shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 07日

「Δ」2巻のこと

・さて、千葉氏のブログではしきりに続くと言われています「アストレイ」ですが、このコミックスの帯にはしっかりと「シリーズ完結編!」と大きく書かれております。ええ、そりゃあもう。
 意外と次にやるのは「アストレイ」は「アストレイ」でも「機動戦士ガンダム00 ASTRAY」だったりして…って、シャレになってないなあ、これ。

・と、まあ、若干どころかかなり冷めた目で見てみると、「書き下ろしが~」とか言われていた割には、どうも今ひとつパッとしないなあ、と思えて仕方がないんですよね。
 いや、だからこそ「STRAGAZER」のコミックス書き下ろしが胸に響いたのかもしれませんけれど。
 個人的な感想を言うなら、セトナのよく分からない話に頁を割くよりも、もっと本編のオチや「PHANTOMPAIN REPORT」にも絡んで来る地上のジャンク屋との関連にスポットライトを当てるべきだったんではないかな、と。
 それでこそ、より一層「PHANTOMPAIN REPORT」が楽しめるものになるのではないかと思うので。

・そう言えば、結局、プレアの幽霊の話ってそれっきりでしたね。尤も、監督談話を最優先するならC.E.世界にはああいう非科学的存在はありえない、ということらしいので真っ向から否定されてしまうんですが。
 それと、セトナの神出鬼没さもなかったことに。それこそ、足代わりのディアゴのMSには試作型のVLが搭載されていて、セトナはこれに同乗しているからいつでもどこでも現れる、くらいのことは言っても良かったんじゃないかなあ。
 そういう意味ではセトナとディアゴっていうのは、2シリーズに跨って登場した割にはあんまり意味のないキャラクターになってしまったと言わざるを得ないのではないですかね。それでいて、惜しくもないし。

・そう言えば、最後の決戦で何故ロウはレッドフレームを持って来ていないのか、という至極尤もな疑問を投げかけている人もいたなあ。
 で、そういうことを言い出すと、ならどうしてジェスがいるのにカイトがいないのか、ということにもなってしまうんですよね。ジェスをかけがえのない友人と認識しているカイトが、少なくともデストロイが襲って来るような隠れた最前線に一人だけ置いておくような、そんなことをするようには思えないのですが。
 そういう意味では、コミックスの書き下ろしはそういう矛盾を解消する為に使っても良かったかもしれませんね。っていうか、どうせ最後なんだからと開き直ってサーペントテールからエド、ミナとオールスターキャストでの最終回にしてしまえば、それなりにお値打ち感のあるものに仕上がっていたのかも。
 何せ、例の「天空の宣言」に従うなら、アキダリアの面々もミナとその一党の守護を受けて然るべき存在でしょうから。

・設定話では、おそらくこれが最後であろうVL絡みのコラムが載ってましたね。取り敢えず、エネルギー転送は従来のVLの機能を元にロウが発展させたもの、ということのようです。
 こちらのコラムでは受信側に改良を加えた、ということになっていますがスターゲイザーのプラモのインストでは「パワー受信アンテナ」ということが明記されているので、整合性を考えるなら送信側のΔに一工夫加えた、とする方が良かったでしょうね。
 で、もう一つのターンΔの持つVLのみの機能として、ビームシールドとしても使用出来る、ということになりました。
 ただ、こちらもよくよく読むと
>ターンΔの光の翼は、アルミューレ・リュミエール(光波防御シールド)の「光の盾」を、推進力を持つVLで包み込む構造になっている
とか書いてあって、シールドの上から推力が発生しているということになっております。正直、意味不明です。百歩譲っても、説明不足の謗りは免れませんね、この文章。
 別にこんな訳の分からないことをしなくても、スターゲイザーは光のリングで敵MSを切断したりしているので、それの数を増やせば攻防一体の武器になるんではないかな、とか。
 或るいは、どうやってもALとVLという二つの異なる技術を融合させたいのなら、VLの光の翼の外側をモノフェーズタイプの光波シールドで覆ってやるべきだったんではないですかね。
 モノフェーズ式ならば、外部からの攻撃は防御する半面、内部よりのエネルギー放射は素通りですから。これなら光の翼を防御に使用しつつ、推進力としてもなんら心配なく用いることが可能となります。
 いや、まあ、最後の最後まですっきりしなかったですねえ、「Δ」は…。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-07-07 19:33 | アストレイ


<< 7/10付け、情報のこと      軌道エレベーターのこと >>