2006年 06月 07日

覚書このこと

・「STARGAZER」絡みで新たに起こされた「ファントム・ペイン」の設定の中に「核駆動MS」が配備されているという項目があります。
 ただ、問題は一体どの機体が「核駆動MS」なのか、ということです。ネット上ではデストロイではないか、という意見もありましたが、現実問題としてデストロイはその動力源に関する記述が全くありません。
 確かにあの図体にあの重装備ですから、普通に考えれば核駆動としか思えないのですがね。

・自分は今更ですが、ファントム・ペインが保有する「核駆動MS」とは「NダガーN」ではないかと推測します。
 その理由として、まず第一に「種運」に登場するMSの中で核駆動が確認出来る数少ないMSだから、というのが挙げられます。
 この他は打撃自由、無限正義、運命、伝説、ドレットノート、テスタメント-こんなもんではないかと(ジャンク屋の核駆動ミーティアを除く)。
 前の四つはもう完全に陣営が決定されていますし、ドレットノートとテスタメントは傭兵さんのものになってしまいました。まあ、テスタメントはファントム・ペインではなく「一族-特務情報部」のラインで使われていたと思われます。

・で、消去法で残るのがNダガーNという訳ですが、無論それだけではなく。「種運MSV戦記」第2話において『ロゴスの戦力(要約)』という形で登場しているのも、大きなポイントではないかと思います。
 確かに、NダガーN自体は連合軍の開発ですが、機材は共通ということなので別段目くじらを立てることでもないのでしょう。ウィンダムだって、連合軍が開発したMSであり、ロゴスがファントム・ペイン専用機としたものではないのですから。
 個人的には「STARGAZER」本編にNダガーNが登場するのを期待したいですね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-06-07 20:22 | 設定


<< 「STARGAZER」プロモー...      先月(06.5月)のアクセス分... >>