shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 30日

「F」#F02

・いや、てっきり今月号では人革連宇宙軍相手に暴れまわるプルトーネの勇姿が見られると思っていたのですが…思いっきり期待外れでした。正直、がっかりです。
 まあ、今月もグラハム専用フラッグの解説したり、デュナメストルペードの任務を絡ませたりと、これまで以上のクロスオーバーを強調する造りになっているので仕方ないのかもしれませんが。

・で、これはちょっと調べれば分かるので書いてしまいますが、「F」本編でグラハム専用フラッグは装甲を削ることによって徹底した軽量化を図り、それによってノーマル機の2倍の速度を実現した、ということになっています。
 さて、手持ちの資料では通常のフラッグの本体重量が67.1t(公式サイトより)。対するグラハム専用フラッグのそれは66.6t(出典は電撃ホビーマガジン08年1月号 61頁)-0.5t=500kgしか変わらないんですが。
 素朴な疑問としてのみ、挙げておきます。

・あと、これは蛇足ですが、ここでは色々書いてはいますが基本的に内容や描写そのものについては丸飲みしてます。決して全否定はしてません。
 ただ、「そりゃ、ないんじゃないの?!」という部分については突っ込みを入れている、というものです。
 譬えるなら、「00」の世界観の基礎中の基礎であるGN粒子を否定してはいませんが、それについての設定には突っ込むという感じです。
 ご了承下さいませ。



・グラハム専用フラッグに装備されたアイリス社製の試作リニアライフルは連射と一撃必殺の使い分けが出来る、ということのようです。欠点は後者のモードではチャージに時間がかかり、一発撃つと次弾を発射するのにタイムラグが生じる、と解説されてました。
 と、いうことはこのリニアライフルにバッテリーを積むなりして電力不足の欠点が克服されると、エクシアやキュリオス辺りには脅威になるのかもしれません。
 現用MSが装備する如何なる兵器でも破壊することが出来ないとも採れるGNシールドの強度ではありますが、この一撃必殺モードの連射には適わないのかもしれませんから-その一方、増加装甲のあるデュナメスや、GNバリヤーを張ってしまうヴァーチェには問題なさそうですが。

・で、前述の通りスパークの鋭い眼ではグラハム専用フラッグでは、装甲を削り、燃料もギリギリにすることで軽量化を図っているということでしたが本編での描写ではそういう感じではなかったような気がしてます。
 勿論、グラハムがエクシアに戦闘を仕掛ける寸前に増槽を切り離している、っていうことは充分有り得るのかもしれませんが。そこまで含めて、「F」でフォローしてくれればいいんじゃないかな、とか思います。
 まあ、設定頁のコラムでもスパークの見解に対する補足説明なんかもあったりしますので、そうしたものを総合して判断する必要性はあるのでしょうね-けど、このやり方だとコミックスになった時は危険ではないかな(ここに来ている方はご承知でしょうが、過去の例から言って、こうしたコラムがコミックスに掲載されることはまずないのです)。

・そう言えばこのコラムでグラハム専用フラッグの装甲には対ビームコーティングが施されている、と書かれていました。っていうことは、あの世界では機動兵器(MSの他にも戦闘機、戦車なども含む)には積めなくても拠点防衛なり、水上or宇宙艦船にはビーム兵器が実用化されているんでしょうね。
 そうでなければ、対ビーム防御の研究なんて出来ないし、また意味がないですから。

・さて、個人的な理解ではCBの基本的戦略って、相争う陣営の内一方のみに攻撃を集中させる、というものだと理解しています。セイロン島しかり、タリビアしかり。例外はあるにせよ、人革連軍やタリビア軍にしか攻撃してません。
 そうしたことから、今回のデュナメスの天柱領域での武力介入-人革連・テロリスト双方に対する攻撃には正直、違和感を禁じ得ないというのが実感です。
 まあ、これは戦力的に見劣りするCBが二つの陣営に同時に攻撃を仕掛けられない、という極めて現実的な問題だけなのかもしれませんけどね。で、今回のデュナメスは天柱に近づいた機動兵器を狙撃するだけだから、二陣営に対する同時攻撃も可能という感じでしょうか。

・しかし、今回の話でデュナメスはどうやって索敵を行っているんだろう、と改めて不思議に思ってしまいました。
 設定頁のコラムでは今回、デュナメスの索敵を阻害した人革連の水中用ジャミングは『フォトンの進行を阻害させるもの』ということだったようですが。どうしてそれでトルペードの索敵を阻害出来たのかは正直、疑問です。
 そもそも、「V」での解説ではソナーだった訳で、「音波」を用いるソナーでの索敵にフォトンが関わって来る筈がないんですよねえ。これがフォノン(音量子)ならまだ、分からなくもないかな、とおもうのですけれど。
 けど、その直後で GN粒子の秘密云々とかも書かれていますから、タイプミス若しくは誤植という可能性も著しく低いと言わざるを得ず。
 どう解釈するべきなのやら。途方に暮れてしまいます。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-11-30 13:57 | 外伝「00」


<< #09 大国の威信      「P」FILE NO.2 >>