2005年 11月 26日

機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ASTRAY(3)と「種運」MSV戦記のこと

・「種運」アストレイも早いものでもう、3巻に突入です。この巻で「テスタメント」を巡る一連の騒動には一応の終止符が打たれ、物語は次なるステージへと移ることとなります。
 しかしまあ、「テスタメント」に関することはもう既にネタにしているので、特に書くことはなく。コミックスで特筆すべきは「THE EDGE」を好評連載中の久織ちまき氏が寄稿している、という所でしょうか。
 アスラン・シン・ジェスの揃い踏み、という趣のイラストなのですが余白に書かれていた
「シンにもジェスのような熱血系アニキな“大人”がいてくれたら・・・なんて思ってみたり。→(の先にはアスラン)役不足と言いたいのではなく・・・(笑)」
に大人の事情を垣間見ました(微苦笑)。
 そういう意味ではむしろ、新章に突入した今月号分の方が興味深いですね。

・マティスが連合軍特務情報部に所属した、正式なメンバーであることが明かされたり(ただ、劇中では“諜報部”と呼ばれている)。どうやら、表向きファントム・ペインは地球連合軍第81独立機動群とはなっているものの、単純なブルーコスモスの私兵という訳でもなく、マティスにも幾許かの指揮権があるようです。
 そうでなければ、ファントムペインからの情報がジブリールに直接ではなく、マティスを経由したりはしないでしょうから。
 やはり、彼女はルキーニにも似て、情報を制することで己が世界を操るという野望にとり憑かれているようです。そしてそれには、彼女ら兄妹の出自にも係わり合いがあるようです。おそらくそれは、古き結社・ロゴスとも何らかの接点が見出せるのではないですかね。

・あと、上手いと思ったのはプラモの「HG ハイマニューバ2型」のインストで追加された斬機刀の設定
『ジンやシグーの標準装備である重斬刀と同系統の武装だが、鍛造過程において外部の技術(一説ではグレイブヤードと呼ばれる失われたテクノクラート集団の系譜らしい)を取り入れ』
を上手く取り入れ、ロウやジャンク屋ギルド糾弾のこじ付け根拠としている所。
 ただ、このインストからだとハイマニューバ2型は
『(ジンから)ゲイツへ移行するまでの過渡期に於いて、中継ぎ的に少数生産されたモデル』
のバリエーションであり、それを素直に解釈するならこの斬機刀が開発、実戦配備されたのも同時期ということになります。
 なので、残念ながらこの情報操作は不完全に終わる、ということでヒロインのルルーさんにはロウの無実を勝ち取る為に是非、頑張って頂きたいものです。
 あと、インストと言えばMG エールストライクのインストには
『(アーマーシュナイダー=)高周波振動ブレードの鍛造にあたって「グレイブヤード」と呼ばれた廃棄コロニーに存在したらしい、失われた技術を継承するテクノクラート集団の技を何らかの形で導入したと言われている』
という記述もあるので、これらが正しいとすればザフトの設計局や、連合も怪しいということになりますな。

・この他、エドも連合に逮捕され、多勢に無勢、孤軍奮闘の観のある我らがジャンク屋ギルドですが、アマノミハシラに撤退するということで何とか頑張って頂きたいものです。
 そう言えば、カイトがテスタメントに乗ってジャンク屋ギルド保有のミーティアを駆っていたら、ここまでの苦境には陥っていなかったのでは、という気もします。それとも、ザフトや連合に弱みを見せない為に、早々に解体してしまったのだろうか。

・HJ誌の「MSV戦記」第1回はヘブンズゲート戦でしたが、ここで画面には出て来なかったものの、実は連合軍側はNダガーNやワイルドダガーと言った機体が参戦していたことが明かされました。
 まあ、ここで負けたら少なくとも地上では後のないジブリール様ですから、ありったけの戦力を掻き集めて投入したとしても別段、不思議ではありません。
 まして、前者は核動力を採用した高性能機ですし、後者も後者で鹵獲したガイアの技術を流用した最新鋭機ですからねえ。不治の病レベルで戦略戦術音痴のジブリールでも、そりゃあ投入するでしょうなあ。

・「MSV戦記」次回はオーブ戦-オペレーション・フューリーだそうで。と、なるとジオグーン話がメインでしょうかね。或いは、アカツキか。



・別の所でもネタにしたのですが、「MSV戦記」内の記述でフォビドゥン・ヴォーテクスの設定が変更になりました。
 PS装甲で水圧に対抗している、という設定がなくなり、フォビドゥン・ブルーのコクピット周りにチタニウム製の耐圧殻が導入された、ということで落ち着いたようです。
 予想は半分当たりました。

・そう言えば、前回劾達が使ったミーティアはユニウス条約発効の関係で廃棄されるべくザフトから持ち込まれた、核エンジン搭載型ミーティアだったそうで。
 その割にはミーティア改や9ザクが持ち込まれている、という節はないようですが。けど、ミーティアほどのサイズなら、別に核じゃなくても普通の軍艦用の動力でもいいんじゃないか、っていう気がします。

・あと、ユニウスセブン落着についてはマティスはかかわってはいないのですね。そうなると、裏で糸を引いているのは議長しかなくなってしまいます。
 流石に、クライン派っていうことはないでしょうから。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-11-26 14:02 | 書籍


<< 打撃自由&無限正義の新型エンジ...      機動戦士ガンダムSEED DE... >>