カテゴリ:AGE「感想」( 51 )


2012年 02月 27日

#20 赤いモビルスーツ

・あのライバルはデシルの息子かと思っていたら、実の弟だったんですねえ。これにはびっくり。けど、特に理由とか背景が考えられている訳ではなくて、ただ、視聴者を驚かせるっていうだけなんだろうなあ…。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-02-27 03:53 | AGE「感想」
2012年 02月 21日

#19 アセムの旅立ち

・と、まあ、連邦軍に入隊するところから今回ははじまった訳です。噂によるとアセムは伍長らしいですが、こういう所でも特別扱いされてるのは見え見えですな。
 っていうか、なんでAGE-2がこの子の専用機なのか、というのもあるのですが。そしてそれを台詞とは裏腹に誰も羨まず、妬みもしないという描写。いやあ、さすがは「揚」クオリティ。

・まあ、一番「はあ?」だったのはヒロインの娘さんがディーヴァのブリッジにそれっと座っていたことなんですがね。
 これに比べればライバルが突然前線司令官に抜擢されたことなど、可愛いものです。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-02-21 14:47 | AGE「感想」
2012年 02月 14日

#18 卒業式の戦闘

・原稿書いてたのが飛んだので完結に。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-02-14 03:28 | AGE「感想」
2012年 02月 06日

#17 友情と恋とモビルスーツ

・なんというか、尺にあった話を描くのではなく結果だけを抜き出してごろんと出しているだけ、というのが正直な所ですね。
 他の方の指摘で挿入歌パートだけで「仲良くなりました」フラグ消化→ユリンの時もそうでした、っていうのがありましたが本当にその通りです。どうしたらいいのか、もう。

・なんだか「揚」がアジアで大人気!っていう新聞記事があったらしいですが、それは別に「揚」が面白いからではないのではないかなあ、と。
 「Z」をやっても「ZZ」をやっても同じ結果になったのではないですかねえ-いや、もしそれらが既に配信されても受けなかったのに、「揚」をやったら大ヒットというのであればこちらの不明を恥じるしかないのですが。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-02-06 02:56 | AGE「感想」
2012年 01月 30日

#16 馬小屋のガンダム

・と、まあ、色々ありましたが「揚」2部の開始です。
 ネット界隈では意外と評判が良い今回のお話ですが、それはあくまで前回までのお話が前提にあるだけで、絶対評価としては大して良くはないのではないかなあ…というのが正直な所ですね。
 
・というか、2部第1話からAGE-2出さないでどうするんだろう、というのが一番大きいのですが。学園ものだから仕方がない、ではなく学園ものでもその辺りをクリアするというのが正しいあり方ではないかなあ、と思うのですがねえ。
 とっくに親父からデバイスを貰っていて、部室には何故か卵型のヘンテコな機械があってそれを不審がっている別の部員とか。
 で、ヴェイガンが攻めて来たので、待っていましたとばかりにAGE-2を起動させるアセム。この程度でも充分なんじゃないかと思うのですけどね。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-30 21:20 | AGE「感想」
2012年 01月 24日

#15 その涙、宇宙に落ちて

・まあ、色々ありましたがなんとか第一部も終わりましたね。ラーガンや色黒のクルーも生き残ったようで何よりです。

・しかし、最後まで大した出番なかったなあエミリー。なんて可哀想なヒロイン。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-24 14:39 | AGE「感想」
2012年 01月 16日

#14 悲しみの閃光

・なんか第二部についてが色々公表されたみたいですね。まあ、正直、第一部の出来はもう何と言うか、箸にも棒にも引っかからないものだったので、第二部からの巻き返しを期待したいものです。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-16 17:34 | AGE「感想」
2012年 01月 11日

#13 宇宙要塞アンバット

・いやあ、ちょっと油断していると更新が遅れてしまいます。

・例の黒人将校に分かり易い死亡フラグが立ちましたね…外れるといいんですが。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-11 14:42 | AGE「感想」
2012年 01月 02日

新年の御挨拶あわせて#12 反逆者達の船出

・新年、あけましておめでとうございます。
 旧年中はこんなブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございました。
 今年-と言いますか、取り敢えずガンダムシリーズの新作がある限りはぼちぼちと続けるつもりです。
 今後とも御贔屓の程、よろしくお願い致します。

・で、新年一発目の「揚」の感想をば-先入観があるのかもしれないけど、なんで憲兵でもない指揮官が茶ヒゲの身柄拘束なんて任務についてたんだか。
 この辺りが「揚」の駄目な部分の一つなんじゃなかろうか。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-02 19:03 | AGE「感想」
2011年 12月 19日

#11 ミンスリーの再会

・まとめサイト辺りで今回のお話の時系列のハチャメチャさが指摘されているようですが…いやあ、フォローしようがないですね、これ。
 まあ、敢えて言うなら「例のギャングの親玉は実は諸々の後始末は若い衆に任せてディーヴァに乗っていた」とか「マッドーナもGエグゼスのメンテの問題でディーヴァに乗りこんでいた」とかそんな感じですかね。
 どっちも台詞一つで解決する類のものですが(微苦笑)。

続きを読む?
[PR]

by shunichiro0083 | 2011-12-19 21:08 | AGE「感想」