<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2006年 08月 30日

「Δ」第3話の感想のこと

・えー、取り敢えずこれだけは言っておこうと思います。僕は「アストレイ」というシリーズが好きです。結構、好きです。
 でも、これだけは真剣にどうかと思いました。

 「歌姫の騎士団」っていうのは、どうよ?!

 まあ、確かにラクス派とか三隻連合とかっていうのもどうかとは思いますけど。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-30 14:02 | アストレイ
2006年 08月 28日

鋼鉄の七人 第3話のこと

・今回は戦闘らしい戦闘はない、インターミッション的な回。これで一話分丸々使っているのを見ると、コミックス2冊では収まらないような感じもしたり。
 ひょっとしたら、もっと長期連載になるのだろうか。だとしたら、嬉しいのですが。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-28 22:25 | コミック
2006年 08月 25日

模型誌のこと、あれこれ

・電ホに「種運アストレイ」の番外編-SpecialShot001が掲載されましたね。タイトルは「オーブの女神」ですが、「Δ」の公式サイトに出た第3話の予告を見る限り、こちらとリンクした内容になっている様子。
 取り敢えず、Δアストレイと天ミナは互角の性能を持っているようです-若しくは天ミナの方が上か。
 あと、マティアスに代わるジェスの新たなパトロン的存在としてミナが-カガリの結婚式をジェスが正式に取材出来たのは、ミナの声掛かりのお陰.
※セイラン家は新たに五大氏族に入ったもので、五大氏族はその時々で入れ替わるという設定らしい。
 また、セイラン家はサハク家に近い性質を持った家系で、軍事を重んじ、陰謀・策略を良しとするのだとか-以上、ミナの台詞より。
 なかなか凄まじい、後付け設定ですね(8/28追記)。

・HJ誌では天ミナのオプションパーツ・オキツノカガミが「MSV」として登場。これは攻防一体のビームシールドで、「天空の宣言」以来連戦が続くミナと天ミナの戦いを楽にする為にユンが考案したもの。
 ちなみに、ビームシールドの技術は“ハイペリオン/ロウ”経由でギルドにももたらされているようです。個人的には核エンジンでも搭載して無制限のミラコロにするか、ツムハノタチマガノイクタチを完成させてやれよ、という気がしないでもないですが。
 余談ですが、NJジャマーの技術はザフトから持ち込まれた核エンジン稼動式のミーティア05/06がありましたから、これのデータを解析しないプロフェッサーではないと思われます。
 いずれにせよ、あんまり、天ミナにはビームシールドは有り難くないと言うか、相性が良くないのではないかと思います。

・同じくHJ誌では「シヴィリアンアストレイDSSDカスタム」なる、出自不明の機体の画稿が公開されました。
 これは「STARGAZER」第2話にてちょこっと出て来た機体でしょう-DSSDトロヤステーションのシーンではないかと思います。
 ただ、ここまで来るともうアストレイというのは名ばかりの、完全な別系統のものではないかという気になります。顔はMSというよりはラウンドバーニアンだし、背部のメインスラスターはトールギスにも少し似ているし。
 「電ホ版(下)」のMS開発系譜にこそこの機体は乗っていませんが、敢えてその中で類似のものを探すとすればMBF-Pシリーズとレイスタからの流れを汲む“量産型アストレイ”というのが一番近いんでしょうか。
 まあ、だとしてもM1アストレイとレイスタと、この量産型アストレイの明確な差は何処にあるのか、という問題も出て来るとは思いますが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-25 18:59 | アストレイ
2006年 08月 20日

「STARGAZER」第2話のこと

・いやあ、第2話が配信開始されているの、昨日会った友人に言われるまですっかり忘れてました。
 第1話は殆どストラクノワールも活躍せず、正直「主役機の見せ場がないのは種運の御家芸だからな!」という気分でしたが、取り敢えず今回はそれはなかったですね。
 まあ、それ以外にも色々あるのですが。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-20 11:37 | 感想
2006年 08月 17日

パワーエクステンダーのこと

・さて、ストライクノワールの所でも出たトピックの一つに“パワーエクステンダー”がある訳ですが、実を言うと自分はこれを容量が増強されたバッテリーのことだと思っておりました。
 が、これも先日友人との種運設定談義の中で出て来たのですが、自分を含め三人が三人ともその定義が違っていたという。
 友人の一人はバッテリーの電力を増幅する装置だと思っていたし、別の一人は省電力機器のようなもの、というイメージを持っていた様子(この件は何分、曖昧な記憶で書いているので不正確です。細部に拘るのではなく、そういう三者三様のイメージを持っていた、という部分をお汲み取り下さいませ)。
 この辺りは“パワーエクステンダー”というものが、具体的にはどういうもんであるのか、という説明が行われていないことから来る混乱ではないかと思われるのだ。

・「種サーチ」の用語辞典では『モルゲンレーテ社が開発した新型大容量バッテリーユニット』という解説がなされているし、wikipediaでも
>強化型バッテリーともいえる「パワーエクステンダー」
という記述が認められる。
 が、現在正式に文字資料として起こされた設定の中で“パワーエクステンダー”の実際について記述されているのはプラモデル「ストライクルージュ+I.W.S.P.」のインストで、
>パワーエクステンダー(パワーパック強化システム)
というものがあるだけではないだろうか。
 少なくとも、データコレクションやオフィシャルファイル(メカ編)には何の解説もないんであります。

・と、言うことで取り敢えず“パワーエクステンダー”の正体は「パワーパック強化システム」ということとして、では実際にはどういう効果を発揮するのか。
 大体、どのストライクルージュの解説でも共通しているのが『PS装甲の起動色が赤に変化した』というもの。
 逆に言うと「種」放映当時の設定は現在言われている「活動時間の延長」や「PS装甲強度の向上」という点については、殆ど取り上げられていないようにも見受けられる。
 ただ、オフィシャルファイル(メカ編4)には、
>装甲が赤みがかった色なのはPS装甲の特性面も改良されているため
>PS装甲の運用時間がほかの機体よりも長くなっている
という記述が確認出来る。
 これから推測するに、“パワーエクステンダー”とはバッテリーの謂いであるところのパワーパックを何らかの方法で強化して、従来よりも大電力の発生を可能にするものなのだろう-どうやって、かは謎であるが。

・ちなみに、“パワーパック”という単語の出典は、おそらくHJ誌で連載された「種MSV」における「統合兵装ストライカーパック」の記事ではないかと思われます。
 この記事の中でPMP社が失敗したパワーパックの小型・高性能化を、モルゲンレーテ社が開発に成功した旨が書かれているので、前述の「種サーチ」内の文章はこれがごっちゃになっているのではないかと推測されます。

おまけ
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-17 16:27 | 設定
2006年 08月 14日

ヴェルデバスターとブルデュエルのこと

・昨日、ヴェルデバスターのプラモを買った方からインストを読ませてもらったのですが、何でもこの機体のバヨネット(銃剣)にはフォース・フィールド・ジェネレーターが搭載されていて、あらゆる通常装甲を切り裂く(要約)のだとか。
 う~む、アーマーシュナイダーの高周波振動ブレードとか、I.W.S.P.のビームブレード<原文ママ>の次に切断能力を持つ対艦刀とか、ガーベラストレートとか、もう既に色々設定はあるのだから、この期に及んで新規に起こすことはないと思うのだが。
 まあ、それにしてもPS装甲は切り裂けないらしいのがどうにも。それならもう、PS装甲剣でもいいんではなかろうかと。これなら少なくとも相撃ちには持ち込めます。

・ブルデュエルはそう言えばアサルトシュラウドを固定装備にし、PS装甲加工を施した訳ですが、それよりも対ビームコーティングの方がより実用的なのではなかろうか-これも前述の方と話していて思いついたことなのですがね。
 いや、PS装甲と対ビームコーティングは両立出来ないと言われていたものの、増加装甲がデッドウェイトになるのを想定した上でなら問題はないのではないか、ということです。
 この頃、MSの携行兵器は実体弾兵器からビームライフルに移行しているのですから、ビームには敵わないPS装甲よりも、対ビームコーティングの方がより有効ではないかと。まあ、そりゃあ後付でPS装甲には若干の耐熱性があることにはなりましたが、現実問題としてビームには通用しないのですしねえ。
 そういう意味ではあまり実用に乏しい装備というか、改修ではないかと思うのですが…どうでしょうねえ。
 
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-14 00:44 | 設定
2006年 08月 03日

打撃自由の関節素材に関する思いつきのこと

・キラ・ヤマトの操縦は、その卓越した技量ゆえに機体構造に設計限度冒一杯までの負担をかけてしまう。
 設計の限界を超えた超機動に耐えるため各部材へ振り分けられたパワーが関節部のPS装甲から光の形で放射し発光現象を見せるのである-これが、打撃自由のプラモ<ライトニングエディション>によって明かされた、関節が金色に光る理由ですね。
 まあ、公開された直後に
 『なんで関節部をフェイズシフトさせねばならんのだ?!』とか
 『何でもかんでも、硬けりゃいいてもんじゃない!』とか
 『だからと言って、関節が光るのはどうよ!』
という、非難諤々な書き込みがネット上を駆け抜けたのでは、と記憶しております(間違っていたら御免なさい)。
 まあ、これは分かったような分からないような文章ではありますが、今回はこれにPS装甲に関する少々を振りかけつつ、妄想のネタにしてみようと思います。

・で、キャプションでは「PS装甲」となっていますが、実際には打撃自由は「VPS装甲」であるということで落ち着いているようです。
 そもそもPS装甲というのは素材に通電することでその物性を変化-相転移させ、それによって装甲の強度を向上させると言うものです。これは単純に素材そのものに頼るのではなく、それを機械的に処理することで物理攻撃に対しては完璧な防御力を見せながら、徒に機体重量を増加させないと言うメリットを持ちます。
 この「相転移」とは具体的には素材の分子配列を変更させることであり、それは取りも直さずナノテクノロジーの範疇です。
 ナノテクノロジーというと微細な機械-ナノマシンを用いたものだけのように思えますが、それ以外にもナノレベルの分子や原子を直接並べ替え、全く新しい素材を開発するという手法も立派なナノテクノロジーなのです。
 PS装甲では特殊な加工を施した素材にエネルギーを供給することで一時的に相転移を起こさせ、強度と耐久性に優れた分子配列に変更させるのでしょう。この分子配列のパターンは単にその性能だけではなく、機体の持つバッテリー量や活動時間とのバランスで予め定められているものと思われます。
 ストライクルージュの場合、バッテリー量が増強されたことで、より強力な防御力を持つパターンへと変化したのでしょう。つまり、この時点でモルゲンレーテの技術陣はPS素材に二通りの分子配列パターンを記憶させることに成功した訳です。
 このことが、後にザフト技術陣がVPS装甲を完成させる第一歩となります。

・そしてVPS装甲が完成する訳ですが、これの原理は前述の通り開発当初は一つの分子配列パターンしか発動させることが出来なかったPS素材に複数のパターンを記憶させることで、その場の状況や戦術に応じて使い分けるということが出来るようになったものです。
 本編中の描写から察するに、最低でも3パターン-インパルスのフォース・ブラスト・ソード-は可能なようです。(「アストレイ」での机上の空論を考慮するなら更に三つ増え、6パターンということになります)。
 が、通電量によって強度がアナログ的に変化する、という可能性も否定出来ません-そこまで言及した資料を自分は不勉強だから知らない、ということなのかもしれません
 無論、変化するのは強度や硬度だけとは限らないのではないかと思います。装甲としては兎も角、分子配列のパターンを変化させるだけならば軟らかかったり、粘り強かったり、応力や張力に対して高い耐性を持つ、と言った様々な物性を獲得させることも十分可能でしょう。
 打撃自由に-そしておそらくは無限正義にも採用された『発行する関節』とは従来の合金などでは実現できなかった、耐磨耗性能と強靭さを高いレベルで兼ね備えるように分子配列パターンを調整された結果なのではないでしょうか。
 そうして考えるなら、ネットの一部で実しやかに囁かれていた『実はフレームもVPS装甲』というのにも現実味が出てきます。と、いうか
>設計の限界を超えた超機動に耐えるため各部材へ振り分けられたパワー
なる一文をそのまま解釈するなら、そう捉えることで何故にそんな構造に打撃自由がなっているのか、という至極尤もな問いに対する答えとなるのではないかと思うのです。
 つまり、打撃自由のフレームおよび関節部にはPS装甲材としての処理も施されており、高機動戦闘による機体の限界を感知すると自動的に通電してより靭性や強度の強い構造材に変化して、機体性能を底上げするのではないか、ということです。
 こう解釈するならば、冒頭の記述もあながち荒唐無稽なものとも言えなくなるのではないかと思います。

・もし、仮にPS装甲の更なる進化を予測するとすれば、次はCPS装甲-コンポジットフェイズシフト装甲とでも呼ぶべきものになるのではないでしょうか。
 相転移複合装甲の名に相応しく、一つの素材でありながら物性の異なるPS装甲を重ね合わせたかのうような積層式構造を持ち、今後予測されるPS装甲一層では食い止めることが出来ない攻撃でも食い止めることが可能となる訳です。
 或いは現在のPS(VPS)装甲の弱点の一つである、対衝撃性能の向上であろうか。仮に二層構造が可能となるなら、表層は従来通り強度と硬度に優れた分子配列とし、下層のそれは高靭性・高延性のものとすることで攻撃を受けた際のパイロットへの衝撃を抑えられると想像出来るからですが。

雑感
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-03 17:08 | 設定