shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 18日

PHASE-35 渾沌の先に

・アバンタイトルでは前回の種明かし-如何にしてアークエンジェルとフリーダムが窮地を脱したかが描かれました。
 それでも確たる証拠を得られずと、探索活動を行うあの老指揮官は大したもんだなあ、と。っていうか、EWACディンに水中探索用ソナーなんか付いてたんですね。

・フリーダムを落としたシンは皆の賞賛を受けますが、それに突っかかるアスランもまだまだお子ちゃまです。かってインド洋での戦いでシンの振る舞いを軍規に反すると叱責したアスランでしたが、今回は攻守が所を変えて再現されています。
 なので、シンを庇うレイの論理的な意見に対し、アスランは自分の感情を爆発させるしか出来ません。出来ないのですね。本来なら、あそこでは個人的感傷をグッと押し殺し、シンの挑発的な言い草にもじっと我慢の子でいなければならなかったのですがねえ。上官なら。
 けれど、昨今の部下の反抗的な態度に腹を立てていたアスランは、自分がそれでも彼らの上官であることをすっかり忘れてしまっていたようです。それとも、フリーダム大破がそんなにショックだったのでしょうか。
 まあ、確かにレイの言葉は正論です。ザフトという軍組織に身を投げた以上、その論理には従わなくてはならない。しかし、それにアスランが反した時にはしたり顔で指摘する癖に、アカデミーの同期で戦友な筈のシンがそれをしても黙って見過ごして来たレイがやっては説得力がないですなあ。
 こういう所にもレイの胡散臭さ、腹黒さを感じてしまいます。

・けど、このアスランの言動はアスランが本来の自分に立ち返りつつあることも示しています-いい意味での破天荒さを取り戻しつつあるのですね。これは次回への伏線と言ってもいいのではないでしょうか。
 次回のアスランの脱走とは、単に現状のザフト、ひいては議長への不振からではなく、ここに来て組織の論理よりも自己の感情を優先させるという、アスランらしさを取り戻す、ということでもあると思います。
 けど、まあ、本当はアスランがザフトに復隊しても本来の自分を見失わず(というか取り戻して)、「はみだし軍人」としての本質をシンに見せられていたらこんな事にはならなかったのではないかと思います-シンも、アスラン本人も。まあ、人付き合いが下手なのも、アスランらしさだから仕方のないことだったのかもしれませんが。

・一方、議長の声明によってロゴスと認定されたグローバルカンパニーの人々が襲撃を受けているようです。しかもその戦力比は圧倒的で、襲っている民間人の人々の方が優勢に事を進めて行きます。護衛の兵士はライフル一丁なのに、襲ってる民間人の人々は戦車とまではいかなくても、自走砲程度は装備しています-おかしな話です。
 どうして、ロゴスの皆さんを護衛している軍の装備があんなに貧弱なんでしょう。どう考えても、あの程度の暴徒ならMS1個小隊-3機もあれば楽に鎮圧出来るでしょうし、仮にMSがなかったとしても戦車くらいは出撃するでしょう。それとも、連合軍の歩兵は民間人の暴徒にも易々とやられる程、練度が低いのでしょうか。
 加えて、ブルーコスモスの盟主であるジブリールも、その居城が暴徒に襲撃を受けています。ロゴスの皆さんもそうですが、どうして、そんな場所が分かったんでしょうね。会社が襲撃を受けているなら納得出来るのですが、どうみても皆さんプライベートを襲われている様子。
 幾ら情報化社会と言っても、そう簡単には一企業のトップの方々のお家が分かる訳ではないでしょう。れっきとした軍事組織であるザフトが攻撃するのなら兎も角、民間人でしかない暴徒の皆さんにそこまでの情報収集能力があるとは到底思えません。
 と、言うことは先の声明と同時にロゴスのメンバーの居場所がリークされた、と考えるのが一番筋が通っているのではないかと思います-え、誰がやったかって? それは聞くだけ野暮ってもんでしょう。
 だからこそ、議長は何も知らない部下達に対し、あそこまで大仰に驚いて見せたのではないですかね。

・ミネルバ、漸くジブラルタル入りです。長かった・・・。ミネルバ入りを全軍挙げて歓迎している最中にも、今後予測されるであろう戦闘に備え数多くのMSが整備されています。バビ、ゲイツ改、そして量産型グフも。どうやら、完全にではないにせよ、ザフトはユニウス条約を有名無実のものとする覚悟が出来ているかに見えます。ザクがいないのがその証拠でしょう。
※済みません、ザクいました。見落としてました。けど、他の機体に比べると数は少ないようにも見えました。そういう意味では、ユニウス条約に対応した万能機ではなく、バビやグフと言った地上戦に対応した機体を量産しているという意味で、やはり条約は有名無実化しているのではないかと思います(6/20 追記)。
 こうした一連のシーンだけ考えるなら、デスティニーとレジェンドはジブイラルタルで開発されたようにも見えます。まあ、表向きはザフトが「地上に持つ二つきりの拠点ですから。MS開発施設があっても不思議ではないですし。
 けど、今回議長が使ったシャトルは結構大きいな感じもしたので、あれで宇宙からわざわざ持って来た説を唱えておきます。っていうか、ドラグーンは地上では使えないんじゃないかと思うのですが。

・タリア艦長、やっぱり今回のロゴス云々の議長の命令には内心疑いを持っているように見えます。何か意味ありげに、意味ありげな言葉を呟いてみたり-それに乗って来ないのがアーサーの、アーサーたる所以なのですが。
 そう言えば今日の放送では驚いていなかったなあ、アーサー。

・さて、議長の真の目的がロゴスを打ち倒し、戦争のない平和な世界を構築し、ナチュラルもコーディネイターもない、平等な社会を創設する-ことではないでしょう。
 そうでなければキラをあそこまで内心敵対視し、「白のクイーン」とか称してラクスをあそこまで危険視することもないでしょうから。ロゴスのみを標的とするなら、あのカップルをああまで目の敵にする筈がありません。
 今の所はまだ、議長の目的が何なのかは判らないのですが、昨今ネット上で囁かれ始めているように、クルーゼと同じ人類の滅亡、ということも言えるのかもしれません。だからこそ、あの二人を重要視しているのでしょう-クルーゼを斃したのはキラであり、キラにその力を与えたのは他でもないラクスその人ですから。
 では、人類の滅亡を望む議長が何故、人の業を体現しているかのようなロゴスを敵視するのか-それはロゴスが戦争をコントロールはしていても、最終戦争を起こさないからではないでしょうか。
 それは人類滅亡を望む議長からすれば、相容れることのない組織です。だからこそ、議長はまずロゴスを潰すべきだと考えたのではないですかね。
 しかしそうなると、何故議長の手にデストロイの詳細なデータが渡っていたのか、ということになります。実は議長もロゴスの一員だった、ということなら議長は裏切り者ということですね。具体的な台詞はありませんが、ジブリールがあそこまで執拗に議長の名を恨めしそうに叫んでいる理由は付きます。
 では、議長がロゴスではなかったとしたら、まあ、単純にロゴス内部にスパイが入り込んでいた、ということになるのでしょうね。
 しかし、もし仮に前者だとしたら、それがばれた時点でデュランダル政権は崩壊ですな。少なくともデストロイがどういう目的で建造されたかも知っていたでしょうし、ならばそれを承知の上でベルリン周辺の犠牲を出した、ということになります-自分自身の野望を成立させる為に。
 けど、そういう展開だと今はダークヒーローになってしまったシンも、デュランダルを見限る正当な理由になりますからね。後者だと、ドラマ的にちょっときついかもしれない。
 ただ、そうするにしても難点が一つ。どうして、ロゴスの皆さんは「デュランダルに裏切られた!」とは一言も言わないんでしょう、ということ。それとも、言ってはいるんだけどカットされているんでしょうか。

・さあ、次週はアスランが盗んだグフで走り出します。「19」ならぬ「18の夜」です。なんか、メイリンが手助けするようですが・・・どうなりますことやら。

 満足度=☆☆★★★(二個)



・イザークとディアッカ、久々に台詞有りで登場。けど、すぐ退場。

・ネオ、よく分かんないアークエンジェルの皆さんの行動に疑問を投げかけます。まあ、一々尤もな疑問ですが。
 なんか、バルトフェルドは色を塗り替えたガイアに載る、という未確認情報もあるので、やはりこのまま味方になって紫のムラサメに載るのでしょうか。それとも、ストライクルージュのパイロットの座を奪い取るのかな。で、PS装甲の色を紫に変更する、と。

・ドムトルーパーもちょっと出てましたね。けど、これとか、打撃自由とか、無限正義とかをラクス派が秘密裏に開発していた、っていうのはどうも眉唾です。もうちょっと上手い嘘は付けないもんでしょうか。
 そうですねえ、実はドムefender of OMNIenfocerの略で、実は連合軍側の次期正式採用機の競作機だったとか。
 打撃自由と無縁正義はスカンジナビア王国の天才科学者が、自国の中立を守る為に建造していた一騎当千型MSだった、とか-ねえ。

・デスティニーとレジェンド登場。本来ならシンとアスランの機体となる筈でした。が、アスランはどうやらグフ(青)に載って脱出するようです。
 どうせなら、レジェンドに載って脱出すれば良かったんじゃないか、と思いました。

・議長に呼ばれたシンとアスランの次のカットのレイ、なんか凄く怖い顔してましたね。ギルに一人だけ呼ばれなかったことがそんなにショックだったのでしょうか。
 っていうか、嫉妬に狂っているようにも見えましたが。

・そう言えば、シンの「仇」という言葉にレイが回想したのは「フリーダムがプロヴィデンスを貫いた瞬間」だったのでしたね。
 と、言うことはレイがシンの打倒フリーダムを応援したのには少なからず、私怨があった、ということになるのでしょう。多分。

・敢えてここで書きますが、次週予告の1/3が回想シーンから、っていうのはちょっとマズいのではないでしょうか。
 そんなに製作スケジュール、押してるんですかねえ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2005-06-18 19:58 | 感想


<< 再びドラグーンのこと      PHASE-34 悪夢 >>