shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 13日

#14 決意の朝

・なんか、「00」って政治という題材に対し、不可解なまでの思い入れと言うか『かくあるべし!』という決め打ちで作っているが為に、却ってそれが災いして分かり難さに繋がってしまっていると思います。
 いい例が今回の冒頭に挿入された密談だった訳ですが、これも何となく三国の密使が集まって何やら謀を廻らすという表現にしても人革連以外ははっきりとは分からない。
 どうせなら、それまで出て来た各国首脳の側近を出せばもっと視聴者に分かり易くアピール出来るし、かなり上層部が本気であるということも見せることが出来たんではないでしょうか-って、いつものようにスーパー入れればいいだけなんですけどね。事実、アバンタイトル以降は入ってる訳ですし。
 だからと言って、曖昧なままにしておくことで何か効果があるのかと言えば、そういうこともないのですし。よく分かりませんね、演出意図が。

・と、こういう見方が『マイナスのバイアスがかかってる』ということならそれはもうしょうがないですね。実際、分かり辛いと思うからそのように書いているだけなので。
 別に高尚な思想を否定する訳ではないですし、子供騙しでいいという主張に与することでもないんですが、それにしたってもっと別のやり方があるのではないかな、と思わざるを得ないんですよね、「00」も。




・まあ、台詞で全部言ってしまってますから、CBの活動開始後に世界の紛争が38%低下し、軍需産業に関わりを持つ企業の63%が撤退を表明というのも事実なんでしょう。
 しかし、それによる世界情勢の変化と言うものが描かれないし、言及もされないので見ている自分にはそれが今ひとつピンとは来ません。
 その後のJNNの描写で企業の業績悪化や倒産、と言ったことは確かにある様子ですが、少なくとも一般市民の数少ない描写である沙慈やルイスの姿から、そうした世界経済の停滞。若しくは紛争減少による好影響、というものは見えません。と言うより、意図的にそうした部分を見せていない、という感じです。
 経済特区という特殊な地域に住んでいるのなら、株式なり、なんなりでそうした部分の変化というものに対してもっと敏感に反応してもいいのではないかと思うのですが。そういう風に描くことではじめて、前述のティエリアの台詞に説得力を持たせることが出来るのではないかと。

・アザディスタンは内紛が続く中、太陽光発電受信アンテナの建設が再開されたらしいですが、一体この後はどうなるんでしょうね。
 一連の話からすると、どうもアザディスタンはイスラエルっぽいんですが(神に約束された地、とか言ってます)、その一方で『この地を荒らす不信仰者どもに神の雷を!』とか言ってますから、この辺りの事情は米軍を駐留させた結果アル・カイダの蜂起を促進してしまったサウジアラビアとも取れます。
 まあ、何にせよ例の拉致事件をきっかけとした騒動で技術者は国外に逃げてしまっていたらしいですから、アレハンドロも色々苦労したのでしょう。内紛が続くかの国で、建設がそう易々と進むというのもこれまでの流れからすれば、嘘臭い話になってしまいますし。
 ともあれ、この件でどの辺りを落とし所とするのかは、ちょっと楽しみです。無論、このままなし崩しに建設完了、という可能性も高い訳ですが。

・で、ユニオン首脳からプロジェクトGとか呼ばれてる合同作戦計画ですが、ちょっと入り組んでいて分かり辛い、というのが感想です。
 取り敢えず、三国の思惑としてはガンダムを入手したいが、単なる合同軍事演習ではCBは動かない。なので、謎の組織が狙っているという架空の情報を流し、演習場で武力紛争が起こるようにし、CBの動きを誘発する。そうしてガンダムを出撃させ、人海戦術で包囲し、波状攻撃でパイロットを疲弊させ、鹵獲する-こんな流れでしょうか。
 尤も、これはちょっと曲解してます。この辺りのスメラギさんの台詞は以下の通り。
「どこの組織か知らないけど、この施設を標的にしてる。ユニオンか人革かがこの情報をリークして、演習場所に選んだのよ」
 これが正しいとすると、まず、最初に施設を攻撃して核汚染テロを行おうと計画している組織があり。で、この情報を入手したユニオンなり人革連が故意に「リーク」して、合同演習先に選んだ-ということになります。正直、意味不明です。
 まず第一に、どこの組織が実行するかも分からないのに、テロの標的として狙っていることだけが確定しているということ。
 まあ、余程、信頼出来る筋からの密告ないし情報提供があった、ということなのかもしれませんがだったらそんな所で演習をやったら却ってテロは行わないでしょう。成功する確率は限りなく0に近づくと思うのですが。
 で、そもそも台詞の後半が完全に意味不明。情報をリークして、演習場所に選んだってどういうことなんでしょう。リークって、漏洩って意味ですよね。テロに狙われている、という情報を漏らしたら、三国合同演習の場所としては相応しくない、と考えるものではないのでしょうか。
 この辺り、今回の話だけではさっぱり訳が分からないのですが、次の話を見れば全て分かるのですかね。曲解せずに済むなら、それにこしたことはないのですし。

・で、この件に関するCB側の認識というのは三国合同軍事演習の最中、謎の組織が濃縮ウラン埋没施設にテロを仕掛け、世界を核汚染しようというテロを計画している。
 これは紛争であり、CBが介入しなければならない…こんな感じでしょうか。その一方、冒頭から政治劇の中で主張されているのはガンダムを鹵獲しよう、ということで両者には大きな隔たりがあります。
 ってことは、CBはこの時点ではまだ三国の謀略に騙され、踊らされている、ということなんでしょうかね。
 個人的には謎のテロリスト役をPMCがやるのかな、とか思っていたのですがアリーはフランス外人部隊の軍籍を持っているということで、ひょっとしたらこの第4独立外人騎兵連隊とやらが汚れ役を引き受けるのかな、とかも思ってます。

・しかし、アリーというかゲイリーというか…仮称・ヒロシの立ち位置というのもこれでまたよく分からなくなってしまいました。
 PMC所属の傭兵かと思えば、フランス外人部隊の指揮官だったり。こうなるとあながち、PMCから奪われた、というのも隠蔽工作ではなく事実なのかもしれません。
 けど、外人部隊基地ではお客様扱いだったりもするし、妄想するにもまだまだ材料が足りませんな。

・CBに協力する為かどうかは不明であるものの、二百年前から現代にかけて相当数の科学者、技術者が失踪若しくは行方不明になっているらしいが、詳しい数は分からず(ドクターに限定すると138名)。
 しかし、そうなると食料の流れとかでばれかねない人数のような気もします。無論、今、どれだけの規模なのかは分かりませんが。

・L1には資源採掘用衛星が置かれている宙域があり、その中にCBの隠しドックはあるとのこと-クルンテープはどうしたんでしょうね。

・この時代、ナノマシンの作用によって宇宙空間における体内への影響は最小限に抑えられるらしい。別に地上に降りなくても問題なし。と、いうことは無重量下における体力の低下なんかも防げる、ということなんでしょう。
 この辺りは「∀」の裏設定と共通しているようです。

・日本はどうやら独立国で、その上で東京は経済特区として別扱いを受けている感じです。また、国軍を持っている一方、ユニオン軍も駐留しているということもはっきりしました。

・ルイスママは本国に帰ってしまいましたが、結局、ルイスの帰国騒動は有耶無耶の内に終わってしまったというのが正直な所です。
 しかし、沙慈と刹那がそんなに親密な仲だというのも実感ないですね。接触も引越しの時の挨拶を含めて(少なくとも画面上では)三回くらいしかなかったと記憶しています。
 そんなに沙慈があけっぴろげで、社交的な性格だとも思えないんですけれど。刹那は言うに及ばず。この辺も、沙慈がルイスままではなく、刹那の餌付けに成功しているならもっと説得力が出て来ようというものなのですが…。
 刹那に『平和だな』の一言を言わせたいだけだったら、もっと別の方策があったんじゃないでしょうか。例えば、ルイスママの送別会に刹那を呼び、ルイスとママの沙慈を巡るやり取りに対して発言させるとか。
 このシーン、今までの流れを半ば無視した、強引な手法に感じられました。

・アレハンドロもティエリア同様、前回刹那が採った方法には批判的のようです。ということは、前回見せた笑みは好意的なものではなく、むしろ嘲笑とか冷笑の部類だったのでしょう。

・刹那は作戦前に寄り道して、マリナの寝所に夜這いをかけます。しかし、前回の暗殺侍女の時も思いましたが、マリナの身辺警護には侵入者に対する備えというものはないに等しいようです。笊です。
 で、この行為はやっぱり死を覚悟して戦場に赴く刹那が、自分がこの世にいた証としてマリナに覚えていて欲しかった、ということなんでしょうか。
 その割りに台詞からは刹那の躊躇いや、割り切れなさ、覚悟のなさがひしひしと伝わって来る訳ですけれど。結局、今の刹那には眼前の敵を倒したり、任務を遂行するということはあっても、何をどうすればCBの理念理想を実現出来るのか、という命題に対する彼なりの答えを持っていないということなんでしょうね。
 いや、本当は前回のラストでそうしたものを手にした、ということなのかと思ったりもしたのですが、どうやらそうではなかったようです。
 しかし、こういう会話こそ隣人の沙慈とかとすればいいんじゃないのかなあ。

・そう言えば、新ガンダムのマイスター三兄妹が発表されましたね。まだ詳細は分かりませんが、取り敢えずシルエットは新OPにも登場してました-三国合同作戦で窮地に陥った4人を助けに颯爽と現れるスローネ!みたいな展開にならなければいいんですが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2008-01-13 14:17 | 感想「00」


<< 西暦2307年におけるエネルギ...      #13 聖者の帰還 >>