2013年 10月 17日 ( 1 )


2013年 10月 17日

ガンダムビルドファイターズ 第2話「紅の彗星」

・第2話でようやくガンプラバトルの説明が入りましたね。個人的には世界大会の話より、こっちの方を先にやっとくべきなんではないか、とも思いますが。

・しかし、あれですなあ。このプラモフスキー粒子はよく軍事利用されてないなあ、と思います。なにせ、ビーム攻撃をプラキットで実現させてしまうという、驚異のシステムですからねえ。

・ま、それをやってしまうとダン戦との差別化が難しくなってしまう、ということになるでしょうからそっち方向に話は振られないとは思いますけれど。

・一方でレイジが光の中に消えて、異世界からの来訪者っぽい感じが強まりましたね。学校という-下手すれば通貨も-概念のない世界ってどんな世界やねん、と思いますが。

・しかし、あれですね。作中世界において「ガンダムシリーズ」ってなんなんでしょうね。ガンプラがある以上、「機動戦士ガンダム」に端を発するアニメーションが放映されているのは間違いないんでしょうけど。
 それなのに、セイたちが「ガンダムシリーズ」を見ているという描写がないんですよね。これって、かなり不思議なことなんではないかと。
 無論、ガンプラバトルが原典たるアニメシリーズから独立した娯楽として成立している、ってことなんでしょうが一切原作に触れられない、というのも不自然なんじゃないかなあ、と思う次第です。

・あとはなんで、プラモバトルがガンプラでしか行われないのかなあ、とか。別に戦車や戦闘機なんかのミリタリー系や、フィギュアによる格闘ゲームとか民間レベルでも色々応用の利くシステムだと思うので。
 そういうのがあったりすると、世界観も広がるんじゃないのかなあ。

・まあ、何にせよヒロインが眼鏡っ娘なのはいいことなので、今後はもっともっと出番が増えるのを期待しております。
[PR]

by shunichiro0083 | 2013-10-17 11:32 | BF