを取り込んだ-という感じ。
 勿論、黒幕はスカンジナビア王国。

・アスランがネオをムウとして自然に受け入れたのは、大怪我による一時的な記憶の混乱からでしょうか。

・しかし、あのお二人は秘密基地がお好きですねえ。「電童」の時は面白かったですが、もう食傷気味になってしまうのですから、消費者と言うのは贅沢です。

・で、何時エターナルにガイアを持ち込んだんでしょうか。シャトルを強奪した時、というのはあまりに強引ではないかと思いますが。
 幾ら色変えしたとは言え、あれでは見ている方が混乱しかねないと思います。

・ナスカ級艦長の「二分で25機のザクとグフを」云々な台詞ですが・・・コンスコンですか?
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-07-17 12:55 | 感想 | Comments(6)
Commented by 姫鷲 at 2005-07-17 15:38 x
こんにちは。姫鷲です。

>まだ、希望はあるのでしょうか

救いようのない、後味の悪い終わり方は勘弁願いたいものです。ただ、アスランの想いって結構一方通行だったりしますからねぇ・・・(苦笑)

>やっぱり詰まる所、「種」や「種運」というのは「乗る機体が全て」なんですかねえ。

「強さ」をパイロットの能力ではなくてMSに詰め込んじゃってますよね。特に今作ではパイロットの成長は描かれずに、「種が割れたらパワーアップ」だけですから、主役を強く見せるには強い機体に乗せるしかない、ということに。前回のコンビネーションみたいな戦い方を最初からやっていれば、少しは違ったかもしれませんが、基本的にタイマンでしたからね。
Commented by クライスト at 2005-07-17 21:29 x
こんばんわ
>っていうか、シンの出番をもうちょっと増やしてやって欲しいなあ、と
シンだけでいいからもっと運命キャラを丁寧に描いて欲しいなあと思います。キラ側に偏りすぎてなければここまで批判は出なかったと思うんですが。

ストフリには原子炉が搭載されてるみたいです。OSがフリーダムと一緒なのは謎。基本的に一緒だからバージョンだけあげたんでしょうか。
今回ザフト側は赤服が結構いたみたいですね。グフには赤が結構乗っていたんではないかと。だとすると虎ガイアの苦戦はしょうがないのかな。もともと数が違いすぎますし。

セイランってなんでジブリールなんて厄介者を受け入れるんでしょうね。意味不明です。いまだに連合が勝つと本気で思ってるんでしょうか。それともコーディネーターが嫌いなのか・・・
Commented by shunichiro0083 at 2005-07-18 08:18
>姫鷲さん
どうも。いらっしゃいませ。
キッズアニメ的にはアスランとシンがぶつかり合い、お互いの心の底をさらけ出すことで分かり合う、という展開になって欲しいものですが。
「種」の親父と会った時の二の舞だけは避けて欲しいものです。

MSとパイロットについてで言えば、インパルスvsフリーダム程度の戦闘が毎回出来ていれば問題はなかったんでしょうがね。
っていうか、戦闘シーン自体が少なかったからなあ、「種運」は(苦笑)。
Commented by shunichiro0083 at 2005-07-18 08:18
>クライストさん
どうも、いらっしゃいませ。

「種運」では必要以上にキラ側の描写に走ってしまいましたからね。その癖、必要な描写はしていないから余計に非難囂々となってしまうという・・・フウ。

自由と打撃自由のOSについては、元々のGUNDAMが核動力を用いた機動兵器システムの総称、という設定があるらしいのでまあ、いいかな、と。
仰る通り、バージョンだけ上がって、性能もアップしてるんでしょうね。

しかし、ロゴス攻略に赤服を連れて行かない辺り、議長の黒い思惑が見え隠れしていますね。それでも専用ガイアに乗ったんだから、虎にはもうちょっと活躍して欲しかった。

ジブリールの受け入れは-金、じゃないんですかね? 
それ以外には考え付かないけど、ひょっとしたらあの親子はまだ、ジブリールが戦略の天才とか思い込んでいるのかもしれない。
オーブを議長から守り抜く為には、ジブリールの手腕が必要なのだ! とか。
Commented by しばけん at 2005-07-19 09:38 x
いつも、拝見させていただてます。
「種運」では、今までのガンダムの要素を、所々入れている様ですね。
今回のキラの「あたれ~!」って、「逆襲のシャー」でギュネイが核ミサイルを攻撃した時のせりふですね!
あの時は、ファンネルでしたが、今はドラクーン!
次に期待してる台詞はドムのパイロットからですかね?
Commented by shunichiro0083 at 2005-07-20 17:45
>しばけんさん
どうも、ようこそいらっしゃいました。

ハイネの啖呵はランバ・ラルのまんまですしね。
友人が「ザフトは違うんだよ、ザフトは!」と聞こえたと言っていましたが、テーマ的にはその方がよりらしくなったかな、という気もします。

今、不安なのはドム・トルーパーの人達がデスティニーに三位一体攻撃をかけるも軽やかに避けられ、堂珍とかいう人の声で
「俺を踏み台にしたあ~」
とかいうシーンがあったらどうしよう、ということですか(おまけに、シンの窮地を救おうと割って入ったルナマリアがパンチで殉職しやしないか、とかも)。


<< アビスの両肩部シールドのこと      ボンボン版種運・05年7月号を... >>