2005年 09月 24日

「SEED ASTRAY B」のこと

・まあ、今更のような話題ですが。当然、このタイトルの意味する所は単行本のことであります。が、限られた紙幅でのものですから、結構漏れている記事もあるようです。
 その典型的例が「ゲルフィニート」でしょう。いくら本誌掲載時の詳細が作例記事に付属していたとは言え、あの解説文が丸々抜け落ちているのには正直がっかりしました。MA・ペルグランデの解説もそんなに詳しくないし、こうしたオリジナル機体についてはもう少し気を使って貰いたいですよね。

・まあ、とは言え雑誌連載されていたアストレイ関連で最後にまとまったものですから、「種」や「種運」に興味を持つ人間としてはそれなりに有り難いモノではあります。
 特に自分のように特別模型誌を買わない-模型には興味がない-人間には嬉しい限りです。

・それ以外に興味深い所としては、「B」が本編の時間軸を無視し、かなり好き勝手にやっていたのでその後の展開と辻褄が合わなくなっているのが垣間見えたりするのが面白いですね。
 特に太陽砲台のくだりは連載初期に行われたので、デザインが「ナチュラルとコーディネイターの戦争終結後」という時系列であるにも拘らず、ブルーフレームのものだったりするのはその際たるものでしょう。
 もっとも、この話自体当初は「種」終結後のものであったのでしょうが、「種運」が始まったのでその後、という風に今回の単行本で時間が変わって来ています。個人的には、「種」と「種運」の間、ということでもいいんじゃないかと思うのですが。

・巻末には「アストレイR」を描いていた戸田先生の読みきり漫画も載ってますし、興味のある人なら買っても損はないと思います-まあ、レイスタがこの時期、あったかどうかは微妙なところだとは思いますが。先行試作型とか、そんな感じですかね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-09-24 01:10 | アストレイ


<< PHASE-49 レイ      PHASE-48 新世界へ >>