2006年 02月 27日

SCOOP-20 併せて今後の展開のこと

・取り敢えず次号でときた版は完結。ただ、これで終わりではなく新企画も立ち上がっているらしい・・・これがここ数日騒がれているOVA「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER(仮)」なのかどうかは不明。
 ただ、原作者の千葉氏の文章によると「アストレイ」の新シリーズはTVスタッフの一部も参加する、という書かれ方なので、その可能性も多分にあるのではなかろうか。
 新主人公、新ガンダムによる新たなアストレイシリーズであるなら、「X」においてその実績もある。
現時点でのタイトルにはC.E.73と銘打たれてはいるものの、ストーリーが展開して74年になった所で別におかしくはないだろうし(U.C.0079年の物語でも「0080」というタイトルになったこともある)。
 少なくとも、ときた版はブレイク・ザ・ワールドから暫く経った辺りで終了するのだろうから、新シリーズがその直後から始まると考えても不自然ではない。
 何より、本編のメインスタッフは年内に4本出すスペシャルエディションの方にかかり切りになるだろうから、その間を埋めるにはOVAという展開は丁度いいのではないだろうか。
 ひょっとしたら、新アストレイの主人公は火星帰りの謎の男なのかもしれない。

・肝心の漫画本編の方はここに来てちょっと足踏みな感が否めない。これは次回の最終回に、ミナの構想の発表をするのに合わせたからではないかと思われる。
 その分、ロウの消息や経緯が説明されているものの、そういう意味ではインターミッション的な回だった。
 なので、あんまり感想らしい感想もない-久し振りの更新がこんなんで本当に申し訳なく思います。

・ベルはジェスとの再会に、ちょっぴり頬を赤らめてご対面。けど、ラブロマンスにまでは発展しないだろうなあ。

・イルドがリ・ホームを銃撃する所で今月は終了だったのだが、よく考えたらあの艦には確かラミネート装甲シールドが装備されているので心配は無用の筈。
 もっとも、新機軸で陽電子リフレクターとかが搭載されていても全然驚きませんけどね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-02-27 22:21 | アストレイ


<< THE EDGE PHASE:...      「THE EDGE」03のこと >>