shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 19日

PHASE-48 新世界へ

・さて、今日も今日とてアバンタイトルは4分11秒というかなりの長さでした。機動要塞メサイアには大量の並列型スーパーコンピューターが設置されているようなので、これで全人類の遺伝子データを解析するのでしょうか。
 なんか、本編では行列を作ったり、試料をいじってる臨床技術者なんかの絵がありましたが、前後の時間経緯から考えるにイメージ映像としておかないと辻褄が合わないのではないですかね。まあ、ミスリードなのでしょうけれど。
 コーディネイト技術が完璧でないのは遺伝子工学の権威であるデュランダルですら、クルーゼやレイのテロメア異常を治せないことでも分かっているのですからね。そういう観点からも、「DESTINYPLAN」を構築する基礎技術の信頼性はちょっと低いのではないでしょうか。そういう意味では議長、見切り発車だったと思います。

・レイがクローンで、テロメアに異常があることがしっかりとした伏線もなく公開されましたね。そういうのもアリ、なのでしょうか。
 それにしても遺伝情報の欠損とかは最初に検査すれば分かるのでしょうから、テロメアの異常に対して早期に治療することは出来ないのですかねえ。それとも、まだプラントの遺伝子医療はテロメア異常に対する有効な手段を開発してはいないのですかね。

・しかし、議長。戦争を廃絶する世界を作り上げる為に人を殺し、戦争をも躊躇しないというのは問題ありまくりではないでしょうか。
 誰か言ってやって下さい。今、貴方のやっていることは戦争をコントロールして利益を得ていたロゴスと同じなのだ、と。
 何故なら、ロゴスは利益を上げるという信念の為に戦争を起こし、人を殺したが彼らは自分なりの信念に基づいていたのだから。そしてそれは、世界を防衛すると言う信念で大量虐殺し、意に沿わぬ国々を攻めるという議長の今のやり方と全く同じなのだから。

・アーサー、驚くだけでなくタリア艦長に窘められてましたね。確かに、ダイダロス基地はザフトが押えているのだから、月艦隊が心配する理由はないのですがね。
 それにしても、レクイエムの砲本体を攻撃せず、コントロールルームだけを破壊させた真意はそこにあった訳ですな。言われて見れば、敵が作ってくれた大量破壊兵器を無傷で接収出来るならそれに越したことはないのですし。
 ただ、ホットラインを繫ごうとしている相手-大西洋連邦大統領に対し、不意打ちを喰らわす議長とその側近というのはヘブンズゲートの時のジブリールのことをどうこう言えないんじゃないかな、とか思いましたよ。

・アークエンジェル御一行は「DESTINYPLAN」を力づくででも止めることを決意し、エターナルと合流します。
 ただ、これも問題なのは議長が実力行使に出てくれているからこそ画面上問題が内容に見えますが、これが議長があくまでも穏便に済ませようとしていたらどうするつもりだったのでしょうね。
 まあ、ラクスの政治的発言力は絶大なものがありますから。事前に声明を発表したりはするのでしょうけどね。で、あくまでも攻撃を受けたから仕方なく防衛する、という形に落ち着くんでしょうか。
 
・で、その二隻ですがエターナルは何処かから出て来たナスカ級やネルソン級宇宙戦艦MS搭載型を従え、アークエンジェルはアークエンジェルでクサナギ以下イズモ級MS運用戦艦3隻とともに月を出撃しました。
 後者は兎も角、前者が意味する所はザフト・連合軍の両者にクライン派とも言うべきものがおり、この緊急時に際して戦後のどさくさに紛れて隠匿していた虎の子の艦船を出撃させた、という感じなのでしょうかね。

・で、アーサーについて思ったことが一つ。タリアはもの凄く優秀なので、通常の意味での副官というのはまあ要らないくらいでしょう。言うなれば、ドン・コンドールともろ刃のシュテッケンを足して二で割ったような人ですからね。
 なので、タリアにとっての副官というのはそういう優れた人間だからこそ想像し難い、普通の一般兵のことを教える為の一種のバロメーターなのかな、とか。
 そしてもう一つは、自分よりも先にテンパってしまうアーサーが傍にいることで、より冷静さを保てる-そんな非情な意味もあるのかな、とか思ってしまいました。
 まあ、アーサーも新造戦艦の副官に抜擢されたのだから、そんなに無能ではないと思うし、それなりに仕事をこなしているシーンもありましたからね-数少ないけど。ただ、タリアがシャアのようにMSに乗って出撃したがるタイプだったらやばかったかもしれませんが。

 満足度=☆☆/2★★★(一個半)



・それにしても、レイは本当に議長のことを盲目的なまでに信じ込んでいますね。一体、過去に何があったというんでしょう。
 まあ、個人的にはそうした部分も絡めて、物語の中盤辺りから薬を飲ませたりして伏線を張ったり、過去話をしたりしておくもんじゃないのかなあ、とか思いした。

・シャア専用ブログさんで「テスタメントの技術を使えばデスティニープラン乗っ取り可能か」と書かれていましたが、流石にザフト側にも流出している技術ですからそこまで間抜けなことはないと思いたいですね。
 きっと「こんなこともあろうかと、メインコンピュータールームは電磁場でシーリングされていたのだよ」とか(笑)。
 
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-09-19 11:37 | 感想


<< 「SEED ASTRAY B」のこと      PHASE-47 ミーア >>