2007年 08月 27日

機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYSのこと

・と、いう訳で正式に発表になった「ASTRAY」の新シリーズですが、繰り返しになりますが残念なのは「A」ではなくて電ホでの連載だということ。まあ、「OG」の漫画も載ってるし、両方買ってもいいんですけどねえ…踊らされてるなあ。
 そう言えば、今度創刊される児童向け雑誌「ケロケロエース」でも「00」が連載されるというし。こっちは「リーンの翼」のコミカライズをなさった大森先生なので、何気に期待も大きいです-って、意外とこれ知られていないような。
 今、ケロケロエースのおためし号が出ているので、ひょっとしたら大きな書店ではまだ配っているかもしれませんから、気になる方は探してみるのもいいかもしれませんね。
 
・現時点ではまだストーリー自体に関する記述はなく、細かな部分についてが発表されるに留まってます。従って、本編や外伝シリーズの中の何処に位置づけられるのかも不明です。
 ただ、「種運ASTRAY」よりも前、ということはないのではないかな、とも思います。個人的には「Δ」と並行して進んで行くのではないかとも思っていますが。主役が劾らしいので、「Δ」では構想はあっても結局描かれなかった、ということを考えるならそうななるのではないかな、と。
 そしてこれが劇場版への布石となるのなら、当然「X」のようにお話とお話の間を補完する、ミッシングリングとしての機能も果たすのではないかと期待しております。

・メカに関してはブルーフレームがサードになったり、第四のアストレイが登場したりと、色々仕掛けは用意されているようです。戦後活躍したらしい種運後半の頃に活躍したと思われるワイルドダガーなんかも出番があるのかもしれませんね。
 ちなみに、濃いファンの間では周知の事実だったらしいですが、小説版ASTRAY2巻5話が発表された段階でヘリオポリスでロールアウトしたASTRAYシリーズは3機から5機に増えています。なので、最新の資料では『現在確認されている3機(データコレクション19:75頁)』のような曖昧な書き方になっているのでしょう。
 余談ですが、このP04及び05は予備パーツ状態だったらしいので、こういう状態のものは厳密に言うとロールアウトとは言わないようです。あくまでも、「完成機」に対してのみ使われる用語なんですね。
 まあ、フィクションと言うのは伏線とまでは行かなくても、後々使えるかもしれないという曖昧なものは入れておくものですから。ここまで書いておいて言うのもなんですが、上手く使ってくれるならASTRAYが何機あってもいいんじゃないですかね。

・個人的にはサードへの改修を誰が行うのか、が気になっています。新キャラを出す、ということでなければロウかユンって所なんでしょうけど。
 どちらにせよ、ビームシールドは必須だと思いますね。機体の軽量化を最優先課題にする劾にはぴったりの装備でしょうから。
 あと、緊急加速用にVLをつけるのもロウならやりかねないだろうなあ。まあ、幾らなんでもハイパーデュートリオンは装備しないと思いますけど。
 まあ、何はともあれ次号が楽しみですね。

※某氏よりご指摘を受け、ワイルドダガーに関する記述を訂正しました。
 下の補足を読んで頂ければお分かりになると思いますが、解説原文には戦後を示すどころか、具体的な活動時期は一切書かれておりません。
 「戦後」というのは当方の思い込みと勘違いでした。ここに記事を修正するとともに、今後はきちんと資料に当たるという行為を徹底して行くつもりです。本当に申し訳ありませんでした。



・GAT-X399/Q 地球連合軍試作型可変モビルスーツ“ワイルドダガー”

 GAT-X399/Qワイルドダガーは、地球連合軍の可変モビルスーツ試作機だ。300番代の形式番号が示すように、この機体はX303イージル、X370レイダーの系譜に連なる可変フレーム構造である。開発のベースとなったGAT-02L2ダガーLからは、多数の部材がアッセンブリー単位で転用された。
 地球連合軍は、不整地での戦闘においてザフトの四足獣型モビルスーツ、TMF/A-802バクウ、A-803ラゴゥの驚異的な機動性能に苦戦した。ワイルドダガーは、この四足獣型機に対抗することを目的に開発されたものだ。形式番号の末尾に付された「Q」は「QUADRUPED/四足獣」を意味する。しかし本機の開発は、その経費の膨大さ故に当初から疑問視され、さらに両陣営が停戦に踏み切ったことが決め手となり凍結された。計画が再開されたもは、ユニウスセブンの落下を契機とした開戦の直前、地球連合軍が不詳のルートにより入手したザフトの新鋭四足獣可変型モビルスーツ、ZGMF- X88Sガイアの構造解析が大いに寄与している。当初、純粋な四足獣形態機として開発がスタートした本機が二足/四足遷移機能を備えた可変機ワイルドダガーとして誕生した理由は、この点にある。前述したちょうにダガーLと多くのアッセンブリーを共通化することにより、新鋭機としては破格の低コストで製造することができることも特筆に価するといえよう。
 今次大戦では、地球連合軍の性格が対内抑圧軍へと変容した。それを反映して、ワイルドダガーは対モビルスーツ戦よりもCOIN(counter insurgency 対ゲリラ・対暴徒)戦に特化した機体へと変貌する。四足獣形態時の頭部に位置する長大な対地用46ミリ六銃身ガトリング機関砲は、その象徴である。背部のターレットは規格がユニバーサル化されており、実体砲、ビーム砲、ミサイルランチャー他多数の装備を搭載することができる。腰部にはティルト式ピポットにマウントされたビームサーベルを装備する。このサーベルは四足獣形態時、機体側方に展開して移動しながら標的を切断することが可能である。尾部には175ミリ多目的滑腔砲を搭載している。本砲の精密射撃時には、機体を前後に倒置させ、四脚を調整して俯角・仰角を制御する。この砲は、四脚での移動中も発砲可能なため、撤退時に追撃してくる敵の撃破にも有効とされる。また、ベースとなったダガーの腕部ハードポイントが存続装備となったので、シールド等が搭載可能となっている。
 ワイルドダガーは試作機でありながら、72機もの大量発注がおこなわれ、うち70機が実際に製造された。反連合勢力の掃討を主務としたCOIN戦において、ワイルドダガーが敵に与える心理的威圧効果はその機動性能以上に絶大であった。

・ちなみに、ネット上ではワイルドダガーの活動時期を種運本編後とするものが散見されますが、これは解説文中の
>反連合勢力の掃討
という部分を拡大解釈し、そうした活動は対プラント戦の最中には行われないだろう、という解釈がなされたからではないかと推測します。
 しかしながら、実際にはガルナハンでの抵抗運動が武力で抑えつけられていたり、親ザフトの都市をデストロイが焼き払うなど、対外戦争と同時進行で内部の反乱勢力の粛清が行われていたことは本編で明らかになっています。
 また、開発時期も具体的には不明ですが、少なくともヘブンズベース攻防戦においてワイルドダガーが出撃しているのは間違いない所です(MSV戦記)。幾ら開発の再開がユニウスセブン直後とは言え、現に実機が出撃している以上、ヘブンズベース戦に間に合う程のスピードで開発は順調に進んだということなのでしょう。
 こうした部分から考えるなら、ワイルドダガーは本編中の時系列後半の頃にはロールアウトして実戦配備が開始されたのではないかと、考え直すに至った次第です。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-08-27 09:36 | アストレイ


<< サナリィのこと      「00」スタッフ&キャスト公開のこと >>