shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:感想「00」( 56 )


2008年 11月 16日

#07 再会と離別と

・いや、「00」はいいですねえ。いい人のオンパレードですよ。引き金をひけなかった沙慈をせめないイアンとか。本調子でない刹那を見逃すMr.ブシドーとか。突然、自分の記憶を奪ったマリーを許すソーマとか。アレルヤを殺さないセルゲイさんとか。
 もう、いいひとばかりですね。今の若い人たちが夢中になるのも無理はないでしょう。台詞で原則的に全て説明してくれるし、絵は奇麗でよく動いてますし。いやあ、何から何までいいですよ、「00」は。
 で、ようやくイノベイターが話の表舞台に登場する様子。今までは黒幕扱いで、正直具体的には何をしているのかはヒロシを出撃させた、くらいしか分かってないですからね。きっと、リボンズが説明してくれるでしょう。

※11/19 記事追記してました。


[PR]

by shunichiro0083 | 2008-11-16 23:39 | 感想「00」
2008年 11月 09日

#06 傷痕

・いやあ、前回のコメントでは偉そうなこと言っちゃってますが、もう自分も本当にコレの視聴は一回こっきりですませたいですよ。
 今週の話を見て、本当にそう思いました。ひどいなあ。その一言に尽きるッス。
 気力が続かないので、今回は箇条書きで行きます。ひょっとしたらきついことを書いてるかもしれませんので、間違えて来た方は続きは読まない方がいいですよ、多分。

・これは余談ですが、例のオートマトンにはGNコンデンサーがついていて、機体制御に使っているらしいですよ(HG 1/144 アヘッド量産型インストより)。
 連邦の技術者は馬鹿ばっかのようです。機体制御に使うくらいだったら、どうしてGNフィールドを装備しないのやら。そんなんだから、刹那が投げるプラスティック爆弾で壊されてしまうんだよと。
 百歩譲って、あのサイズではGNフィールドが搭載出来ないのだとしても(「F」を読んでる身としてはそれすらも眉唾ですが)、内蔵火器にこそGNバルカンを積むべきでしょう。何せ、かすり傷でも幹細胞異常を起こさせる、って代物なんですから。
 ま、こんなムックやらインストやら読まなきゃ出て来ない裏設定なんぞよりも、もっと罪深いことを今週はやっちゃったんですが(sigh)。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-11-09 18:18 | 感想「00」
2008年 11月 04日

#05 故国燃ゆ

・まあ、今回もツッコミ所満載の三十分ではありました。なんだか回を追うごとに凄まじくなって行ってるような気がしますよ、第2期は。

・で、これは前回の補足なんですが、ペルシャ湾の平均水深は約30mで最大水深は91mとのこと(詳細はこちらを参照のこと)。
 で、トレミー2の全高はどれくらいかというと、最低でも40m。これは18.3mの00ガンダムが入るコンテナが二つ縦に並んでいることからの類推です(ちなみに、トレミーの全高の設定は学研のムックに拠ると78mとのこと)。
 …アレ?MSハッチを開けられるのが水深何mかは分かりませんが、そもそもトレミー2がそんなペルシャ湾であんな風に潜水出来ていることがあり得ないのではないか、という根本的な疑問が湧いて出るのですね。
 いや、素晴らしい。素晴らしすぎて、二の句が継げません-けど、これ自分も気付きませんでしたから。某所での指摘を読んで啓蒙された次第です。
 なので、あんまり偉そうなことは言えないんですが、本当なら「ペルシャ湾での原潜の活動は困難」という説を聞いた時に気が付いてなければならんのですよね。反省しております。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-11-04 11:36 | 感想「00」
2008年 10月 26日

#04 戦う理由

・アバンでは今更のように入る幼いアレルヤとなる少年と、マリーが出会うシーンが描かれてます。まあ、視点の切り替えが唐突だったよなあ、とか思いますがそれでも今までの演出に比べると意図は分かり易かったんではないでしょうか。
 けど、これもやっぱり第1期の段階でやっておくエピソードの筈ですよね。なんでほったらかしにしてしまうんだろうなあ。

※10/27 追記しました

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-26 22:01 | 感想「00」
2008年 10月 20日

#03 アレルヤ奪還作戦

・第1期の時の軌道EVによる大規模人災を防ぐ回もそうでしたが、CBの作戦っていうのは理念云々と係り合いのない方が楽しく見れますね-そう言えば、どっちもアレルヤ絡みです。
 まあ、それだけCBという組織の胡散臭さが問題なんでしょうが。

※23:37 追記しました

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-20 13:11 | 感想「00」
2008年 10月 12日

#02 ツインドライヴ

・で、第2話なんですが、感想を一言で言うなら「キャラクター、多すぎじゃないのかねえ?」という素朴な疑問。
 おかげで一言だけのキャラクターが多いこと、多いこと。ルイスやら、ネーナやら、仮面の男やら、アレルヤやら。EDテロップの名前も盛り沢山。いやはやなんとも。
 そんなトホホな気分で送るネタバレ上等な感想(順不同な箇条書き)をどうぞ。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-12 20:31 | 感想「00」
2008年 10月 05日

復帰しましたのこと並びに#01 天使再臨

・どうも、なんとか新しいPCを購入し、復活致しましたshunichiro0083です。何とか、「00」第2期開始には間に合いました。ホッと胸を撫で下ろしております。
 また、これから半年間、「00」のやくたいもない感想を書いて行くつもりですので、ひとつよろしくお願い致します。
 あとはなんだかよく分からないうちに最終回を迎えた「ASTRAY」についても書ければ、とも思っておりますが、こっちはあくまで予定ということで。

・それでは、第2期第1話「天使再臨」の感想をどうぞ。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-05 21:09 | 感想「00」
2008年 03月 30日

#25 刹那

・と、まあ、そういう訳で「00」第1シーズンは幕を下ろしました。
 個人的にはこのまま「end」でも良かったんじゃないかなあ、と真剣に思ってますが。しかしながら、そうは思っていない人がいるのも事実ですし。
 なんでも、今回の話のエピローグの部分は「再生」のさわり、ということらしいですが…まあ、この辺りの話は総括の時にでもゆっくりしましょう。
 今は第1シーズン最終回についてのみ、集中したいと思います。

※3/31 追記しました

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-03-30 21:02 | 感想「00」
2008年 03月 23日

#24 終わりなき詩

・と、まあ、そんな訳であと残す所2話となった第一シーズンなんですが…なんと言えばいいのやら(sigh)。

・取り敢えず、行き詰っても人を殺せばそれだけで感動して貰える、という考えは悔い改めた方がいいと思います。
 まして、それまで碌に描かれてこなかったキャラクターが唐突に死んでも、そこで僕=視聴者が流す涙は単なる情緒的なものであり、安っぽい涙でしかないのですよ。
 そのことを監督さんも、脚本家の人もちゃんと考えて欲しいと切に願います。

ネタバレな続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-03-23 00:27 | 感想「00」
2008年 03月 20日

ガンダムは魔物という誤解のこと

・さて、今回はNT誌に連載されている藤津亮太氏のアニメ評論「アニメの門」から08年4月号に掲載された「ガンダムという魔物に対抗するために」を取り上げます。
 冒頭にに結論めいたことから言ってしまいますが、「ガンダム」が魔物なのではなく「ガンダム」を勝手に魔物にしてしまっているのです。言い換えるなら、それは「ガンダム」を神の偶像として祭り上げている、ということでもあります。
 では、それを行っているのは誰なのか、ということになろうかと思いますが…これは最初の発端は兎も角、事ここに至っては製作サイド、スポンサー、マスコミ、ファン、マニア、etcetc。これら全てが自覚無自覚の違いなく、共謀し、加担していると言わざるを得ないのだと思います。
 そういう意味では「ガンダム」を題材に多種多様な見せ方を可能に出来たかもしれない可能性を秘めた平成シリーズを潰してしまった「X」の罪というのは意外と大きいのかもしれません-やればいいというものでもないという反面、まあ、某ライダーみたいに作品としては微妙なものが続くのだとしても、時に優れた作品を生み出すということもありますから。

・と、まあ、こんなことを考えつつこの評論ついて徒然に書いていければ、と思っております。お暇な方はどうぞ先にお進み下さい。
 あと、適宜、引用は行いますが全文の書き写しは出来ませんので、この本記事を未読の方はざっとでも目を通して頂ければより楽しめるかと思います。

註:引用文には全て冒頭に「>」をつけてあります。また、必要と思われる所には適宜改行を行いました。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-03-20 11:47 | 感想「00」