2008年 10月 12日

#02 ツインドライヴ

・で、第2話なんですが、感想を一言で言うなら「キャラクター、多すぎじゃないのかねえ?」という素朴な疑問。
 おかげで一言だけのキャラクターが多いこと、多いこと。ルイスやら、ネーナやら、仮面の男やら、アレルヤやら。EDテロップの名前も盛り沢山。いやはやなんとも。
 そんなトホホな気分で送るネタバレ上等な感想(順不同な箇条書き)をどうぞ。



・ツインドライヴ理論はトランザムのメッセージと一緒にイオリアから送られて来た、ということ。フェレシュテの連中はこのことを知っているのだろうか?

・しかし、なんでCBは2代目ロックオンやスメラギの連絡先や居場所を知っているんだろう。そういう点でも、アロウズより性質が悪いのかもしれないですな。

・で、その2代目がマイスターとしてスカウトされることをカタロンの幹部・クラウスとシーリンは察知していたっぽいですが…何故?

・一方、刹那はビリー・カタギリの部屋に転がり込んでいたスメラギの素性をあっさりばらし、連行してしまいました。いやあ、乱暴だなあ。その上、軌道EV使ってるし。
 カタギリが打ちひしがれていて-或いは、九条惜しさに、当局に通報しなかったから良かったようなものの、ここで開き直ってアロウズに連絡されてたら一巻の終わりだった訳ですから。
 確かに、御都合主義以外の何物でもないですな。

・そう言えばアロウズの司令官の名前はカタギリとかいうそうですが、ビリーさんとは血縁関係はあるんでしょうか。取り敢えず、ロンゲなところは共通項ですけれど。

・沙慈はデータベースを閲覧出来て、単なる捕虜以上の扱いを受けていますが何故なんでしょうね。

・ラッセ曰く、復活したCBの目的は全戦争行為に対する武力介入ではなく、アロウズに対抗すること。何でも、14件の虐殺で、被害者は数万人にも及ぶにも関わらず、その一切が揉み消されているとのこと。
 いや、ここに来てJNNを始めとする各国の報道機関は相当弱体化しているようですね。ネット環境があれば、個人でも現場からの告発とかも出来そうなものですが。

・また、CBの方針の転換は連邦政府設立を促した、その落とし前をつける為らしい。これって、マッチポンプっていうやつですかね。

・沙慈はデータベースをいじっているうちにハレヴィ家虐殺の真相に辿り着いたようですが、まさかこれの為に前述の描写にしたんですかね。

・で、ついでに疑似GNドライブから放たれる攻撃用粒子、という表現ながら疑似GN粒子の毒性についても言及されました。
 けど、こんなの知ってる人間は知ってる筈ですよね。何せ、CB組のガンダムとやり合っても悪影響が出ないのに、あの3機の場合は細胞異常が出てるってことはちょっと調べれば分かる筈ですから。
 やはりこのこともネットでの告発はないようです-本当にこの世界は各種メディアからの報道以外はないんだなあ。

・このシーンで沙慈はスローネを敵と断定する模様。多分、この調子で姉殺害の真相も知り、刹那とは和解するのではないかと妄想-ネーナと会ったらどうするんだろう。

・カタロンには中東支部があり、クラウスとシーリンはそこにいる。

・連邦の狙いは地球に統一国家を樹立すること。その為に飴と鞭-太陽光発電の供給とアロウズによる弾圧-を使い分けているらしい。
 で、その為には主権国家に対する実力行使も可能、と。何せ貧乏王女はアロウズに拘束され、アレルヤと同じ場所に投獄されてしまいましたから。

・#01の描写通り、王留美はイノベーターとCB、両方に通じる蝙蝠女となったようです-ますます、アレハンドロ化が進むなあ。

・リボンズらイノベーターはどうやら、ヴェーダを介して情報の共有が出来ているようであります。頭に受信機でもインプラントされているのでしょう。
 加えて、アロウズのカタギリ司令にも直接情報を伝えられる立場にいるようです。

・MS全機出撃という指揮官からの命令に対し、ルイスを置いて行くというのは明らかに隊長の命令違反なんではないだろうか。その癖、決めたのは自分ではない、とか言ってるし。
 しかしそうなると、あの新型巡洋艦には出撃した6機+ルイス分の1機の合計7機のMSが搭載出来るということでしょうか。

・随分と寂しい組織なんだな-2代目、正直すぎ。っていうか、スメラギは00ガンダムの存在を知らないらしい。トランザムのメッセージと一緒にツインドライヴのデータが送られて来たのなら、知ってるんじゃないかと思ってましたよ。

・そして思い出したかのようにGN粒子の電子機器阻害能力が発揮されるスメラギの戦術。少なくとも、第1期でデュナメスが使ったGNミサイルにはなかった性能なので、あれとは別物なんでしょうねえ。

・冒頭ではあれほど危険だといわれていたトランザム&刹那の気迫でツインドライヴ作動-やっぱり、これって単なる物理的効果ではないのではなかろうか。スパロボ風に言うなら、要気力130みたいな。
 っつーか、00ガンダムってツインドライヴが稼働しないと単なる木偶の坊っていう描写にしか見えなかったんですが。別に二基のGNドライブをそれぞれ動かせれば、それでいいんではないのかなあ。
 それでもGN粒子の発生量は二倍になるんだし。トランザム使っても、一回までなら行動不能に陥ることはない筈ですから(V-MAXみたいに、機体の冷却が必要とは今の所言われてません)。どういう制御システム使っているんだろう。

・ツインドライヴはそれのみでGNフィールドを展開出来るらしい。けど、こっちは球状ではなく平面で展開してるっぽいので、違う名前が付くような。

・で、この活躍を見て不覚にも驚く上に、眼鏡娘に揶揄されるリボンズ。けど「F」ではこの辺りを既にやっちゃっているので、申し訳ないですが新鮮な驚きはないです。
 やっぱり、結局、一番凄いのはヴェーダ=イオリアで、他の連中はみんなその掌の上で踊らされている、という気がしてなりません。

・しかし、呑んだくれてるスメラギの世話を甲斐甲斐しくしたり。わざわざスメラギを尋ねに来た刹那を、面識もないのに一緒に食事をして気分転換させようとするなど、本当にカタギリさんはいい人ですな…早死にしなければいいのですが。

・今回、GNミサイルランチャーが明らかになったプトレマイスIIですが、大気圏突入及び離脱能力も追加されたそうですよ。EDのカあのットはイメージではないのですね。

・GN-XIIIはビーム攪乱グレネードを持ってましたね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-12 20:31 | 感想「00」


<< #03 アレルヤ奪還作戦      HG GN-XIIIのこと(ネ... >>