shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 20日

「STARGAZER」第2話のこと

・いやあ、第2話が配信開始されているの、昨日会った友人に言われるまですっかり忘れてました。
 第1話は殆どストラクノワールも活躍せず、正直「主役機の見せ場がないのは種運の御家芸だからな!」という気分でしたが、取り敢えず今回はそれはなかったですね。
 まあ、それ以外にも色々あるのですが。



・スウェン達が受けていた対コーディネイター用の訓練って、要は冷戦真っ只中の米ソ両軍がやっていた新兵養成システムの焼き直しってことですよね?

・結局。前回ラストの子供が操縦していたMS、というのは子供のコーディネイターがゲリラ戦を活動し始めた、で終わりなんでしょうか。
 なんだそりゃ。それとも、暗くてよく判らなかったけど、ジンイサージェントを操縦していて死んだあの三人が、犯行声明ビデオに出ていた子供と同一人物なのかな。だとしても本当に分かり辛い。
 せめて、あの子らがコーディネイター難民キャンプの出身だったから、とかやってくれればまだ分かり易くなると思うのだが。

・キルギスを襲ったザフトらしき部隊は対デストロイ戦を想定していた?-だとすると、議長らザフト上層部はデストロイというとんでもない兵器の存在を知った上で、前線には教えなかった、ということになるのだけれど…。

・そう言えば、スウェンの上司はホアキンなので、「Δ」に出て来た司令官と同一人物だったようだ。正直、似てないけど。

・回想シーンでアズラエル登場-台詞はありませんでしたが。どうせなら、ジブリールも出してしまえば良かったのに。
 ただ、そうなるとブルーコスモス内で生体CPUと対コーディネイター戦用エリート兵士はアズラエルの管轄で、エクステンデッドがジブリールの担当だったのかな、とか妄想が広がりますが。
 で、鷹派の二人は実は仲良しで『アズラエル、君の悲願で私の理想だった我々の牙-ファントムペインが完成したよ。是非、君にも見て欲しかった』とかジブリールに言わせて見るとか。

・スローターダガー部隊を率いる際はヴェルデもブルも出番なし。だって、空飛べないし、ストライカーパックも取り付けられませんから-orz。
 だったら、あんな大仰な改修する前にちゃんとするべきことはしておけと。

・漸くの戦闘シーンも、ヴェルデバスターもフルバーストモードはなし。最終回に取っておくのだろうか。それとも、ナチュラルには出来ないってことなんだろうか。

・ブルデュエルは雪原の戦闘でケルベロスバクゥハウンドであろうMS三匹がかりで襲われ、ビームファングとでも言うべき獲物で大破。パイロットのミューディーも死亡した様子。
 だからフォルテストラはPS装甲ではなく、対ビーム装甲にしておけと。

・オクレ兄さんとステラがボナパルトと思しき地上戦艦-スウェンらが警護任務についていたらしい艦-にやって来る。仮面の大佐は見えず。ファンサービス、なんでしょうねえ。
 と、いうことでここの場面転換で数ヶ月開くことになるので、「Δ」はこの辺りを埋めることになるのでしょう。

・一人減ったスウェンら特殊戦MS小隊の次なる任務はDSSD宇宙ステーションへの潜入と、GSX-401FW スターゲイザーの奪取ですか。
 と、言うことはクライマックスはスターゲイザーとストライクノワールの一騎討ちなんでしょうか。

・そのスターゲイザーに搭載されていたヴォワチュール・リュミエールは太陽風を受けて推進する、ソーラーセイルでした。C.E.世界で言うところのフレアモーターの一種ですね。
 ただ、それだとするとΔとの整合性をどうするのか、という難問が控えていると思うのですがね。

・エドモンドは死んだのかどうか、分からず。最期の決戦シーンではDSSDアストレイを駆って参戦するのかな?
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-08-20 11:37 | 感想


<< 模型誌のこと、あれこれ      パワーエクステンダーのこと >>