shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 09日

#06 傷痕

・いやあ、前回のコメントでは偉そうなこと言っちゃってますが、もう自分も本当にコレの視聴は一回こっきりですませたいですよ。
 今週の話を見て、本当にそう思いました。ひどいなあ。その一言に尽きるッス。
 気力が続かないので、今回は箇条書きで行きます。ひょっとしたらきついことを書いてるかもしれませんので、間違えて来た方は続きは読まない方がいいですよ、多分。

・これは余談ですが、例のオートマトンにはGNコンデンサーがついていて、機体制御に使っているらしいですよ(HG 1/144 アヘッド量産型インストより)。
 連邦の技術者は馬鹿ばっかのようです。機体制御に使うくらいだったら、どうしてGNフィールドを装備しないのやら。そんなんだから、刹那が投げるプラスティック爆弾で壊されてしまうんだよと。
 百歩譲って、あのサイズではGNフィールドが搭載出来ないのだとしても(「F」を読んでる身としてはそれすらも眉唾ですが)、内蔵火器にこそGNバルカンを積むべきでしょう。何せ、かすり傷でも幹細胞異常を起こさせる、って代物なんですから。
 ま、こんなムックやらインストやら読まなきゃ出て来ない裏設定なんぞよりも、もっと罪深いことを今週はやっちゃったんですが(sigh)。



・アザディスタン炎上はどうやらMS部隊によるものだったらしい。いや、確かに台詞では「テロじゃない」とは言ってましたけど。
 先週のラストでも、今週のアバンでもヒロシのアレ以外に機動兵器があったようには見えませんでした。

・だから、沙慈を責めるのは筋違いというものだろうよ、ティエリア。そもそも後先考えずにカタロンに預けようとした刹那が悪い。まあ、一番悪いのはアロウズだが。
 で、そんな民間人に対して見張りも何もつけてなかった自分らや、カタロンの責任は不問とは。凄まじい片手落ちですな。

・スメラギ嬢の話は…どうでもいいや。何故、今更あんなことになるのかさっぱり、理解出来ないし。言いたかないが、ああいう惨状は第1期でもあったのではないかと思うのだが。
 情緒不安定だと言うなら、それならそれでもっときちんと描写しておくべきだろうになあ。
 どうも、死んだカタロンの兵士がエミリオとかいう昔の男と同じことを口走ったのが聞こえたから、ということらしいですが…現実感がないなあ。そんな力のないうわ言まで拾うとか言われても。

・マネキン大佐はいいとこなし。なんかこう、駄目なストーリーテリングの皺寄せを今回、一手に引き受けている感じがします。

・ソーマ嬢はこちらもこちらで、謎な思考展開。だから、どうしてああいう結論に達するのか、と。台詞で言ってるからって、不自然なものに変わりはないんですよ。

・紅龍が王留美の実兄であることがいきなり暴露されましたが、それがどうした、という感想しか出て来ませんなあ。本当に意味がない。
 どうせやるなら、変わってしまった留美に心を痛め、諫言を繰り返していたものの、最早どうにもならないことを知った紅龍は彼女を見捨て、家を出ようとする。
 と、そこに泣いてすがる王留美。彼女は涙ながらに懇願する-行かないで、お兄様。貴方まで私を見捨てるのですか?!
 ここまでやらないとドラマではないのではなかろうか。無論、自分のなど素人考えでしかないですが。けど、あれじゃあ、単なる垂れ流しではないかと。

・ネーナは脳量子波が使えるらしい。けど、これも今までそんな描写が全くないから、やっぱり垂れ流しでしかないよなあ。

・アザディスタンの事件を受けて、中東は政治的再編が連邦主導で行われるらしい。そんなんで済むのなら、あんな疑似GN粒子散布装置なんていらなかったのではないですかね。

・で、罪深い大問題なんですがトレミー2が幾ら微速前進とは言え、光学迷彩やったまま移動してしまいましたよ?!
  ああ、もう、今までのは全部台無しですよ。これまた百歩譲って、今度のは新型のGNステルスだというのなら、それこそ台詞で説明すべきだろう、と。
 迷彩張って移動出来るんなら、今までの苦戦はいったい何だったんだ、ということになってしまうんですよ。取り敢えず、あんな危険を冒して水深百数十mはあるであろう、ペルシャ湾を潜航する理由はないでしょうな。
 だって、偵察衛星にも有効な欺瞞だって豪語してたもんね。普通に飛んで行けるでしょう-どうにもならんのかなあ。一度ついた嘘を、そのまま突き通すだけなんだけどなあ。幾らなんでも、ここまで破綻するとは思わなんだ。

・ネーナが乗ってる疑似GNドライブ機は輸送機サイズのもので、ペイロードにも余裕がある様子。前に強制収容所を見張ってたのと、同じ機体なんだろうか。

・で、沙慈は思い悩んだ挙句にトレミー2の銃座に-まあ、これがやりたくてあそこまで無茶苦茶やって追い込んだ、っていうのは理解出来るけど。
 それにしても、何がなんだか。トレミーも1の時は何人かクルーが画面の外にいたらしいですが(学研のムックより)、2になったら画面に出てる分しかいないんですかね。どうせブリッジには操舵士くらいしかいらないんだから、あの女性二人を砲撃手にすればいいのに。
 っていうか、何でトレミー2はGNフィールドを張ってないんだ。本当に不自然だよなあ、この脚本。
 セルゲイ息子に「乙女だ」とか言わせてる暇があったら、もっと根本的な部分に尺を割けと言いたいですよ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-11-09 18:18 | 感想「00」


<< #07 再会と離別と      #05 故国燃ゆ >>