shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 11日

コアスプレンダーのこと

・確かフレッツの「種運」の企画ページで、視聴者から寄せられた作中の疑問質問に答えるコーナーで、こんな質疑応答があったらしい。

Q:どうして、コアスプレンダーは1機しかないのか?

A:コアスプレンダーはザフトの技術の総力を結集した貴重なもので、コストも高いので1機しかない。

-まあ、細かい文脈は兎も角、そういう内容のものがあったらしいのは事実である。

・その一方、以前書いたかもしれないがHJ誌で展開している「MSV」の「デスティニーシルエット」の回ではインパルスは少数ながら量産され、ミネルバ以外にも配備されていることになっている。
 これをどう解釈するかは人それぞれだろうが、普通に取れば矛盾する二つの記述ではある。まあ、ここでは好意的に解釈して、コアスプレンダーは非常に高価なユニットであるが故に、インパルスを保有する各部隊につき1機しか配備されていない、ということにしよう。
 つまり、コアスプレンダーそのものは複数あるが、ミネルバには1機しか配備されていない、ということである。
 補足するなら、チェストパーツやレッグパーツに予備があるように、コアスプレンダーの予備パーツもそれなりに積載されているのではないかと推測する-それこそ、外見だけならもう1機や2機組み上げられる程に。
 では、何故に「コアスプレンダーは(ミネルバに)1機しか配備されていない」ということになるのか?
 これに対する僕なりの答も、デュートリオンビーム送電システムが関わって来るのである。

・「MSV」の「ザクスプレンダー」の回から解ることに、「デュートリオンビーム送電システムの変換コンバータはザクスプレンダーに搭載されている」ということがある。
 ザクスプレンダーがシルエットシステムの性能を実証する為に製造されたMSである以上、その機体構成も似通っているのではないかと推測される。
 このことから、インパルスのデュートリオンビーム送電システムの要である変換コンバータ-デュートリオンビームを受け、電力に変換する-もまた、コアスプレンダーに搭載されていると考えられるのである。
 この変換コンバータこそ代替の効かない貴重かつ最重要パーツであり、それ故にコアスプレンダーはインパスル毎に1機しかない、という状況になっているのではないだろうか。

※7/14 追記
 いつもいつもお世話になりっぱなしの「シャア専用ブログ」さんにて、当ブログが紹介されました。この場を借りてお礼申し上げます。有り難うございます。
 ちなみに、コアスプレンダーに関する疑問についてまたしても好意的に解釈するなら、バッテリー容量の問題からPS装甲ではなく、TP装甲が施されているという説を唱えたいと思います-っていうか、この問題思いもよりませんでした。目から鱗、です。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-07-11 15:59 | 設定


<< ボンボン版種運・05年7月号を...      PHASE-38 新しき旗 >>