shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 09月 26日

諸々のこと

・さて、今月の「ダムA」は「UC」休載ということでもう、あんまり読むとこがないのでどうしようかなあ、とか思ったのですが取り敢えず、義理で買いました。
 「00」はのっけからもう、プラモやらプライズやらフィギュアやらがてんこ盛りで、カラー頁を眺めているだけでもう自分などはお腹一杯になってしまう程です。そう言えば、今回、漫画は「ケロA」の他、「マガジンZ」でも載るそうですが、「ダムA」では今回も外伝が連載されるそうで。
 こちらのタイトルは「00F(ダブルオー・エフ)」で、ときた・千葉という(敬称略)というお馴染みのタッグによるのだとか-これで取り敢えず、「ダムA」を買い続ける理由が出来ました。いいことです。

・で、これはネタバレでもなんでもないので書いてしまうのですが、「教えてください。富野です」でもある『江戸時代の消費社会は理想的』という主張には果たして実効性があるんでしょうかねえ。
 まあ、環境問題という部分において見習うべき物が少なくない、という主張なら判るのですがこの手の主張にはどうにも振り子というか、極端から極端に走っているような印象があります。
 江戸時代の社会が果たして持続可能な社会であったかどうかは、文系的一面からだけでは断言出来ないと思うのですよ。文化とか精神面とかからの評価が大きすぎて、経済や行政、統計学と言った部分からの検証があるのかどうか、と。
 文化やら精神というものにしても、江戸時代には被差別問題というものがあり、厳然とした階級社会であったことに違いは無いのですよ。人口増加にしても、農村部の子殺しは極端な例にしても乳幼児の生存率が現在に比べてどうなのか、という点一つとってしても現代とは雲泥の差の筈です。
 そうした前提が全く異なる社会システムを無造作に比べ、一方を素晴らしい、見習うべきものだ-とする理論にはどこか危ういものがあるのではないか、と思えてならないのです。

・閑話休題。
と、まあ、そういう訳で「ダムA」11月号の感想全般です。加えて「FRAME ASTRAYS」についてもちょこっと書いております。

※追記、完了しました(9/27)

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-09-26 22:57
2007年 09月 21日

機動戦士ガンダムUC 第9話のこと

・シナンジュはよく言われますが、サザビーをシェイプアップさせた、というのがピッタリ来る感じのMSですよね。
 カラー口絵の解説では敢えてサイコミュ兵器の類は装備させず、ユニコーンと同じ特性を持たせた、ということでした。そうすることで、現時点でのバナージとフルの技量の差が際立つから、ということです。
 加えて、構成上最初にユニコーンとやり合うのがファンネル装備のクシャトリアでしたから、そっちとの類似を避けた、ということもあるのかな、と思います。
 ただ、話が進めばユニコーンとの互角の勝負に縺れ込んで行くと思われますので、そうなればオプションとしてのファンネルといったサイコミュ兵器を装備することで対抗する、ということは充分に考えられるのではないですかね。

・と、まあ、こんなシナンジュが縦横無尽の活躍を見せる第9話の感想をどうぞ。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-09-21 19:17
2007年 09月 14日

続・サナリィのこと(妄想篇)

・で、前項で資料関連については色々書いたので、新たに立てたこっちはもう単刀直入に妄想度全開で行こうかと思います。
 さて、前回は軍の研究機関としてのサナリィと、私企業としてのサナリィが両論併記されていた、と書きましたがこれをそのまま採用するのが一番いいのかな、とか思います。
 つまり、サナリィと同じ名で呼ばれる、二つの異なる組織が存在した、ということですね。そう考えるとすっきりする、っていうかもうそれしかないんじゃないかと。

妄想の続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-09-14 01:17 | コミック
2007年 09月 10日

サナリィのこと

・さて、久しぶりの記事は「クロスボーンガンダム」からのスピンオフ妄想として、色々変遷というか振幅が激しいサナリィについて少々考えてみようと思います。
 取り敢えず、使用する資料は以下の通りです。

#機動戦士ガンダムF91・劇場パンフレット
#EB PART5・コスモ・バニロニア建国戦争編
#データコレクション8・機動戦士ガンダムF91

 ロマンアルバムやラポートデラックス等の資料は手に入れることが出来なかったので、以上の最低限の資料のみを使うことになりますことを、予めお断りしておきます。

・まず最初に、上記の三冊に共通する確定事項としてはサナリィとは海軍戦略研究所の頭文字を取った略称である、ということしかないようです。
 Strategic Naval Research Instituteの頭文字なので、S.N.R.I.という表記をされることも少なくありません。
 パンフレットではサナリィは地球連邦軍のMS研究機関、ということになっていて後年付け加えられるような要素はこの時点では何もない訳です。この文章ではそれ以上のことは窺い知れません。

・これが映画公開の91年6月に刊行されたEBになると、軍の研究機関という表記はそのままに、加えて「サナリィ社」という表現が(U.C.0111年10月の項)。
 また、具体的な活動として『主にコロニー公社からの依頼によって大規模構造物や業務用の機動機器を試作していた(58頁)』が設定されました-この一文が後年の混乱を起こしてしまったのではないかと思われます。
 ただ、サナリィ「社」という表現は後年発行されたデータコレクションの年表からは削除されていますので、単純なミスである可能性も高いですが。
 この段階でのサナリィをまとめるなら、軍の研究機関であり、MSの他にもコロニー公社からの依頼で各種機器等の研究開発も行っていた-という感じでしょうか。

・この後、EB8巻では「諮問機関」という肩書きになったりもしつつ、問題のデータコレクション(以下、DCと略)の記述ということになります。
 DCの記述と年表の記述を要約すると「主にコロニー公社からの依頼で業務用の機動兵器等を開発していた研究所で、その前身は最初期のコロニー建設JVにも参加していた古参企業。軍に買収されてからは諮問機関としての戦略戦術研究所なる名称を与えられていたが、0093年9月の軍再編によって海軍戦略研究所(サナリィ)となった」ということになるのでしょう。
 そもそも『業務用の機動兵器』とは何ぞや、という気持ちになりますが-事実、この一文は前々から引っかかってました-、これは前述のEBの記述『業務用の機動機器』を兵器と解釈したことが原因なのではないかな、と思い至りました。
 思うに当初は諮問機関であったなら、その頃はシンクタンクのようなものであり、MS等軍用兵器の研究、開発などは行っていなかったのではないでしょうか。それが93年の再編によって、本来のコロニー関連機器の開発に立ち戻った、ということではないかと思います。
 問題は何故、ここで前身云々という文章が創作。挿入されたか、ということなのですが…。

なんてことを書いていたら-
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-09-10 21:16 | コミック