shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 28日

STARGAZERのコミックスのこと

・「エピローグがあるから買っとけや、ゴルァ!」というメールが某友人氏から来たので(大嘘)、取り敢えず何の期待もせず買ってみました。
 ところが、予想以上に書き下ろし増ページで吃驚しましたよ。
 あのエピローグは賛否が分かれる所だとは思いますが、それよりもそこに至るまでの物語を書き足していることに好感を持ちましたね。
 正直、「A」の連載中は映像本編をなぞっているだけで、あんまり面白みのないコミカライズだとしか思っていませんでした-だからこそ発売日に買っていなかったし、買うときも上記の通りだった訳です。
 が、コミックス化に際して、本編でばっさり抜け落ちていた各キャラクターの掘り下げが書き足されていて、かなり食い足りなかった上に消化不良気味だった「STARGAZER」という物語がきちんとした物語になっていた、と思いました。
 いや、これは嬉しい誤算ですよ。

・そういう訳なので、連載当時の漫画を読んでいてダメ出しをしていた方がもしおられたら、是非、コミックスを購入される事をお勧めします。
 具体的などうこうの詳細は避けますので、コミックスを読んで嬉しい衝撃を味わっていただきたいです、ハイ。
 しかし、「種」っていうのはこういう運命なんですかねえ。本編映像がどうにも消化不良で、そこの足りない所を各種コミカライズで補って貰うという「運命」-嫌だなあ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2007-06-28 23:55 | コミック


<< 軌道エレベーターのこと      機動戦士ガンダムUC 第7話のこと >>