<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

「F」#F02

・いや、てっきり今月号では人革連宇宙軍相手に暴れまわるプルトーネの勇姿が見られると思っていたのですが…思いっきり期待外れでした。正直、がっかりです。
 まあ、今月もグラハム専用フラッグの解説したり、デュナメストルペードの任務を絡ませたりと、これまで以上のクロスオーバーを強調する造りになっているので仕方ないのかもしれませんが。

・で、これはちょっと調べれば分かるので書いてしまいますが、「F」本編でグラハム専用フラッグは装甲を削ることによって徹底した軽量化を図り、それによってノーマル機の2倍の速度を実現した、ということになっています。
 さて、手持ちの資料では通常のフラッグの本体重量が67.1t(公式サイトより)。対するグラハム専用フラッグのそれは66.6t(出典は電撃ホビーマガジン08年1月号 61頁)-0.5t=500kgしか変わらないんですが。
 素朴な疑問としてのみ、挙げておきます。

・あと、これは蛇足ですが、ここでは色々書いてはいますが基本的に内容や描写そのものについては丸飲みしてます。決して全否定はしてません。
 ただ、「そりゃ、ないんじゃないの?!」という部分については突っ込みを入れている、というものです。
 譬えるなら、「00」の世界観の基礎中の基礎であるGN粒子を否定してはいませんが、それについての設定には突っ込むという感じです。
 ご了承下さいませ。

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-30 13:57 | 外伝「00」
2007年 11月 27日

「P」FILE NO.2

・3機目の第二世代ガンダムの名は“サダルスード”-タロットカードの内「星」のイメージから取られたものですね。
 で、これについて少し解題しますと、タロットカードの「星」はヘブライ文字「ヘー」を介して宝瓶宮と結びつくとカバラでは解釈されており、その宝瓶宮=みずがめ座の中で最も明るいβ星の名前がサダルスード、という訳です。
 で、このサダルスードの意味がアラビア語で「最高の幸運」であることから、今回の作例の惹句では『幸運を呼ぶ水の女神』という解釈になっているのですね-実体に即している、とはあんまり言い難いような気もしますが…。

※11/28 追記しました

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-27 09:25 | 外伝「00」
2007年 11月 25日

#08 無差別報復

・いや、もう、なんて言ったらいいのか分からず途方に暮れてしまった…というのが正直な感想です(微苦笑)。
 で、今回はもう箇条書きで行きます。加えて、いつにも増してきついことになってしまうかもしれないので、今週の話が面白かったという人は先を読まない方がいいですよ。
 いや、今回のはあまりに…だったので。

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-25 01:20 | 感想「00」
2007年 11月 18日

#07 報われぬ魂

・いや、のっけから危ないシーンですよ。自分はこれ、少年兵を養成する前の段階かと思っていたのですが、よそ様では仕上げだったのではないか、という意見もありましたね。
 この時の刹那の眼が妙に虚ろだったので、少なくとも洗脳かそれに準じた処置を受けているということなんでしょうか。そうでもなければ、自発的に父母(?)を殺したりはしないでしょうしねえ。
 まあ、アリーにすればこれもビジネスにすぎないのでしょうが。それにしても胸糞の悪くなる描写でした。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-18 22:12 | 感想「00」
2007年 11月 11日

#06 セブンソード

・なんか、今回はあんまり記憶に残らない話だったような。まあ、本格的なお話は次回「報われぬ魂」なので、仕方のないことなのかもしれませんが。
 それはそうと、一般兵が乗ったMSには滅法強いが、名のあるパイロットの乗ったMSには弱いということは刹那は機体の性能で戦っている、ということになりかねないのではないですかね。他のマイスター達にそういう描写がないだけなのかもしれませんが、ちょっと気になります。
 専用機としてカスタムチューンされているようでもなかったノーマルティエレンでも、セルゲイ氏が乗った途端に押されてたからなあ、刹那。もうちょっと上手く見せて欲しいような。

・そう言えば、本作の設定協力である岡部いさく氏似の軍事評論家がTVショーに出てましたね。どうせなら、声も当ててもらえば良かったのに(それとも「種運」の不評で懲りたのかな?)。

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-11 22:37 | 感想「00」
2007年 11月 06日

機動戦士ガンダムUC 第10話のこと

・まあ、挿絵描きさんが唐突に変わってしまったことを嘆くのはやめておきましょう。ただ、どこかで読んだ『こんなことならトニーたけざきに頼んでくれれば良かったのに…』という意見には激しく賛同したい気持ちです。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-06 09:03
2007年 11月 04日

#05 限界離脱領域

・さて、今回のガンダム達は直接戦闘は行わず、とある経緯で人命救助を行っております。たまたま一緒に見ていた人は「国際救助隊のようだ」と宣わっておられましたが、自分もそれは否定出来ません。
 個人的には今回のような方向性の方が好きですが、まあ、それこそ個々人の好みなのでとやかくは言いませんし、強制するようなことではないとも思います。
 加えて今回はラブでコメなお話だったのも、好感度が高かった理由でしょうね。これもやはり個人的な嗜好になってしまいますが、堅物で融通のきかない男の子が活動的で可愛い女の子に引っ張りまわされ、振り回されるは話は大好きなので。

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-04 01:04 | 感想「00」