2006年 08月 25日

模型誌のこと、あれこれ

・電ホに「種運アストレイ」の番外編-SpecialShot001が掲載されましたね。タイトルは「オーブの女神」ですが、「Δ」の公式サイトに出た第3話の予告を見る限り、こちらとリンクした内容になっている様子。
 取り敢えず、Δアストレイと天ミナは互角の性能を持っているようです-若しくは天ミナの方が上か。
 あと、マティアスに代わるジェスの新たなパトロン的存在としてミナが-カガリの結婚式をジェスが正式に取材出来たのは、ミナの声掛かりのお陰.
※セイラン家は新たに五大氏族に入ったもので、五大氏族はその時々で入れ替わるという設定らしい。
 また、セイラン家はサハク家に近い性質を持った家系で、軍事を重んじ、陰謀・策略を良しとするのだとか-以上、ミナの台詞より。
 なかなか凄まじい、後付け設定ですね(8/28追記)。

・HJ誌では天ミナのオプションパーツ・オキツノカガミが「MSV」として登場。これは攻防一体のビームシールドで、「天空の宣言」以来連戦が続くミナと天ミナの戦いを楽にする為にユンが考案したもの。
 ちなみに、ビームシールドの技術は“ハイペリオン/ロウ”経由でギルドにももたらされているようです。個人的には核エンジンでも搭載して無制限のミラコロにするか、ツムハノタチマガノイクタチを完成させてやれよ、という気がしないでもないですが。
 余談ですが、NJジャマーの技術はザフトから持ち込まれた核エンジン稼動式のミーティア05/06がありましたから、これのデータを解析しないプロフェッサーではないと思われます。
 いずれにせよ、あんまり、天ミナにはビームシールドは有り難くないと言うか、相性が良くないのではないかと思います。

・同じくHJ誌では「シヴィリアンアストレイDSSDカスタム」なる、出自不明の機体の画稿が公開されました。
 これは「STARGAZER」第2話にてちょこっと出て来た機体でしょう-DSSDトロヤステーションのシーンではないかと思います。
 ただ、ここまで来るともうアストレイというのは名ばかりの、完全な別系統のものではないかという気になります。顔はMSというよりはラウンドバーニアンだし、背部のメインスラスターはトールギスにも少し似ているし。
 「電ホ版(下)」のMS開発系譜にこそこの機体は乗っていませんが、敢えてその中で類似のものを探すとすればMBF-Pシリーズとレイスタからの流れを汲む“量産型アストレイ”というのが一番近いんでしょうか。
 まあ、だとしてもM1アストレイとレイスタと、この量産型アストレイの明確な差は何処にあるのか、という問題も出て来るとは思いますが。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-25 18:59 | アストレイ


<< 鋼鉄の七人 第3話のこと      「STARGAZER」第2話のこと >>