<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 26日

機動戦士ガンダムAGEに花束を<発動編>

・これは先日、とあるイベントに出た時に出した「揚」の薄い本です。内容としては批評編が「接触編」でそれに対するテコ入れ策を列記したのが「発動編」でした。
 まあ、ここで今更「揚」の批評を書いても仕方ないので、テコ入れを考えた「発動編」の方を記事としてUpしたいと思います-まあ、理由としては三部が始まってからでは意味がない、という単純な理由です。
 気が向いたら読んでみて下さい。

機動戦士ガンダムAGEに花束を

※はじめに

 さて、鳴り物入りで始まった機動戦士ガンダムAGE-以下、「揚」と略-ですが、そんな当初の勢いと熱気とは裏腹に、売上、視聴率、ファン活動等々どれをとっても芳しくない様子です。
 成功には明確な理由はなくとも、失敗にはそれなりの要因がある筈だ、ということでここでは「揚」がどうしてここまで盛り上がらなかったのかを考えて行きたいと思います。とは言いつつも、筆者とて「機動戦士ガンダム」の直撃世代ですのでここまで育ったガンダムシリーズの内の一作がこのまま、悪評で終わってしまうのはちと残念。
 ということで、今からでも間に合うかもしれない第三部/キオ編からのテコ入れについて幾つかのアイデアを挙げてみようかと思います。
 一応、「揚」の現状に関する批判と考察のパートを〝接触篇〟とし、それを踏まえてではどうすれば低迷を続ける「揚」を救い上げることが出来るかについてのアイデア出しについては〝発動篇〟としたいと思います。
 それでは、どうぞ。
註:一応、敬称略です。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-26 04:52 | 妄想
2012年 04月 24日

#28 地球圏の動乱

・いや、今回お話を見終わってアセムがスターリンにだぶって見えましたよ。いや、それどころか自身が政治の表舞台に立ったりしない分、性質が悪いと思いました。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-24 01:16 | AGE「感想」
2012年 04月 16日

#27 赤い夕陽を見た

・いや、今回でアセム編は終わりだと聞いていたのですが、実際にはもう少し続くのですねー今調べたら、巷の情報だと次で終わって、29話からはキオ編ということになるようですな。
 まあ、なんでもアセム編終了から50年後とかいう話ですから、それだとAG166年が舞台と言うことになるので戦争終結までは30年以上の時間が必要となるのですよねえ-まあ、ここはやっぱり完結編ということで謎の第4部があるってことなんじゃないかな、と。
 っていうか、個人的には最終的にタイムトラベルネタが来る(日野社長好きそうだから)と思っていたのですが、あっちで使われるとは思わなかったなあ。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-16 15:17 | AGE「感想」
2012年 04月 09日

#26 地球 それはエデン

・しかし、本当によく分からないですな、ヴェイガンの戦術は。未だに連邦軍はヴェイガンのステルスを見破るだけの技術はなく、それは大きなアドバンテージの筈。
 また、コロニーへの侵入はMSという18m級のメカが内部に忍び込んでも早々感知されない、というのはこれまでも本編で繰り返し描写されて来た訳です。
 そして今回の作戦の目的は重要生産拠点であるスペースコロニー・ノートラムを無傷で手に入れることにあると語られています。
 だったら、目標の随分な手前でステルスを解いて正面から機動部隊を動かして戦いを挑むのではなく、ステルスを使って連邦軍に気取られることなく特殊部隊を乗せた兵員輸送艇と、支援の為のMS部隊をコロニー内に潜入させる。
 潜入した部隊はそのまま司令室や港湾施設など重要施設を同時に急襲、掌握してしまえばいい。それならば、ディーヴァが駆け付けることもなく今回の作戦は損害を殆ど出すことなく、ヴェイガン側の成功に終わっていたでしょうに。
 そりゃあ、マジシャンズ8のリーダーも異議申し立てをするでしょうねえ、こんなザル以前の枠しかないみたいな作戦じゃあ-もしかして大馬鹿なんじゃないか、日野社長イゼルカント様って。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-09 20:10 | AGE「感想」
2012年 04月 04日

#25 恐怖のミューセル

・いや、Xラウンダーの力を無理矢理発揮させるってことらしいですが、少なくとも今の所はヴェイガンのMSの長所は当たっても落ちない堅牢さにこそある訳で。別にあの堅牢さがパイロットのXラウンダー能力に依存しているっていうことでもないでしょうし。
 で、現段階においてひょいひょい攻撃を避けてるXラウンダーパイロットはいるにせよ本当に少数で、そういうのを基準に物考えてどうすんだ、という。
 だから、そういうのをやりたいんだったらそれまでがどういう描写をされて来たのか、くらいは考えるべきではないかと。それこそ、バクマンではないですが過去の描写を振り返り、使えそうなものを拾って来るという手間をかけて然るべきでしょう-めんどくさかったら、それこそ他の人に仕事を振ってもいい訳で。
 そして過去の描写を考えたら、このミューセルとかいうデバイスは成り立たないことも分かるでしょう。だったら、前回のお話の中に必要なギミックを仕込めばいい。それだけですよね。

・どうして、たったこれだけのことをやらないんだろう。不思議だ…。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-04 19:55 | AGE「感想」
2012年 04月 01日

特命戦隊ゴーバスターズのこと

・嫌いではないというか、むしろ特撮好きなのでここ数年は「スーパーヒーロータイム」を欠かさず見ているのですが、どうにも今回の「ゴーバスターズ」は具合が悪いです。
 「ゴセイジャー」も正直に言ってあんまり褒められた出来ではありませんでしたが、今回の「ゴーバス」はそれとはちょっと違った意味で、あんまりよろしくないという感じ。
 で、多分それはちぐはぐさ、なんですよね。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-01 21:46 | 特撮