shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 30日

F-#F01

・さて、「アストレイ」に代わるTVシリーズの外伝漫画が始まりました。今回の外伝漫画は本編と同時進行で描かれるので、そういう意味ではHJ誌の「V」と同じですね。物語とMS紹介記事、という違いはありますが。
 その一方で、この物語は先日紹介した「00」の前日譚を主題とする「P」とも密接な関わりを持っていることも判ります。それはこの二つの外伝に共通して登場するガンダムとキャラクターがいる、ということです。
 ガンダムアストレアとシャル・アクスティカ-「P」に注目することで、この「F」と言う物語の輪郭はよりはっきりするのでしょう-お金はかさみますが。

・で、これは単なる小ネタですが「F」は「007」に。また、「P」は「009」に一見見えるということからついたタイトルなのかな、とか勝手に思ってます。



・こちらの組織・フェレシュテのスペルは“FERESHTE”ですが、これはペルシャ語で「天使」を意味する言葉のようです。天上人を意味するであろうCBに対応させたネーミングなんでしょうね。
 ちなみにこのスペルはカラー頁三枚目の右端にて確認出来ます。
 この他にもガンダムの開発拠点となったスペースコロニー・クルンテープ(Krung thep)はタイの言葉で「天使の都」を意味する言葉。本編4話にも登場したコンピューター・ヴェーダ(Veda)はサンスクリット語で「知識」を表すもの。
 無論、諸々のガンダムの名前は言うまでもありません。現時点での例外はプトレマイオスくらいですかね。
 こんな感じで天界とか、神々と言ったものを連想させる単語が今回の「00」では多用されているのが特徴的ですな。まあ、それでもそのままストレートに持って来ず、一捻りを加えているのはアメリカ市場への輸出を睨んでいるからでしょうか。

・今回は本編第1話のフォローという意味合いが強く、断片的にしか見えない事象がどのようなものであったかの解題を主人公のスパークがやってくれます。
 この辺りの詳細な解説は本編に関わっているスタッフとしての千葉氏の面目躍如、ということですね。こちらが気が付かなかったのは、天柱を狙ったテロリストを評して『MS揃えるので精一杯で、ミサイルを半分しか買えないハンパなテロリスト』という指摘ですか。
 この辺りも解釈は色々出来るとは思いますが、スパークの台詞のように決行すれば死ぬ可能性が極めて高いと判っているMSテロなら、自分達の持てる力のありったけをつぎ込む方が自然かな、と思います。

・しかしながら、今回の「F」の主人公はかなり特異で、読む側の感情移入を拒むタイプの人物造形がなされているように思えます-その反面、言っていることには共感を覚えたりもするのですが。
 これは「P」でもそうだったのですが、重犯罪人を重要なメンバーとして抱え込まざるを得ないというCBは、やはり根底の所で脆弱な組織だろう、という印象が拭えません。せめて、殺人鬼のような類の犯罪者ではなく、止むに止まれず犯罪に手を染めてしまった。若しくは、冤罪を着せられた、みたいな感じの方が社会秩序に反旗を翻している組織らしいかな、とも思いますが。
 しかし、若干18歳で『争い好きの重犯罪者』とは…一体、どういう経歴の持ち主なんでしょうねえ。尤も、スパークをこう呼んだエコとかいう男も情緒不安定な印象ですが。

・さて、このフェレシュテという組織はCBがガンダムの開発を終えてから発足したということで、その目的はCBの活動のサポートです。
 が、今回の話の印象ではどうも物資の輸送や情報収集といった通常の意味でのサポートとは縁遠いような感じです。ガンダムを保有しているという点でも、遊撃任務の独立愚連隊と言う方がしっくり来るのかもしれません。
 ガンダムと言えば、「P」で登場したアストレアと「F」の設定頁で紹介されたそれでは機体のカラーが違うんですね。元々は白を基調としたものだったのが、「F」では真紅に塗り直されています。
 この辺りの差異を言い出すなら、試作機をそのまま流用しているらしいフェレシュテのガンダムにGNドライブは搭載されているのかどうか、ということもあります。
 これについてはビーム兵器を標準装備していること。更には最終頁のプルトーネが基地から出撃するシーンでは、背部から煌く粒子が噴出されているのでGNドライブか、さもなくばGNコンデンサーは搭載されていると思うのですが。
 ここまで読んで、第3話のアレルヤの台詞は?という方もおられるとは思いますが、「電撃マ王」の記事に拠ればガンダムマイスターの面々はフェレシュテの存在を知らされていない、ということになってます。
 なので、GNドライブが4基以上あってもおかしくはない、ということになってます。まあ、某掲示板でも書かれていましたが、だったらプトレマイオスに搭載してやれよ、という意見は正しいと自分も思います。

・と、まあ、そんな感じでこれからどういう風になるかはまだまだ判らない「F」ですが、取り敢えずシャルが眼鏡姐さんだったから第一関門は余裕でクリアです。
 しかし、シーリンといい「F」のシャルといい、「00」は眼鏡好きに優しいガンダムだなあ。いいことですよ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-10-30 22:43 | 外伝「00」


<< 「FRAME」第2話のこと      #04 対外折衝 >>