shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 25日

「P」FILE NO.4+α

・「V」はティエレンの対空仕様で、ショートストーリーは珍しくCBが絡まない昔話でした。しかし、GN粒子の電子機器の作動を阻害する、って設定は殆ど死に設定になってしまいましたね-これが生きてるなら、有線誘導どころではなくそもそも、ガンダムはまともな戦闘をしなくて済む筈なんですが。



・で、今回はプルトーネですが公開されたスペックから想像するに、これは明らかにヴァーチェのプロトタイプですね。
 搭載されているGNフィールドだけでも確定的ですが、加えて「コクピットと太陽炉を安全に脱出させるシステム」というのはナドレの源流なのではないかと思えるからです。
 尤も、今回の話の段階ではGNフィールドは完成しておらず、その為セカンドプランであったGN複合装甲が採用されたということになってます。これは装甲と装甲の間に隙間を作り、そこにGNフィールドを封じ込める形で展開し、防御力を飛躍的に向上させるというものです。
 が、これはおそらく第三世代のガンダムには採用されていないと思われます。まず、第一にGNフィールド生成技術が確立し、ヴァーチェだけでなくキュリオスにも搭載されているということ。そして第二に、装甲間では直撃を食らった時に外面装甲の破損は免れないのですが、エクシアのGNソードを見れば解る通り、既にCBは装甲にGN粒子を帯びさせる技術を開発しています。
 これらのことを併せて考えるなら、GN複合装甲は現行のガンダムでは採用されていない可能性が高いのではないでしょうか。

・で、今回明言されたことに「GNドライブは5基しかない」ということと「(GNドライブは)今後新たに生み出すのが困難なパーツ」ということがあります。
 まあ、前者はエクシアらトレミー組の4機+フェレシュテの1基を指しているとは思いますが、そうなるとスローネの問題が出て来ますね-多分、ミスリードなんでしょう。
 後者については今までの本編の展開とは矛盾しませんが、やはりスローネがネックになります。まあ、窮地に陥っているエクシアらからGNドライブを奪い取って我が物とする三兄妹、という展開も有りかな-とも一瞬考えたのですが、先週の最後で姿を現したスローネは既にGN粒子を噴出してましたから。
 これについてもやはり、ミスリードの可能性が高いのではないかと。

・そう言えば、GNフィールドはビーム兵器も防御可能、というのがショートストーリーの方で出て来ましたね。これも何らかの伏線なんでしょうか?
 今後、スローネ三兄妹とトレミー組が対立することにでもなれば、ビーム兵器を防御出来る出来ないは確かに重大な問題になるでしょうから。けど、現段階ではエクシアとデュナメスがGNフィールドを展開出来るかどうかは不明です-いざとなればエクシアはGNソードを楯代わりに出来るでしょうが。
 まあ、大気圏突入はエクシアとデュナメス、2機とも可能な筈なのでその機能が戦闘中の防御に応用出来ないなんてことはまずないと思いますけれど。

・更に付け加えるなら、エクシアの強化パーツでGNアームズとかいうのが発表されてましたね-先週でもトレミーの操舵手が言ってたアレです。なんか、見た目は過日GFFで出た簡易型デンドロビウムに似てるなあ、というのが第一印象でしたが。
 しかし、エクシアのパワーアップよりもまずやるべきはマイスターたる刹那のパイロットとしての訓練を一からやり直すことだと思いますが。パイロットの技量では遠く及ばないから、マシンの方を強化して結果的に底上げする、というのは一見合理的ではありますがその実に安易である、としか言えないのではないですかね。
 それにこのGNアームズは見た目だけだとエクシアの特色である白兵戦に特化している、というのと真逆の方に行っているようにしか見えませんが…それとも、MAの様に大出力にものを言わせた加速力で一撃離脱の戦法を採るのでしょうか。
 けど、まあ、この辺りについてはあまり先走らず、本編に登場するのを楽しみにするしかないですね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-01-25 21:07 | 外伝「00」


<< #16 トリニティ      #15 折れた翼 >>