shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アストレイ( 37 )


2006年 08月 30日

「Δ」第3話の感想のこと

・えー、取り敢えずこれだけは言っておこうと思います。僕は「アストレイ」というシリーズが好きです。結構、好きです。
 でも、これだけは真剣にどうかと思いました。

 「歌姫の騎士団」っていうのは、どうよ?!

 まあ、確かにラクス派とか三隻連合とかっていうのもどうかとは思いますけど。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-30 14:02 | アストレイ
2006年 08月 25日

模型誌のこと、あれこれ

・電ホに「種運アストレイ」の番外編-SpecialShot001が掲載されましたね。タイトルは「オーブの女神」ですが、「Δ」の公式サイトに出た第3話の予告を見る限り、こちらとリンクした内容になっている様子。
 取り敢えず、Δアストレイと天ミナは互角の性能を持っているようです-若しくは天ミナの方が上か。
 あと、マティアスに代わるジェスの新たなパトロン的存在としてミナが-カガリの結婚式をジェスが正式に取材出来たのは、ミナの声掛かりのお陰.
※セイラン家は新たに五大氏族に入ったもので、五大氏族はその時々で入れ替わるという設定らしい。
 また、セイラン家はサハク家に近い性質を持った家系で、軍事を重んじ、陰謀・策略を良しとするのだとか-以上、ミナの台詞より。
 なかなか凄まじい、後付け設定ですね(8/28追記)。

・HJ誌では天ミナのオプションパーツ・オキツノカガミが「MSV」として登場。これは攻防一体のビームシールドで、「天空の宣言」以来連戦が続くミナと天ミナの戦いを楽にする為にユンが考案したもの。
 ちなみに、ビームシールドの技術は“ハイペリオン/ロウ”経由でギルドにももたらされているようです。個人的には核エンジンでも搭載して無制限のミラコロにするか、ツムハノタチマガノイクタチを完成させてやれよ、という気がしないでもないですが。
 余談ですが、NJジャマーの技術はザフトから持ち込まれた核エンジン稼動式のミーティア05/06がありましたから、これのデータを解析しないプロフェッサーではないと思われます。
 いずれにせよ、あんまり、天ミナにはビームシールドは有り難くないと言うか、相性が良くないのではないかと思います。

・同じくHJ誌では「シヴィリアンアストレイDSSDカスタム」なる、出自不明の機体の画稿が公開されました。
 これは「STARGAZER」第2話にてちょこっと出て来た機体でしょう-DSSDトロヤステーションのシーンではないかと思います。
 ただ、ここまで来るともうアストレイというのは名ばかりの、完全な別系統のものではないかという気になります。顔はMSというよりはラウンドバーニアンだし、背部のメインスラスターはトールギスにも少し似ているし。
 「電ホ版(下)」のMS開発系譜にこそこの機体は乗っていませんが、敢えてその中で類似のものを探すとすればMBF-Pシリーズとレイスタからの流れを汲む“量産型アストレイ”というのが一番近いんでしょうか。
 まあ、だとしてもM1アストレイとレイスタと、この量産型アストレイの明確な差は何処にあるのか、という問題も出て来るとは思いますが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-25 18:59 | アストレイ
2006年 07月 27日

「Δ」第2話の感想のこと

・今回名前が明らかになったアイザック君ですが、本編と設定紹介の頁とで苗字が違っていましたね。
 本編の自己紹介だとアイザック・ロウで、設定紹介の所だとアイザック・マウ
 あと二、三日したら千葉氏のブログではっきりさせてくれるのでしょうか。

<追記>やはり千葉氏のブログで記事になりましたね。アイザック・マウが正しいそうです。

・そう言えばファントムペイン-第81独立機動群も「軍」になってましたね。こっちは完全な誤植でしょう。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-07-27 19:32 | アストレイ
2006年 07月 07日

ヴォワチュール・リュミエールのこと

・「シャア専用ブログ」さんの06/07/06-23:39付けの記事より。
 ただし、この記事はネタバレありなので、各自注意して下さい。そして、この後の記事もネタバレ要素が多々あるので、自己責任でお読み下さりますよう。

ネタバレかもしれない「続き」を読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-07-07 15:31 | アストレイ
2006年 07月 04日

スニーカー文庫版「種運アストレイ」第2巻のこと

・今さっき、読了しました。
 やっぱり、こちらも「Δ」の仕切り直しを受けてか、後半の展開がかなり駆け足になってしまっているように感じられます。
 決してつまらなくはないんですが、ちょっと物足りない部分があるのは否めないですね。別に無理にサー・マティアスと「一族」の決着をつけなくても良かったんではないかとも思いますし。

・では、この後は歯に衣着せない感想をば。きつい事を書くかもしれませんが、これもコアなファン故のこととご理解して頂きたく。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-07-04 20:01 | アストレイ
2006年 07月 01日

「Δ」第1話の感想のこととその他のこと

・さて、公式サイトもオープンしていよいよ始動した感のある「Δ」ですが、コミック版も今月号から始まりました。
 チェックポイントなると思われるものも出始めているようで、どの程度のスパンの物語になるかはまだ不明ですが、出来ることなら「種運」本編の落穂拾いを行って欲しい所です。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-07-01 00:41 | アストレイ
2006年 04月 20日

最終回のこと その他諸々

・今更ですが、「Dアストレイ」最終回についての感想を。それと合わせて、「THE EDGE」や「A」本誌についても。

続きを読む
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-04-20 23:26 | アストレイ
2006年 02月 27日

SCOOP-20 併せて今後の展開のこと

・取り敢えず次号でときた版は完結。ただ、これで終わりではなく新企画も立ち上がっているらしい・・・これがここ数日騒がれているOVA「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER(仮)」なのかどうかは不明。
 ただ、原作者の千葉氏の文章によると「アストレイ」の新シリーズはTVスタッフの一部も参加する、という書かれ方なので、その可能性も多分にあるのではなかろうか。
 新主人公、新ガンダムによる新たなアストレイシリーズであるなら、「X」においてその実績もある。
現時点でのタイトルにはC.E.73と銘打たれてはいるものの、ストーリーが展開して74年になった所で別におかしくはないだろうし(U.C.0079年の物語でも「0080」というタイトルになったこともある)。
 少なくとも、ときた版はブレイク・ザ・ワールドから暫く経った辺りで終了するのだろうから、新シリーズがその直後から始まると考えても不自然ではない。
 何より、本編のメインスタッフは年内に4本出すスペシャルエディションの方にかかり切りになるだろうから、その間を埋めるにはOVAという展開は丁度いいのではないだろうか。
 ひょっとしたら、新アストレイの主人公は火星帰りの謎の男なのかもしれない。

・肝心の漫画本編の方はここに来てちょっと足踏みな感が否めない。これは次回の最終回に、ミナの構想の発表をするのに合わせたからではないかと思われる。
 その分、ロウの消息や経緯が説明されているものの、そういう意味ではインターミッション的な回だった。
 なので、あんまり感想らしい感想もない-久し振りの更新がこんなんで本当に申し訳なく思います。

・ベルはジェスとの再会に、ちょっぴり頬を赤らめてご対面。けど、ラブロマンスにまでは発展しないだろうなあ。

・イルドがリ・ホームを銃撃する所で今月は終了だったのだが、よく考えたらあの艦には確かラミネート装甲シールドが装備されているので心配は無用の筈。
 もっとも、新機軸で陽電子リフレクターとかが搭載されていても全然驚きませんけどね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-02-27 22:21 | アストレイ
2006年 01月 27日

SCOOP-19 のこと

・どうやら、「アストレイ」の現時点での展開は来月(若しくは次号)で一斉に終了するようで、かなり駆け足な展開になっているように見受けられます。
 まあ、単にプロトセイバーやレッドフレームMJ(マーズジャケット)の詳細が本編の補足ではなく、どちらかと言うとネタバレに近い形で行われている、というだけなのですが。
 しかし、どうやって話を終わらせるんでしょうね? やっぱり「俺の取材はまだ、始まったばかり」とかでしょうか・・・。

つづき
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-01-27 02:52 | アストレイ
2006年 01月 01日

「種運」アストレイ完結・・・のこと

・新年、明けましておめでとうございます。どこまで書けるかは判りませんが、今暫くお付き合いの程を宜しくお願い申し上げます。

・さて、タイトルの件はときた先生のブログでの爆弾発言(ってことでもないのかもしれないけれど)より。

>Dアストレイ今の「B・T・W篇(仮)(マティス篇か?)」でクライマックスをむかえる予定です。(と、千葉さんからは聞いています(笑))

 スニーカー連載の小説版も無事完結したということであるし、このままで行けばあと4乃至5話で終わるのではないかと思われる。それくらいならコミックス一冊に収まる分量であると思われるからだ。
 無論、「アストレイ」の後に「Xアストレイ」が来たように、別の形で続編があったとしてもおかしくはないのだけれど。今の段階では未定らしい。この辺りは「種」シリーズ三弾があるかどうか、という部分にも絡んで来るのだろう。

・個人的にはもう少し「種運」という物語を掘り下げて貰いたかったような気もするが、まあ、こればかりは仕方がない。
 一ファンとしては、きちんと決着がつくことを祈るしかないのだから。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-01-01 20:05 | アストレイ