2005年 08月 16日

PAHSE-43 反撃の声

・取り敢えず、最初に地味に散ってしまったユウナの冥福をお祈りしたいと思います。ジブリールの脱出時の描写を見ると、やはりセイラン一家は皆死亡してしまったと考えるべきなんでしょうね。
 流石にあの人たちが顔に傷つくって、名前を変えて再登場ということはないと信じたい。尺もないし。
 合掌。

・まあ、今回は語るべきを最後の情報戦に集中。その他はあまり語るべき所もないし。
 それにしても、今回の最後で展開したオーブとプラントの情報合戦はあまりに稚拙に過ぎるのではないかと。正確に言うなら、それまで巧みに行われてきた議長の情報戦略がここに来てガクンと格が落ちた、ということになるのではないかと。
 カガリの演説に途中で割り込みをかけ、偽ラクスことミーアのお涙頂戴な演説を流すなど、これまでの議長の策略からは考えられぬものがあります。
 確かにブルーコスモスによるプラントへの核攻撃直後にミーアはデビューした訳ですが、あそこは民衆に過激な感情論が蔓延ろうとした時だったので、ミーアによる情実に訴える演説が功を奏した訳で。
 然るに、今回のカガリの演説は極めて理性的に行われるものであるのだから、これを電波ジャックしてしまうのは言論封殺でしかないのではないかと。
 別にカガリの演説が終了した後でミーアに演説されるのなら何も問題はないと思うのだけれど、あれでは力のごり押しでプラントに都合の悪いカガリの声明を妨害している、と取られても仕方がないのではないだろうか。
 そしてそれは、これまでスマートな政略を用いて来た議長のやり方とは真逆なのではないかと思うのである。

・前に「議長の有能さを表現する為に、それ以外のキャラクターは無能に貶められた」と書きましたが、ここに来て今度は議長がラクスの「神の如き聡明さ」を描く為に貶められようとしています。
 大体、どうしてあそこでラクスが出て来ることを驚くのか。流石に、オーブにいることを驚いているのであって、生きていることそのものに対する驚愕ではないと思いたいですが。しかしながら、ラクスが生きていたならその介入も想定していたであろう訳で。やっぱり何で驚いているのかさっぱりピンと来ません。
 前線のタリアの撤退の判断を非難がましい口調であったとは言え、あからさまに非難しようとはせず支持した姿が、議長の見せる最後の理知的態度にならないことを強く希望したいものです。

以下、箇条書き。

・レジェンドも結構強いですね。特にあのドラグーンを用いた後光攻撃は、プロヴィデンスにすらなかったもの。だから、バックパックが円形ではなく、半円型が二つ、という形状なんでしょう。

・それに引きかえ、デスティニー弱すぎ。4機の新ガンダムの中で最弱なんではないでしょうか。
 それとも、種こそ割れたもの、やっぱり内心はアスランの言葉に動揺しているんでしょうか。なら、まだ救いはあるのですがね。

・タリア艦長は冷静です。まあ、ジブリールの逃走を許したなら大義名分がなくなってしまいますからね。普通の将官なら、かえって自分の失態を糊塗すべくオーブ侵攻を続けていたかもしれませんし。
 そう言えば、ミネルバが参戦した時モニターに出たおっちゃんが指揮官かと思っていたのですが、ボスゴロフ級セントヘレンの艦長が指揮官だったんですね。ちょっと意外。旗艦セントヘレンはセントヘレナ島の英語読みと思われます。

・しかし、ラクスと虎のシャトル強奪の時も感じていたのですが、制宙権を持っているらしい割にはザフトの防空体制は笊も同然ですな。今回もジブリールが月に入るのを許してしまうみたいだし。

・ミーアが泣いていたのはこれ以上、議長の操り人形になるのが嫌なのか。それとも、信じてもいない原稿を読まされることで、オーブ戦の正当化の片棒を担がされるのが嫌なのか。
 大穴で議長のお役に立てているという、嬉し涙か。

・ネオの話。やっぱり、何の伏線もなくやられても、単なるご都合主義展開にしか見えないなあ。確かに、どれだけ綿密にやっても総集編になった段階で改変している、という事実は消えないとは思う。
 しかしだからと言って、あからさまに努力の跡が見えないのもどうかと。正直、夕日の中の抱擁もさっぱり感動出来ませんでした。

・オーブの外交チャンネルで、「当てにある国など無い」みたいなガヤの声がありました。っていうことは、スカンジナビア王国もやっぱり駄目、ということなのでしょうね。
 それが出来れば、カガリも単独で声明を出したりはしないだろうし。っていうか、そんな国の後ろ盾で何が出来ると思ったのだろう、アークエンジェルの連中は。

・ドムの三人組はアークエンジェルと合流しないのかな?

・アークエンジェル強し! 水中ミサイルで水上艦艇4隻と、ボスゴロフ級3隻を撃破。特に後者の場合、敵3隻からの集中砲火をものともせず、ミサイル1発ずつで決めてましたから。
 こんなことなら、ミネルバの相手などせずに最初っから水中でちまちまとミサイルやゴットフリート撃っていればよかったのに、と思いました。

 満足度=☆★★★★(一個)
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-08-16 00:59 | 感想


<< ギルバート・デュランダル議長のこと      ザフトにおける量子情報理論の軍... >>