2005年 10月 01日

ボンボン版種運・05年10月号を読んで ネタバレあり!

・さあ、描写をシンサイドに極力絞り込むことと、巧みなストーリー構成で「種運」の物語を見事に再構成して来た高山先生が今月もやってくれました。
 打撃自由と無限正義(&アカツキ)の登場まで一気にやってしまいました! いやあ、ホント、凄いの一言です。



・それでいて今回の話の前半分はシンとアスランの問答に費やしているんですから、その構成の巧緻さ溜息が出るほど-と言っても過言ではないと思う訳です。
 ちなみに、憶えているだけで端折られたエピソードは議長とレイの密談、それを盗み聞きしていたミーア、憲兵を撃退し部屋を逃げ出すアスランとその手を振り払うミーア、逃げ込んだ先のメイリンと一緒に逃亡するアスラン-こんな感じでしょうか。
 まあ、確かにいらないエピソードではないにせよ、主人公をシンと仮定した場合に必ずしもそこまで要るかどうか、については一考の余地ありでしょうね。
 ボンボン版ではそうした部分を削ぎ落とすことで、シンの葛藤や懊悩を見事に浮き出させていると思います。

・で、後半はMS活躍編。前回もそうでしたが、尺がないという大人の事情もあるとは言え、巧みにナレーションを用いることで無理なく状況説明を行っています。特に、ヘブンズゲート攻略戦という、映像だけでは分かり辛いパートにそれを当てることで、戦況の変化が分かり易くなっているのはいいですよね。
 こうした辺りは本編でも結構分かりにくくなってしまっていましたから、やっぱり必要最低限でいいのだから、ナレーションをもっと使うべきではなかったんではないでしょうか。

・ルナマリア、出番は少ないながらいい味を出してます。個人的には無理矢理シンと色恋沙汰に持って行くよりも、この方が比べようもないくらい自然ではないかと思います。

・レイもシンとのシミュレーションで、その鬼気迫る有り様に思わずびびっている-という描写が個人的には好みです。

・で、オーブ戦に突入して今月号はお仕舞なのですが、オーブ戦まではジブリールが逃げれば双方兵を引くので比較的落とし所には困らないと思います。
 問題は月面基地攻略後の、月上空、メサイアにおける最終決戦でしょうね。このまま行くと、ガンダム漫画史上初の「主人公が負けて終わり」ということにもなりかねません。この辺りをどう、高山先生が料理するかは今から非常に楽しみです。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-10-01 02:48 | コミック


<< FINAL PHASE (50...      PHASE-49 レイ >>