2006年 12月 29日

“STARGAZER COMPLETGUIDE”のこと

・確かに、この本は帯ににも書いてある通り『ストーリーダイジェストから設定解説、プラモデル作例まで』載っていますが、その後に続く『充実の内容』というのには程遠いと思います。
 何せ、薄い!
 定価2,200円(税込)なのに、実質頁数は90頁強しかないですから。それで上記の記事三種類を載せてしまったら、それぞれが広く浅くになってしまうのはどうしようもないことなのかもしれません。
 あ、最初に断っておきませんでしたが、自分、模型は素人です。ので、ひょっとしたら模型の作例の記事については正確な判断ではないかもしれません。
 実際、頁数では模型関連の記事に一番割かれていますしね。それなりにボリュームはあると思います。けど、自分みたいに設定目当てに買った人間にとっては正直、いらない頁でありますから。
 そういうことですので、模型関連については正確な評価になっていない可能性が高いことを、ここで改めて書き記しておきたいと思います。

・設定についてはこれまでここでも繰り返し書いて来たことが大半で、新しいものは全くと言っていいほどありません。そういう意味でもがっかりでした。
 問題のVLもこれまでの両論併記に留まっていますし。ただ、ΔのVLについては
>ただしスターゲイザーと違って惑星間航行を念頭に置いていないデルタアストレイにおいては、今のところ高出力の推進器としてのみ使用されているようだ
という文章が書かれていました。
 あ、あと、僕の記憶違いでなければ-という注意書きつきではありますが予想通り、アクタイオンプロジェクトの設定が変更になりましたね。具体的にはユニウス条約が締結されたのを受けてではなく、単純にファントムペインが独自に兵器開発を行っていた、ということになってます。
 目新しいのはその程度でしょうか。

・しかし、高い金を取るのですから、もう少し突っ込んだ解説と言うか、推論とかを載せてくれよ、というのが本音ですね。
 無論、サンライズ側のチェックと言う問題もあるのでしょうが、それならそれで今月の「電ホ」誌のように直接、森田氏にVLに関する文章を依頼するとか。それなりの抜け道と言うか、裏技はあったと思うのです。
 もうちょっと、読者のニーズを汲み取った編集をしてくれよ、と言いたいですねえ。



・定価2,200円(税)は高い! 正直、アニメのファンと言うだけでも高いし、ガンプラ好きというだけでも「う~ん」という感じではないかと思います。
 アニメもプラモも、両方大好き! という方にしかお勧めしません。
 ちなみに自分は、清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ち&遅れたクリスマスプレゼントという自己欺瞞でお金を払いました。
 けど、少し後悔しましたね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-12-29 12:21 | 書籍


<< 小ネタのこと、ならびに年末のご挨拶      「Δ」第7話の感想のこと >>