shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 08日

テスタメントのこと

・“テスタメント“とはNダガーNを率いる連合のガンダムタイプの名前です。これはどういう原理かはまだ不明ですが、MSのメインカメラは勿論、レーダー等のセンサーにも引っかからないという、能力を持っています。
 しかしながら、それはミラージュコロイドのように機体を透明化させるというものではないようで、「種運アストレイ」の主人公・ジェスのカメラには収まった様子です。
 ちなみに、“NダガーN”とは「MSV」が初出の機体で、ミラージュコロイを搭載したド簡単に言えば“ブリッツ”の量産型です。但し、NJキャンセラーによる核駆動の機体であり、これによって稼働時間は飛躍的に向上しています。“NダガーN”の“N”は核駆動-Nuclearの頭文字であると同時に、隠密行動を本文とする忍び-Ninjaの“N”でもある訳です。

・で、この“テスタメント“が何故感知されないかですが・・・分かりません。ただ、脳内補完を噛ませば大胆な推論は出来ます。と、いうことで推論、行ってみましょう。
 まず、第一の前提として、ジェスが持っているカメラがデジカメではなく、フィルム式のものである、ということ-実際はどうなのかは不勉強なので知りません。すんません。
 第二に、C.E.のMSのコクピットのモニターはメインカメラが捕らえた映像をそのまま映しているのではなく、U.C.の360°モニターのようにコンピューター処理されたCG映像である、ということです-これもどうなのかは不明です。
 この二つの前提の上で結論を書くなら、“テスタメント“は機体周囲の広範囲に、ミラージュコロイドの変形である、コンピューターウィルスフィールドを張り巡らし、敵機のコンピューターにバグを起こさせている、ということになります。
 そのバグとはメインカメラや各種センサーを騙し、改竄することで実際には存在する“テスタメント“を感知出来なくしている、というものです。多少強引ですが、これなら肉眼でなら捉えられるということについて、無理なく説明出来ているのではないかと思うのですが。

・まあ、弱点としては前提となる二つがかなり強引なことですかね。
 それさえクリア出来れば、生身のジェスが感じ取り、見ることが出来た“テスタメント“がモニターにも映らず、「8」も認知していなかったということを説明出来ていると思います。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-07-08 23:34 | アストレイ


<< PHASE-38 新しき旗      PHASE-37 雷鳴の闇 >>