カテゴリ:書籍( 7 )


2007年 08月 04日

電撃データコレクション SEED外伝

・今回、タイトルが「外伝」なのは「アストレイ」も「MSV」もいっしょくたになっているからなのですね。小さいし、薄いしで、その分それぞれの記事の分量も減らされてはいますが、その一方でC.E.のMSを横断的に見られるようになっているとも思います。
 値段も含め、総じて初心者用の書籍に仕上がっていますが、EB時代の無駄にマニアックな著述がないのは年寄りのファンとしてはかなり寂しいですね-いや、それ以前に初出の書籍にあったキャプションすら削られているので、そういう点でも物足りないのは事実です。
 その一方、メカの画稿については機体ごとにばらつきはあるものの、豊富に載っているのも確かです。特に「アストレイR」に登場した傭兵の機体の設定画は本邦初公開ではないかと思います。

・ただ、これを読んではじめて気が付いたのですが、ブルーフレーム セカンドG スナイパーパックって、ビームの曲射が出来るって設定だったんですね。いやあ、吃驚。
 慌てて他の本を引っ張り出してみれば、確かにそういう設定は以前からあったんですね。「B」の単行本の設定頁にもそう書かれてます。
 しかし、だとするとこれは完全な死に設定ですよ。いや、どうやってビームを曲射しているのか、なんてことは今更言いません。それも確かに謎ですが、どうにかして曲げてるんでしょう、ええ。
 ここで問題にしたいのは、このスナイパーパックが僕の知る限り唯一使われたであろう、対ハイペリオン戦ではこの曲射機能が全くもって活かされなかった、ということなのですよ。
 この戦いではブルーフレームの大出力ビームがハイペリオンのアルミューレ・リュミエールによって阻止されてしまい、結果として劾は苦戦を強いられる訳です。が、この装備の特徴であるビームの曲射が可能であったなら、それこそこの戦いはあっけなく劾の勝利で終わっていたのではないですかね。
 最近で言えば、「Δ」のエミリオとの戦いで、ビームを曲射させてガードシェルの守りをすり抜けてターンΔを直接攻撃していたのを覚えている方も少なくないでしょう。この要領です。
 しかしながら、劇中でもこの機能は一切使われていないし-少なくとも、そういう描写であることが僕には読み取れませんでした-、わざわざ入る(これってかなり珍しい)セカンドGの解説でも何も触れられていません。
 設定を後付をするのは別に構いませんが、ご自分でシナリオを書かれたものを全否定しかねないものはどうなのだろう、とか今更のように思ってしまいましたよ。

※追記(8/6)
:ただ、下のコメント欄でのブラックさんの指摘のように、この戦いはハイペリオン(とカナード)の強さを示す、という意味合いが強いことを考えれば意図的に使い辛い装備を、十二分に使いこなさずに終わっている、という解釈が妥当なのかもしれません。
 ちなみに、このスナイパーパックとハイペリオンのいいとこ取りをするなら、ビームの初撃を光波シールドで受け止められた劾がその後も数発真っ直ぐに撃ち、この敢えて行った単調な攻めに油断したカナードの隙を狙い、曲射の必殺の一撃を放つ。
 が、この必殺の一撃も咄嗟に展開された全方位アルミューレ・リュミエールによって阻まれる-という感じ。
 スナイパーパックのビームが曲射される、というのは某魁な塾の富樫と虎丸もとい、イライジャとカナードが解説してくれるでしょう。
 しかし、それにしても身体能力ではスーパーコーディネイターに劣っても、必ず勝てる状況を作り上げてから戦う=戦術に優れた総合力という意味においてC.E.最強である劾が、不確定要素の強いあの状況でスナイパーパックで出撃してしまう-というのがそもそもあんまり上手くなかったりするのですよ。
 上記の理由でタクティカル・アームが使い辛かったのであれば、せめてイライジャが前衛でカナードを引き付け、攪乱している所を劾が遠距離から射撃する。とかにしていれば、スナイパーパックももっと活きて来たんではなかったかと愚考します。

・と、まあ、これについてはこれくらいにして。今回のデーコレの著述に物足りない、という人はHJ誌のムックを手に入れるのが一番の早道かな、という感じです。MSVについては文章量が桁以外ですし。
 逆に言うと、過去の出版物を持っているという人には傭兵用MSの設定画稿くらいしか見るべきものはないのかもしれません。積極的に薦めはしませんが、止めることもない-そんな感じです。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-08-04 20:41 | 書籍
2006年 12月 29日

“STARGAZER COMPLETGUIDE”のこと

・確かに、この本は帯ににも書いてある通り『ストーリーダイジェストから設定解説、プラモデル作例まで』載っていますが、その後に続く『充実の内容』というのには程遠いと思います。
 何せ、薄い!
 定価2,200円(税込)なのに、実質頁数は90頁強しかないですから。それで上記の記事三種類を載せてしまったら、それぞれが広く浅くになってしまうのはどうしようもないことなのかもしれません。
 あ、最初に断っておきませんでしたが、自分、模型は素人です。ので、ひょっとしたら模型の作例の記事については正確な判断ではないかもしれません。
 実際、頁数では模型関連の記事に一番割かれていますしね。それなりにボリュームはあると思います。けど、自分みたいに設定目当てに買った人間にとっては正直、いらない頁でありますから。
 そういうことですので、模型関連については正確な評価になっていない可能性が高いことを、ここで改めて書き記しておきたいと思います。

・設定についてはこれまでここでも繰り返し書いて来たことが大半で、新しいものは全くと言っていいほどありません。そういう意味でもがっかりでした。
 問題のVLもこれまでの両論併記に留まっていますし。ただ、ΔのVLについては
>ただしスターゲイザーと違って惑星間航行を念頭に置いていないデルタアストレイにおいては、今のところ高出力の推進器としてのみ使用されているようだ
という文章が書かれていました。
 あ、あと、僕の記憶違いでなければ-という注意書きつきではありますが予想通り、アクタイオンプロジェクトの設定が変更になりましたね。具体的にはユニウス条約が締結されたのを受けてではなく、単純にファントムペインが独自に兵器開発を行っていた、ということになってます。
 目新しいのはその程度でしょうか。

・しかし、高い金を取るのですから、もう少し突っ込んだ解説と言うか、推論とかを載せてくれよ、というのが本音ですね。
 無論、サンライズ側のチェックと言う問題もあるのでしょうが、それならそれで今月の「電ホ」誌のように直接、森田氏にVLに関する文章を依頼するとか。それなりの抜け道と言うか、裏技はあったと思うのです。
 もうちょっと、読者のニーズを汲み取った編集をしてくれよ、と言いたいですねえ。

結論
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-12-29 12:21 | 書籍
2005年 12月 24日

今月のHJ&電ホのこと

※注意!
:今さっき立ち読みして来た記憶で書いております関係で、細かい所で間違いがある可能性が高いです。
 もし、明白な間違いがありましたら指摘していただければ幸いです。確認の上、訂正させていただきます。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-12-24 18:46 | 書籍
2005年 11月 26日

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ASTRAY(3)と「種運」MSV戦記のこと

・「種運」アストレイも早いものでもう、3巻に突入です。この巻で「テスタメント」を巡る一連の騒動には一応の終止符が打たれ、物語は次なるステージへと移ることとなります。
 しかしまあ、「テスタメント」に関することはもう既にネタにしているので、特に書くことはなく。コミックスで特筆すべきは「THE EDGE」を好評連載中の久織ちまき氏が寄稿している、という所でしょうか。
 アスラン・シン・ジェスの揃い踏み、という趣のイラストなのですが余白に書かれていた
「シンにもジェスのような熱血系アニキな“大人”がいてくれたら・・・なんて思ってみたり。→(の先にはアスラン)役不足と言いたいのではなく・・・(笑)」
に大人の事情を垣間見ました(微苦笑)。
 そういう意味ではむしろ、新章に突入した今月号分の方が興味深いですね。

・マティスが連合軍特務情報部に所属した、正式なメンバーであることが明かされたり(ただ、劇中では“諜報部”と呼ばれている)。どうやら、表向きファントム・ペインは地球連合軍第81独立機動群とはなっているものの、単純なブルーコスモスの私兵という訳でもなく、マティスにも幾許かの指揮権があるようです。
 そうでなければ、ファントムペインからの情報がジブリールに直接ではなく、マティスを経由したりはしないでしょうから。
 やはり、彼女はルキーニにも似て、情報を制することで己が世界を操るという野望にとり憑かれているようです。そしてそれには、彼女ら兄妹の出自にも係わり合いがあるようです。おそらくそれは、古き結社・ロゴスとも何らかの接点が見出せるのではないですかね。

・あと、上手いと思ったのはプラモの「HG ハイマニューバ2型」のインストで追加された斬機刀の設定
『ジンやシグーの標準装備である重斬刀と同系統の武装だが、鍛造過程において外部の技術(一説ではグレイブヤードと呼ばれる失われたテクノクラート集団の系譜らしい)を取り入れ』
を上手く取り入れ、ロウやジャンク屋ギルド糾弾のこじ付け根拠としている所。
 ただ、このインストからだとハイマニューバ2型は
『(ジンから)ゲイツへ移行するまでの過渡期に於いて、中継ぎ的に少数生産されたモデル』
のバリエーションであり、それを素直に解釈するならこの斬機刀が開発、実戦配備されたのも同時期ということになります。
 なので、残念ながらこの情報操作は不完全に終わる、ということでヒロインのルルーさんにはロウの無実を勝ち取る為に是非、頑張って頂きたいものです。
 あと、インストと言えばMG エールストライクのインストには
『(アーマーシュナイダー=)高周波振動ブレードの鍛造にあたって「グレイブヤード」と呼ばれた廃棄コロニーに存在したらしい、失われた技術を継承するテクノクラート集団の技を何らかの形で導入したと言われている』
という記述もあるので、これらが正しいとすればザフトの設計局や、連合も怪しいということになりますな。

・この他、エドも連合に逮捕され、多勢に無勢、孤軍奮闘の観のある我らがジャンク屋ギルドですが、アマノミハシラに撤退するということで何とか頑張って頂きたいものです。
 そう言えば、カイトがテスタメントに乗ってジャンク屋ギルド保有のミーティアを駆っていたら、ここまでの苦境には陥っていなかったのでは、という気もします。それとも、ザフトや連合に弱みを見せない為に、早々に解体してしまったのだろうか。

・HJ誌の「MSV戦記」第1回はヘブンズゲート戦でしたが、ここで画面には出て来なかったものの、実は連合軍側はNダガーNやワイルドダガーと言った機体が参戦していたことが明かされました。
 まあ、ここで負けたら少なくとも地上では後のないジブリール様ですから、ありったけの戦力を掻き集めて投入したとしても別段、不思議ではありません。
 まして、前者は核動力を採用した高性能機ですし、後者も後者で鹵獲したガイアの技術を流用した最新鋭機ですからねえ。不治の病レベルで戦略戦術音痴のジブリールでも、そりゃあ投入するでしょうなあ。

・「MSV戦記」次回はオーブ戦-オペレーション・フューリーだそうで。と、なるとジオグーン話がメインでしょうかね。或いは、アカツキか。

おまけ
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-11-26 14:02 | 書籍
2005年 11月 25日

機動戦士ガンダムSEED DESTINY OFFICIALFILE MECHANICS 04のこと

・と、いう訳でオフィシャルファイルについて少し。量がそれなりなので、箇条書き風覚書で羅列させてみます。
 一応、項目は本の順番です。

・打撃自由及び無限正義の動力源(新型エンジン)に関する記述はなし(但し、新型駆動力はザフトの最新技術であることを匂わせる記述はある)。

・上記2機の開発に使われた技術やデータはターミナルから、ファクトリーに提供された。と、言うことは今更ながらターミナルのメンバーは連合及びザフトの技術陣の上位にも潜入している、ということになる。

・アカツキは当初、オーブ軍の旗機となることを想定されていたが、さまざまな要因からアスハ家の私的な装備、ということに落ち着いたらしい。
 また、開発自体はかなり早い段階からカガリ専用機として進められていたらしいが、硬度に過ぎるスペック要求に滞るだけ滞り、実際の完成は前大戦が終了してから大分経ってから、ということのようだ。
 そうなると、あのウズミの遺言映像はもっと早く完成していたという想定で撮られたものなのだろう。

・対ビーム防御・反射システム“ヤタノカガミ”がナノテクによる特殊処理鏡面装甲であることはよく知られているが、ならばどうして同じく標準装備されている試製71式防盾にPS装甲を仕込まなかったのだろう。
 これについて同書では「(シールドの)中央部には特殊鏡面処理はされていない。あるいは、実体兵器への対抗措置が施されているのだろうか?」とあるのだが-「?」はないでしょ、「?」は。

・「シラヌイ」に搭載された誘導機動ビーム砲塔システムの形式番号はM531Rなのだが、これはレジェンドのGDUや、カオス/打撃自由のEQFUともとも異なるもの。
 どうやら、こちらも新型量子インターフェースを採用した、誰にでも扱える改良型ドラグーンのようである。オーブの技術陣は独自にこれを開発したのだろうか。

・C.E.世界のビーム兵器の規格はほぼ、共通しているらしい。これはひょっとしたら、マイウス・ミリタリー・インダストリーもロゴスと繋がっていた傍証であるのかもしれない-というのは穿ちすぎだろうか。

・結局、何故ガイアがバルトフェルドの手に渡ったかは「何らかの手段」ということで、詳しい説明はなし。

・前から思っていたのだが、ビームシールドとドムトルーパーのスリーミングニンバスは似て非なるものらしい。ちなみに、後者は「攻性の防御フィールド」と説明されることが殆どなので、さしずめビームシールドは「守性の防御フィールド」ということになるのだろう-よく分からないが。

・ドレイク級宇宙護衛艦改に搭載されたリフレクターシールドは「アルテミスの傘の改良型と、陽電子リフレクターのハイブリッドに近いものになっている」ということであるらしい。
 と、言うことは「アルテミスの傘=光波防御帯」と「陽電子リフレクター」はその作動原理、若しくは効果範囲が異なる、ということになるのだろうか。
 また、ザムザザーなどが搭載していた初期のリフレクターシールド=陽電子リフレクターは、その頃は防御出可能なビームの種類が限られていたらしい。つまり、陽電子リフレクターが光波防御帯に近付きつつある、ということなのだろうか。
 こうしたことを考えると、光波防御帯の技術を元に簡略化、簡素化、小型化を果たしたのが陽電子リフレクターなのでしょう。
 その一方、ビームシールドも「モノフェーズ光波シールド=光波防御帯」の技術を元にして開発さられたことになっている。両者がどう違うのかは不明なのだが。単に出力の違いとかだったら笑えるのであるが。

・デスティニープラン用量子コンピューター群の設置場所は不明で、メサイア内部ではなかった様子。バックアップの有無も分からないらしいが、議長の性格から考えてバックアップが取ってないなんてことはまずないだろう。

・しかし、デスティニープランそのものとも言えるコンピューター群がメサイアに設置されていないということは、プランは一時的に頓挫しただけでこれが発見さえされればいつでも、すぐに再開出来るということになるのではなかろうか。。

・軌道間全方位戦略砲 レクイエムシステムの要とも言うべきビーム偏向ステーションに付けられた名称「グノー」「フォーレ」「チェルシー」などは全て、レクイエムを作曲した音楽家の名であるらしい。
 いや、こういう細かい所の押さえ方は本当に巧い。

・長谷川先生の1P漫画も、少々お疲れ気味なご様子・・・。

監督インタビューのこと
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-11-25 00:56 | 書籍
2005年 02月 18日

「種運」オフィシャルファイル メカ01のこと

・で、今回も出ました、オフィシャルファイル。「種」の時のキャラ・メカに加え、今回は謎のフェイズ編というのもあるようで。ちょっとググッてみたのですが、このフェイズ編に関する情報はまだ発表されていない様子。
 通常、メカ・キャラ、とくれば次に来るのはストーリーということでしょうが。まあ、七月末の発売を待つとしましょう。

・さて、今回のメカ編01でも新規というか、驚愕の設定が公開されております。これらを一つづつピックアップしつつ、突っ込んでみましょう。

1.合体時に切り離されるコアスプレンダーのミサイルポッドもオートで母艦に帰還する
:いや、前々から冗談では言われていましたが、まさか書籍に載る程のモノであったとは。いやあ、マジで驚きました。けど。本音を言えばちょっとやりすぎなのではないか、と思います。

2.量子化通信はエネルギーを喰う
:この量子化通信というのが前作で言う所の「量子通信」なのは当然として。どうやら、機動兵装ポッドを無線コントロールする量子化通信というのは、MSの稼働時間を左右するほどのエネルギーを消費するものらしい。
 そう考えると、プロヴィデンスに核エンジンが搭載されていたのは、単に活動限界を延ばす為だけでなく、大小11機のドラグーンを同時展開させる為にこそ必要だったのかもしれません。

3.アビスの肩パーツは案の定“対ビームコーティング”されていた
:これは既に11/29付けの記事で指摘していた事柄ではありますが、率直な感想を言えば「あ~あ、やっちゃったよ」ということになるでしょうか。
 完璧な楯となることを拒んだ製作者の意図により、PS装甲と対ビ-ムコーティングは両立出来ない、ということになっているのですがね。それとも、あの肩パーツだけはVPS装甲ではないんでしょうか。
 これがTP装甲だったらまだ、マシだったんですけどねえ。

4.ザクウォーリアとザクファントムに違いはない
:公式サイトですら、『ザクファントムはザクウォーリアの上位機種』と書かれていたのですが、今回の記述を信用するならツノとシールド以外に違いはないそうで。と、いうことは性能面でも大差ない、ということに。
 だったら、そんな風に名前を変えなくてもいいんじゃないかなあ、と。そればかりか、形式番号まで違っちゃってますよ。もうお手上げです。

5.ニュートロンスタンピーダーとは遠隔核反応暴走装置
:この解説によると、あくまでも核兵器を強制的に爆発させてしまう装置とのことなのですが、その割にはこれから発せられる謎のエネルギーを浴びたMS部隊や奇襲艦隊までもが消滅していたと思うのですが。
 それともあれは強制的に爆発させた核ミサイルの影響で全滅したのでしょうか。まあ、そう言うならそうなのかもしれませんが、Nスタンピーダーの原理が中性子の暴走を引き起こすことによって核兵器を自壊させるのなら、それをまともに浴びたらどんな物質も原子核が崩壊してしまうような気もします‐っていうか、そういうものなのではないかと思っていました。

6.フレアモーターは太陽フレアを動力源とする推進器
:実にそのまんまです。潔いくらい。太陽フレアとモーターが発生させる磁場の相互作用によって、推力を発生させているようです。けど、どうして電卓の形をしているのか、までは答えてはくれません。

7.デコイはただのデコイではない
:12/14付けの記事でガーティ・ルーが「熱紋発生器付きデコイ」を発射した、と書きましたがあれは間違いでした。
 「エンサイクロペディア」によれば、あのデコイは実体を伴うダミーの類ではなく、相手のセンサーに自機そっくりのデータを改変して送り返すことで、敵の目を欺く装置の名前なのだそうです‐って、そんなの画面からじゃ分からないよねえ、普通。

・と、まあ、こんな感じでしょうか。他にもファントムペインは「第81独立機動群」で「軍」ではない、なんてこともありましたが。
 あとは長谷川先生の漫画が載ってるから、それだけでOKかと。特に今回は侵略大帝とナスターシャのカップルによる漫画になっているのが嬉しいですね(ナスターシャはちょっとキャラが変わってるっぽいけど)。
 総じて、それなりの読み物になっているのではないかと思います‐ファンでなければ楽しめないとも思いますが、それはこの本の所為ではないので。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-02-18 05:53 | 書籍
2004年 11月 05日

データコレクション・機動戦士ガンデムSEED

・実際の所、今回の「種」については設定関連の書籍は一冊も手に入れてはいなかった。それはまあ、手に入れたい、と思わせるほどの作品でなかった、ということでもあり。また、一通り立ち読みで設定を頭に入れておけば、あとはネットで補完出来ていたからでもある。
 しかしながら、こういうブログを立ち上げた以上、一冊も持っていないのもどうかと考え直し、最近出たメディアワークスの、表題の本を買った訳である。ちなみに上下巻分冊で、各880円(税抜き)。
 それでは、この2000円近い金額を払ったに値する本だったかと言うと・・・答えは「NO」である。まあ、最後発の本なのだから、中の記述の殆どが既に読んだことのあるものばかりであるのは仕方がない。何もそれをあげつらうつもりは、ない。しかし、独自の観点からの記事や解説がないのはどうなのだろう。
 正直、PS装甲についての解説ももう少し突っ込んだものが欲しかったし、ミラージュコロイドについても詳細な解説があるべきではなかったろうか。兎に角、視聴者が疑問に思った部分を納得させられるだけの本になっていなのは間違いない。だからこそ、僕は先の記事でアークエンジェルの重力圏航行能力に関する考察をしてみたのである。
 別に「ガンダムセンチュリー」が至高かつ唯一のムック、とする訳ではないが、良いと思われる所はどんどん真似すべきである。第一、このデータコレクションの前身である「EB」においては、そうした事柄についても記述があったものである‐ただ、あまりにその対応が場当たりすぎて、シリーズ内の整合性を欠いたものになっていたのも事実であるが。
 以前(2000年頃)、過去の記事を調べもせず、勝手に設定を追加して行くことに憤ったファンと、それを書いたライター本人の言いあいが某掲示板であり、僕もそれを傍観していた。
 そこでライター氏が言っていたことを要約すれば「古い記事(設定)の引用ばかりでは、今のファンは納得しない。その為にも新しいものが必要不可欠なのだ」というようなことになる。これを誠意の欠如と取るか、仕事であると割り切るかはその人の立場によりけりだろう。
 ここで僕が言いたいのはそんなことではなく、こと「種」に関してはこうしたライター氏が取ったスタンスが通用しなくなっているのではないか、ということである。それは書籍独自の解釈が許されなくなってしまったのか、という危惧感でもある。
 かって、設定類を集めた書籍の解釈と言うのは基本的に製作者側の穴を埋める、というものであった。整合性の高い、数々の設定を起こし、公表した「ガンダムセンチュリー」は言うに及ばず。賛否両論のある「EB」でさえも、「V」のミノスキーフライトやミノフスキードライブといった設定のフォローを行っている。問題はそれが完全なオフィシャルであるかどうかではなく、仮説の一つとして納得力があるかどうかなのである。
 「種」や「種運」に関しては最初から商売として「MSV」や「外伝」の類が規定されているので、そこからはみ出しかねない‐或いは、破綻させかねない書籍独自の設定などはあってはまずいのだろう。しかしそれならばなおのこと、設定を総括する人物は全ての設定を作り上げなくてはなるまい。
 曰く、どうやって幾種類かのMSは重力圏を飛んでいるのか‐化学反応式エンジンであそこまでの出力と、長時間の飛行が可能なのはどうしてか、とか。空間認識能力は何故、コーディネイトすることが出来ないのか、とか。TP装甲の設定が人によって言うことが違うのはどうしてなのか、とか。
 本来なら、こんなことはガンダムシリーズにおいては製作者側が考えなくても構わない部類のものである。裁量として、関連書籍のライター達が知恵を絞ってくれればそれ済む話なのだから(逆に言えばだからこそ、「ガンダム」というのはSF足り得なかったのかもしれないが)。
 それが出来ない「種」や「種運」は、非常にせせこましい世界観になってしまったような、そんな気がしてならない。データコレクションを読みながら、そんなことを考えさせられた秋の一日であった。
[PR]

by shunichiro0083 | 2004-11-05 12:50 | 書籍