shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 10日

コミックス、完結のこと 併せて「噂」のこと

・ボンボン版も無事コミックス最終巻が出て、名実ともに完結してしまいました。絵の描き足しとかはなかったですが、最後に高山先生のあとがき-種とガンダムと私。が付いていて良かったです。
 文章の随所に先生の人柄の良さが滲み出ている、と言ったら言いすぎでしょうか。けど、このあとがきを読んでいる最中、先生の優しげな微笑が脳裏に浮かんだのは紛れもない事実なのです-幻覚だよ、と言われればそれまでですが。
 あとがきの最後が誰でもない、シンへのメッセージだったのも嬉しかったです。

・そう言えば、ネット界隈の噂では現在好評オンエア中の「BLOOD+」が2クールで終わり、その後に「種3(仮)」が始まる、と囁かれていたようです。
 なんで、そんな噂が流れたのかなあ、と不思議だったのですが漸くその理由が分かりました。DVDのリリースが全13枚なので、その一枚目が2話しか収録していなかったからだったのですねえ。
 そこから、「BLOOD+」が全26話という推測がなされ。加えて、コミックGUMでの例のコラムで「種運3(仮)」の製作にGOサイン、という記事が書かれたこともあって、あたかも燎原の火の如くに噂が広まったのでしょう。
 ちなみに、この噂がやはり急速に沈静化したのは「BLOOD+」のDVDvol.2が第3話から6話までの4話収録だったからでしょうね、多分-これなら全50話の4クールとなりますから。
 
・しかしこの一件。少ない情報で推測する、ということの恐ろしさを感じますね。それと、良くも悪くも「種」がファンの間で話題に今もなる、という重さも。



・しかし、あとがきに付けられたイラストが“RX-78-2”“RX-79BD-1”“RX-79(G)”で、「種運」のが1機もないというのがちと哀しかったり。
 やっぱり、個人的にはインパルスがデスティニーを描いて欲しかったなあ、と。
 あと、“RX-79(G)陸戦ガンダム-だよなあ-”の背景が煉瓦造りの建造物なのは「極東MS戦線記」の一コマだからなのかなあ、とか妄想したり。

・あと、ちなみに高山先生の転機になったという「W」のアンソロジーは多分ですが、今は亡きラポートから出ていた「オペレーションウイング」ではないかと思われます。
 版元が倒産してしまったので一般の書店では手に入りませんが、ブックオフなんかの古書店には置いてあることもあるので、読んでみたいという方はまめに回られるのをお薦めします。
[PR]

by shunichiro0083 | 2006-01-10 21:53 | コミック


<< ラウとレイの出自のこと      「種運」アストレイ完結・・・のこと >>