shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 29日

今月の感想のこと

・コミック版では結構、簡単に倒されてしまった感のあるテスタメントでした。個人的にはほぼ無傷で倒され、回収されたであろうテスタメントがどうなるのかが気になります。
 テスタメントの例の機能はギリギリの所まで戦闘を回避したい、というジェスの思想にはしっくり来る機体ではないかと思いますし、PS装甲も最高の防御手段と考えるならますます非戦闘員であるジェス向きなのではないでしょうか。
 なので、次号ではテスタメントから武装を取り外し、バックホームやアンカー等の装備を取り付けたアストレイ・アウトローフレームとかが登場するんじゃないかなあ、とか勝手に想像してます。

・ま、確かに、テスタメント自体はザフトから盗み出されたものではありますが、戦場で回収された以上ジャンク屋に保有権は移ってしまっている訳で。別にジェスが乗っても別段おかしくはないのですよね。
 次回からどうやらコミック版ではマティス率いる謎の組織との暗闘になり、これまで以上の激戦が予想される訳ですから、ジェスの機体も更なるパワーアップが必要不可欠ではないかと思います。
 そうなるといくら本来の姿に戻っているとは言え、アストフレームDではやっぱり役者不足なおではないかと。何故か装甲も予備パーツを使っている割にはPS装甲ではなく、アストレイシリーズ同様発泡金属のようですし。

・スカウトの正体はアッシュでしたね。が、正体が判明したその回で退場と相成りました。しかしながら、最期の足掻きでジェネシスαのコントロールを乗っ取り、連合軍特務情報部の秘密基地を破壊せしめました。
 まあ、マティスはそれを読んでいて事前に脱出していた訳ですが、この時使用した艦船がガーティ・ルーの同型艦な訳で、この辺りからも彼女とその組織のロゴス-ブルーコスモス-ファントムペインとの繋がりが見え隠れします。
 そのマティスは自分の野望の障害としてジャンク屋ギルドを見ているようですが、だからと言ってこれで一方的にギルドを社会的に抹殺出来るとは思えません。公式には何もない宙域なのですし。秘密保持も含めて、切れるカード=情報はギルドの方が多いのですから、そう一筋縄ではいかないでしょう。

・マティスが意味ありげに弄ぶ13枚のカードを彼女は“イレギュラー13”と呼び、そこにはどうやら彼女が排除すべきと考えている13人が仮託されているようです。
 ハートのAはキラ、2がロウ、6はエドで、Qがラクス-ここまでは確定ですが、そこから先は未定です。残りの9人を想像するなら、マティアス、リーアム、劾、ミナ、プロフェッサー、カガリ、マルキオ導師、アイリーン・カナーバ、ターミナル総責任者-ってな感じでしょうか。
 アスランも考えたのですが、マティスは既に議長と打ち合わせをしているようでしたから、アスランを手駒として取り込もうとしていることも知っているでしょう。ならば、自分が狙うメンバーからは外すのではないかと。
 そうなると、本編でマルキオ邸を襲ったのもザフトの特殊部隊ではなく、それを装ったマティスの手の者ということになるのかもしれません。つまり、ラクスのみならずキラとマルキオをも狙った一石三鳥の作戦だった、ということですな。
 あと、本編ではほぼ無説明で終わってしまった“ターミナル”でしたが、その重要度はかなりの筈。と、なれば「アストレイ」で補完しない訳はないと考えます。また、エターナルを隠し、打撃自由・無限正義・ドムトルーパーと第三勢力に戦力を供給し続けることとなる組織を見過ごすとも思えませんし。
 ここは一つ、新キャラとしてターミナル総責任者にご登場頂きましょう。

・しかし、プロフェッサーは何処からミーティア2機も持って来たんだろう・・・おまけに、あのミーティアは核動力を積んでいないブルーフレームやザクが使用していたし。
 “ミーティアの武装を作動させるには、MS側に搭載された核動力が必要不可欠”という設定を鑑みるなら、確かに多くの人が指摘しているようにヴェルヌ35Aを改造した核動力搭載型、ということになるんでしょうかね。
 もっとも、「SEED MSV」のムックにも前部をミーティアのウエポンアーム形態に換装したタイプも掲載されていますから、そっちの改良型と考える方が無難なんではないでしょうか。で、エンジン脇の武装は後から付けた、と。
 いや、或いは奇跡的に原形を留めていた1号機、2号機をジャンク屋が回収・改造し、それに大して05と06を改めてナンバリングしたのかもしれません。
 来月以降、謎が明かされるといいのですが-そう言えば、「MSV戦記」でジャンがヴェルヌ改を使っていましたね。この辺りにもヒントが隠されているのかもしれません。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-10-29 00:40 | アストレイ


<< GAT-707E フォビドゥン...      ZGMF-X3000Q 次世代... >>