2006年 09月 26日

ノワールストライカーとI.W.S.P.のこと

・さて、今月末の諸雑誌において、また新しい設定が公表されたのですが個人的には表題の件について、ちと首を傾げております。
 ぶっちゃけ、またもや整合が取れていないのではないか、ということなのですが…整理して行けば何か見えて来るかもしれませんので、思いつくままに書き上げてみましょう。

・で、今回はっきりしたのはスウェンはストライクノワールを受領する前はストライクI.W.S.P.に搭乗していた、ということ。そして、ノワールストライカーはその際のデータを基に設計、製作されたということ。
 ここまでは「A」とHJ誌にも共通しているのですが。
 問題はここから先で、二つの記述があるように思えること。
 「A」ではストライクノワールは-というかノワールストライカーは、新規に製造されたI.W.S.P.を改造・改修して造られたもの、ということになっているのですね。
 一方のHJ誌でのキャプションではより詳しい経緯が説明されているが、結論としてはノワールストライカーは新規に製作された、ということになっていると思うのです-この辺り、相変わらずの立ち読みの記憶のみなので、違っていればご指摘頂きたいと思いますが、今はこれを前提に話を進めます。

・更に今回の「Δ」では5機のスローターダガーが、それぞれ異なるストライカーパックを背負って火星人達の敵として登場するのですが、この中の一つにI.W.S.P.を搭載した機があるからややこしいのですね。
 こちらについての解説では『オーブに残されていたパックを修理調整したもの』ということになっていますが、そうなるとI.W.S.P.は都合、3ヶあったことになるのではないかな、と。
 何故、3ヶなのかと言えば、「アストレイ」の中で前戦争末期において宇宙に逃れたクサナギに、ルージュ用としてI.W.S.P.が搭載されていることが明言されているからです。
 また、本編のOPでもストライクルージュに装備されている姿が確認出来ます。オーブから国外逃亡したアークエンジェルにストライクルージュが搭載されっぱなしだったことを考えるなら、このカガリ用のI.W.S.P.が今回のスローターダガーに流用された可能性は低いのではないかと思うのです。
 
・なので、今回スローターダガーに装備されたI.W.S.P.はスウェン機に用いられていたものの流用(「A」説)か、さもなくばオーブ本国に眠っていた予備パーツの類を組み上げて使用している(HJ誌説)のどちらかなのではないかと。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-09-26 21:38 | 設定


<< 「Δ」第4話の感想のこと      ビームブーメランのこと >>