2007年 10月 11日

ファーストインプレッションのこと

・と、まあ、無事放映が開始された「00」ですが、設定に関しても実際に動く所を見れば色々思うところもあったりします。設定とか、設定とか、設定とか。
 なので、今日はアニメ誌で公開されたり、本編での描写などから感じたことを取り留めもなく書いてみようかな、と思います。
 ただ、あくまでもこれはファーストインプレッション-第一印象なので、この後明かされる設定やらとは無関係です。なので、今後の本編の展開や情報公開によって齟齬が出て来るかとは思われますが、その辺は予めご了承下さい。

※追記しました(10/12)



#ガンダムズ
:GNドライブとGN粒子の恩恵で、通常のMSよりも遥かに性能が上と言う設定でしたが、実際の映像でもそうした部分は強調されていましたね。
 賛否両論あるあのエクシアの動きも、他のMSのものとは一線を画している、ということの表現としては悪くなかったのではないかと思います。問題はこれを持続していけるか、ということになるのではないかと。
 で、どうやら、エクシアはGN粒子を用いることで自在に飛行出来るだけでなく、大気圏突入も可能なようです(加えるなら、あの登場の仕方を見るにデュメナスも同様に可能ではないかと推測します)。
 まあ、そうなるとキュリオスがどうして変形せねばならないのか、という明確な理由がなくなってしまうのが困りものですが。って、これはそれこそ「Z」の時代から言われていることでもありますからね。また、マスの集中とか、スラスターを一方向に向けることによる推力の増強とか、そんな説明になるのではないかと。
 じゃあ対案出せ、とか言われてもかなり苦しいレベルですよね。空気抵抗、とかしか言い訳が残されていないような。そもそも、変形しないでも飛べるなら煩雑な機構を導入しなくて済むというメリットは他の如何なるデメリットよりも大きいと思ってしまうので-やるなら他の3機との関係を端から見直すしかないですよね(これは「X」の時代から言われていたことでもありますが)。
 ヴァーチェとデュメナスはそれぞれ射撃担当ながら、前者が重装甲を売りにした高火力であるのに対し、後者は後方からの精密射撃を行うということの描き分けは出来ていたのではないですかね。
 ただ、贅沢を言うならヴァーチェのGNフィールドバリアーは見せておいた方が良かったのではなかったかと。そういう意味でも、戦場を二つに分ける意味はあんまりなかったのではないかと思います。キュリオスも変形しなかったですし。

#GN粒子
:本編の感想にも書きましたが、取り敢えず特性の一つである「電波妨害」についてはきちんと描かれていたと思います。母艦との連絡も阻害されていたようですし。作中でCBの全世界への声明放送が行われた所を見ると、GN粒子は一定期間で拡散し、その後無害になるというもののようですね。
 しかし、この展開だとGN粒子は兎も角、GNドライブについての作中での説明は望み薄かな、と思います。今更のようにメカニックがマイスター諸氏にレクチャーする、とかいう展開でもあれば別でしょうが、それでも端的な説明しか出来ないような気が。
 GN粒子そのものについてはAEUなり、全革連なりの情報分析ということで電波を阻害する特性を持つ、くらいの報告を上げるシーンとかがあるのではないかと思ってますが。まあ、こんなことを言い出したらかの「機動戦士ガンダム」でも堂々と作中でMSの戦術的優位を説いた訳ではないので、差別になってしまいます。
 ここは画期的な動力源、程度の説明があればそれで良しとすべきなんでしょう。
 あと、断定は出来ないのですが、どうやら母艦のプトレマイオスにも設定画を見る限りではGNドライブを用いた推進システムが搭載されてるっぽいですね。だとすれば、これはナイスな考証ではないかと思います。
 やはり、最初から小型化されているというのには無理があるとおもうので。RX-78のビームライフルではないですが、まずはある程度の大きさで実用化されて、徐々に小型化されて行く、という方が自然ではないですかね。

#3陣営のMS
:ユニオンとAEUは友好関係にある、ということでイナクトのロールアウトにもグラハムらが招待されていたんですね。MSの技術供与も行われているらしいのですが、それにしてもイナクトとフラッグは似すぎではないかな、と思います。
 リアリティを出す為だったらしいですが、やりすぎても却って逆効果なんではないですかね。あと、イナクトとヘリオンが似てるのも。あくまでもイナクトがユニオンの技術を参考に作られた、というのであればその前に設計されたヘリオンとはスタイルを変えておいた方が良かったのではないかな、と考えます。
 で、本編でこれからどう表現されるのかは不明ですが、AEUではまだ機動エレベーターは完成していないそうです-第1話を見る限りではそうは思えませんでしたが。にも関わらず、イナクトには太陽エネルギーを無線送電されて動く、という設定があります。この辺りはどうなるのか、ちょっと楽しみです。
 あとはイナクトとフラッグの見せ方をどう差別化を図るのか、ですね。いや、似た機体なんだから、似たような戦い方になるよ、でもいいんですけどね。
 全革連のMSはいきなり、宇宙型の登場です。ガンダムより弱いのは当たり前としても、せめてテロリストが使っているヘリオンと比してどっちが強いのか、くらいは見せてくれるべきだったんではないでしょうか。
 しかし、大量生産&横流しでテロリストに渡るMS、っていうのも凄いなあ。高すぎる運用コストってことはないんでしょうねえ、きっと。テロリストがRPGを使う感覚でMSを使える世界なんですね、あのBCは。だとするなら、CBのあの全世界への声明が然程民衆にインパクトを与えていないように見えたのも、無理もないことなのかもしれません。だって、テロリストがMSで普通にテロを起こす時代なんですから。
 そう言えば、1話の冒頭に出て来て刹那を襲ったMS群は現時点では正体不明であると思われます(少なくとも、公式サイトでは確認出来ません)。まあ、全革連の旧式MSではないかと思われますが、この辺りは電ホ誌で展開するらしい「00P」でフォローするのではないかと推測します。

#謎のMS
:まあ、これについても色々噂が飛び交っているようではあります。勿論、正体不明に描写されているのですから当然と言えば当然なんですが-あまりに正体不明に描写されすぎて、あれがフックであったことに気が付かなかった人も少なくはないようですから。
 個人的な考えと、ネットで散見したものに加え、翌日友人なんかとの話した中で出て来た正体としては大別して二種類ありました。
 一つは、既にCBがあの時点で開発していたガンダムタイプのプロトタイプで、正式番号がGN-000というもの。即ち、ガンダムダブルオー(00)であり、全てのガンダムの祖となった機体である、と。
 もう一つはあれは未来からやって来た機体であり、時代水準を遥かに超えたGNドライブとその応用たる超技術は、あの機体を解析して得られたものである、というもの。まさしくブラックテクノロジーであり、4機のガンダムの外見もそれを真似したので似通っている、ということになりますね。
 前者なら200年前に創設されたCBはあの時点でGNドライブ技術をほぼ、完成させていたということになります。また、後者であるなら創設されたはいいものの、実効的な活動が出来ないでいたCBが未来の超技術を得て、漸く活動を開始したということになるのではないでしょうか。
 で、後者の予想が当たっているとすると、謎MSのマイスターはティエリアだった、なんて妄想も可能になるのかな、と。だからこそ、氏素性の一切が謎になっていると。戸籍すらなくても、それはそれで当たり前-ってこれ、なんて「ALIVE」ですか。
 他にはRX-78-2そのものだ、とか言っている人もいましたが、まあ、流石にそれはないだろう、ということで。
※どうやら、この機体は0(オー)ガンダムというらしいですね。HGエクシアのインストにて名前だけ紹介されてました。尤も、名前以外は相変わらず不明ですが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-10-11 12:45 | 設定「00」


<< HGガンダムエクシア インストのこと      ミノフスキー・フライトのこと(... >>