2006年 06月 02日

新型エンジンの正体のこと

・ええ、「シャア専用ブログさん」の6/2付けの記事によりますと、「種運」設定の最大の謎の内二つが一気かつ公式に解明されたようです。
 ネタバレなので、一応隠しておきます。

・書き忘れてた。
 今回のネタのソースはこれです。

※動力源廻りの過去の記事

・新動力源のこと、加えてデュートリオン送電システムとMSのバッテリーのこと

・ハイパーデュートリオンのこと

・核動力システムのこと

・打撃自由&無限正義の新型エンジンのこと



・まずはこれを見て頂きましょう。

b0050826_18231749.jpg


 まあ、そういう訳で新型エンジンはハイパーデュートリオンだった、ということに落ち着いてしまいました。
 なら、何故最初からそう言わなかったか、という疑問についてはクライン派の情報操作という辺りが落とし所ではないかと推測します。

・ただ、気になるのはこの発言主氏が
>パワーダウンに関しては、二つのジェネレーターが相互補完しているので、理論上はありえない
と言っていること。
 この発言を尊重するなら、新型エンジンはデュートリオンの燃料とも言うべきペタトロンを精製することが出来るが故に“新型”という冠を付けられた、と考えることも可能かもしれない。
 核エンジン内で消費される核燃料がザフト脅威のメカニズムによって転換され、ペタトロンが精製、供給されるというまさに相互補完-んな訳ないか。
 けど、そうでもないとまた以前発表された設定と食い違ってしまうんだよねえ。困ったもんです。

・で、以上を踏まえてデスティニーのエネルギー切れはバッテリーへのチャージが追いつかなかったから、ということで決着落着。
 それ以外にないだろうし。画面に出ない所でシンは激しい戦闘をしていたのでしょう-多分。

・けど、これで「Δ」で新型エンジンのことが語られるのではないか、という予想はあっさりパーになってしまいました。
 さあて、どんな謎が明かされるのでしょうねえ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-06-02 18:57 | 設定


<< 先月(06.5月)のアクセス分...      06年7月号のこと >>