shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ

2013年 10月 23日 ( 1 )


2013年 10月 23日

ガンダムビルドファイターズ 第3話「フルパッケージ」

・BFの世界におけるガンプラが実はキャラクターモデルではなく、スケールキットだったら嫌だなあ、とか思った。
 実は既に宇宙移民が始まっていて、地球圏は百年に近いスペースノイドとアースノイドとの全面戦争こそ終結したものの、テロや低烈度紛争が続いている。
 そこではMSが実用化され、様々な機体が世界各国において開発されていた。一応の平和は保たれており、新旧の兵器-MSがキット化されているのも本来は一部の愛好家たちだけのお楽しみだった。それを劇的に変え、一般化させたのがプラフスキー粒子の発明だったのである。
 なお、「00」や「揚」の機体がないのは最新鋭兵器なのでキット化がまだされていないだけでしかない。
 そんな世界。

・実は頭が固い年寄りなので、あんまりあからさまに旧シリーズのセリフを臆面もなく流用されるのは正直、辛い。

・レイジは異世界の王子様。しかし、それではどうして初めてのガンプラバトルでああも見事な操縦をして見せたのかが分からない。
 それだったら、まだ、異世界のロボット兵器乗りとか言われる方が納得が行ったり。この辺も勢いで流すのか、それとも後半で掘り下げるのかなあ。

・そう言えば現実ではキット化されていない機体も登場して、バトルを繰り広げてましたね。これが劇中ではキット化されているのか。あるいはフルスクラッチなのかで、世界観も大きく変わる気がします。

・しかし、なんであの地下バーに突然、イタリアチャンピオンが現れたんでしょうね。不思議でごわす。

・だが、そんな枝葉末節はどうでもいい。眼鏡っ娘が本当に可愛らしく、主人公にプラトニックな淡い恋心を抱いているのが実にいいのであります。
 黒田氏も「00」とは打って変わって、いい仕事をしておられます。素晴らしい。
 主人公の話を拒絶せずに聞いてあげたり、応援にわざわざ出かけたりと控えめながら実にいいメガネくん役も果たしてます。
 心配なのはこの手のキャラクター造形は得てして男に都合のいいものになってしまいがち、ということ。
 折角、ベアッガイIIIを駆ってガンプラファイターになるらしいのですから、そこを全面に出して単なる大和撫子なだけでなくガンプラバトルでの盟友みたいな感じにして欲しいですな。
[PR]

by shunichiro0083 | 2013-10-23 03:57 | BF