shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 15日

ビームブーメランのこと

・今月号のNT誌では、あたかもスターゲイザーとストライクノワールが戦闘するかのような絵が載っておりました。
 そして、そこには“ヴォワチュール・リュミエール”の解説として『太陽風を量子の幕で受け、帆船のように推進できるMS。背面のリングはそのための機構だが、これを攻撃的に使う事も可能らしい』という一文が。
 こうなると、スウェンと無人機の戦いが繰り広げられるのか、という気になってきますね。

・さて、大気のある場所-地上やコロニー内ならともかく、大気も重力もない宇宙空間で何故、各種ビームブーメランは戻って来るのでしょう。
 正直、理解出来ませんでした。まあ、バーニアが内蔵されていて、宇宙空間ではそれを噴かして挙動を操作しているのだろうと思っていたのですが。
 ですが、ある日ブーメランが戻って来る原理というものを知り、これなら宇宙空間でもありかなあ、と思いました。
 詳しい原理はリンク先を見て頂くとして、ブーメランが歳差運動で戻って来るのなら、それを機械的な重心等の操作で再現してやればいい訳ですから。
 おそらく、投げる際のマニュピレーターの勢いや、パイロットの目測やらを自動的にデータ化し、それによってどういう軌道を描くかをビームブーメラン側のコンピューターが決定するのではないかと思います。
 あと、現実のブーメランは標的に当たると戻っては来ないらしいので、そういうコントロール用にもバーニアorスラスターが装備されていると考えるのが妥当ではないかと。

・ですが、これにも裏話とでも言うべきものがあり、『ストライクルージュ+I.W.S.P.』のインストのビームブーメランの項には、
>ビ-ムブレードに対する干渉反応を利用し、飛翔経路をリモートコントロールすることができる投擲兵器。Nジャマーの影響を受けずに使用できる。
ということが書かれております。
 正直、意味不明ですが。これをそのまま信じれば、Nジャマー散布下でも遠隔精密誘導が可能になる、ということになってしまうんですがねえ…はてさて。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-09-15 19:38 | 設定


<< ノワールストライカーとI.W....      ビームシールドと対ビームシール... >>