2008年 03月 23日

#24 終わりなき詩

・と、まあ、そんな訳であと残す所2話となった第一シーズンなんですが…なんと言えばいいのやら(sigh)。

・取り敢えず、行き詰っても人を殺せばそれだけで感動して貰える、という考えは悔い改めた方がいいと思います。
 まして、それまで碌に描かれてこなかったキャラクターが唐突に死んでも、そこで僕=視聴者が流す涙は単なる情緒的なものであり、安っぽい涙でしかないのですよ。
 そのことを監督さんも、脚本家の人もちゃんと考えて欲しいと切に願います。



・ロックオンが死んで泣いたり、怒ったり、落ち込んだりする人たちは取り敢えず人の所為に出来る立場ではないことを自覚すべきだと思いますね。

・結局、王留美は今回のアレハンドロの陰謀とは無縁だったらしい。

・刹那がなんか悟りを開いたようですが、だからと言ってそれが世界に対する武力行使を正当化する訳ではないということに気付いているんでしょうか。

・コーラサワーは死んじゃったんでしょうかねえ。個人的には生きていて欲しいです。

・守秘義務って言葉がどうにも独り歩きしてるようにしか思えませんね。何故、各員が昔話をすることすら規則で禁じられているのか。
 意味があるならあるなりの描写が必要だったでしょうに、そういうものが一切ありませんでしたから。
 なので、死亡フラグ程度にしかならなくなってしまうというていたらく。

・しかしながら、死亡フラグすらなく死んでいったお医者さんは哀れを通り越して涙を誘います。これって、外伝がどうこうの問題ではないですよ。

・ヴェーダの掌握に失敗したのなら、トライアルシステムも復旧してるんじゃないの、と思いますがねえ。

・強襲用コンテナはいつの間にやら3つめが完成していた模様。だったら、ナドレと合体させてGNアームズにしておけば良かったんじゃないんですかね。
 粒子が不足気味とか、武装がどうこう言ってた訳ですし。っていうか、ヴァーチェじゃ駄目だったんですかね。外装、壊れてましたっけ。

・一部の雑誌記事でリヒテンダールが人工臓器っていう話は知ってましたが、結局はサイボーグだったようです。
 だったら、医務室に行って皆に内緒で定期的にメンテナンスを受けているとか、人力では開けるのが不可能な隔壁をこじ開けるとか、そういう部分を見せてないとただ、設定を垂れ流しにされているとしか思えません。
 トレミーの操船も、神経接続することでラッセよりも早く、巧みに行えるので刹那の地上行きに同行出来なかったとか、色々工夫の仕方はあったんではないでしょうか。

・クリスもリヒティとの絡みが殆どないから、いいシーンにはなってないというのが実際の所。もっと二人一組で見せておけば良かったのに。

・で、よく考えたらトレミー組はアレハンドロという人間と一切の接触がないので、単純に敵一パイロットとして相対しているだけなんですな。
 そこには組織を裏切った卑劣な敵、という認識がないから感情も露わにならない。裏設定ではスローネを、GN-Xを作った陰謀家ということのようですが、これについては視聴者にすら曖昧な見せ方しかしていないので、この御都合主義の権化のような展開に茫然自失となるしかないのでしょう。
 もう、ここまで来ると時間経過とか口にするのも馬鹿らしくなって来ます-最低でもアレハンドロは月の裏側から軌道EVステーションにまで戻り、そこで秘匿してあった大型MAに乗り込んでL1にまで出陣という手順を踏むしかないんですがねえ。

・まあ、予告ではマイスターは皆死亡するかのような口ぶりでしたが、第2期がある以上全員が生き残るってのはまず堅いでしょう。
 あれですか、GNドライブだけ回収されて新たなガンダムに乗り込む刹那達-って感じでしょうか。
 まあ、個人的にはガンダムマイスターっていうのは技量は関係ないようなので、瓜双子の人が二代目ロックオンを襲名しても驚きはしませんけれど。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-03-23 00:27 | 感想「00」


<< GN粒子のこと      ガンダムは魔物という誤解のこと >>