shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 10日

HG GN-XIIIのこと(ネタバレ?)

・さて、「V」ではすでに公表されてましたが、第2期に登場しているGN-XはIIIでしてIIは既に型遅れということになっているようです。が、その割に反乱軍の方に流れていないのは凄いというか。
 第1期だけ見ていると、いつ横流しされてもおかしくないような世界観だったんですけどねえ。

・ま、それはさておき。今回もHGのインストを中心に記事を書いて行きますので、ネタバレになる部分が出ると思います。
 そういう訳ですので、いつものお願いですが自己責任ということでよろしくお願いします。



・独立治安維持部隊・アロウズの英語表記は“A-LAWS”ということですが、意味は不明ですね。とりあえず、法を重視するということなんでしょうか。
 ルイスの家は財閥だったということになり、軍に多額の寄付をしている重要なスポンサーという位置付けになりました。けど、これ軍じゃなくて、アロウズそのものにしておいた方が良かったんじゃないかな、と。
 いくら財閥でも、地球連邦軍全体とするにはちょっと無理があるのではないでしょうか。その点、一部隊の方が説得力が増すのではないかと愚考します。

・で、そのルイスですが左手は機械式の義手だそうです。個人的にはこの義手でダイレクトに機体とリンクすることで、新兵ながらベテランにも匹敵する戦闘技術を発揮する、とかやってくれればいいなあとか思ってます。

・疑似GNドライブについてはどうやら厳重な管理下に置かれているようで、現時点では反乱勢力には渡っていないそうです。しかし、イナクトやティエレンがカタロンに流れているくらいですから、初期型のGN-Xが渡っていても全然おかしくいてはないような気もします。

・アヘッドはGN-XIIIを元に再設計された発展機ということだそうで、ということは地球連邦軍というかアロウズが保有するMSとしては一番の高性能機がアヘッドということになるのですね。
 このアヘッドの設定でバリエーション機が公開されていますが、これはアロウズのパイロットに限ってカスタムチューンが許されているということのようです。どうせなら、GN-XIIIルイス専用機とかも見てみたいと思います。

・武装について目新しいのはやはり、あの槍型の武器ですが名称はGNランスと言うそうです。これは大型のGNコンデンサーを搭載していて、ライフルの他にも先端にGNフィールドを展開することで格闘戦にも対応するのだとか。
 打撃武器としても、射撃武器としても両方に使えるあたりエクシアのGNソードを意識して開発された-なんて後付け設定が出来るかもしれません。
 そう言えば、GN-XのGNビームライフルにはGNコンデンサーが内蔵されているそうですが、これってRX-78のビームライフルと同じで銃身内に蓄えた粒子を使い切ったら終わり、ってことなんですよね。
 てっきり、EパックならぬGNカートリッジとかが開発されているのかなあ、とか思い込んでました。
 こうしたエネルギー切れに備えてマニュピレーターの先端-指先を鋭く尖らせ、格闘戦に備えた最後の武器がGNクローなのだそうです。幾らフィールドを展開して強化出来るとは言え、そういう武器にも“GN”を冠してしまうのが何とも言えません。

・最後に、これは今回のインストとは直接関係ないのですが、この世界のMSの共通素材であるEカーボンについて。
 また聞きなんですが、今度双葉社から出た「機動戦士ガンダム00 メカニック-1st」なる本にこんな記述があったとか。
 『ガンダムに使用されているEカーボンは分子レベルでスピンも統一されたより洗練された素材であり、一般のものよりはるかに高い防御力を実現している(要約)』
 このスピンというのはスピン角運動量のことでしょうから、ということは高度なスピントロニクスが応用されていることなのでしょう。
 …まあ、色々事情があるのは分かりますが、あんまり後付け後付けでそれまでの設定を反故にするのはどうかと思いますねえ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-10-10 02:13 | 設定「00」


<< #02 ツインドライヴ      HG 00ガンダムのこと(ネタ... >>