shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 14日

仮面ライダー鎧武 第2話 「必殺!パインキック!」

・取り敢えず、前後編完結というスタイルを今回は採用していない様子です。前後編のスタイルを取ることの多い平成シリーズでは珍しいですね。

・漫画家のドクターモローさんが今作の世界観について、もっともな疑問を呈しておられましたので、ちょっと紹介。

https://twitter.com/drm0r0/status/389335769019465728
みかん男、「ダンスチーム同士の争い」になぜ 「ポケモンまがいのバトルで決着」 なのかがわからない・・・「ダンスで決着」じゃダメなの?

https://twitter.com/drm0r0/status/389376782509424640
【みかん男】子供番組という視点で観た場合、「ここを使わせろ」と乱入してきた他のダンスチームに、「同じダンス好きなんだからいっしょにやろうよ」という人間が主人公サイドに欲しかったと思う

 それがルールだから、というのは容易いんだけどそれだったらもっと明確に描いていかないとなあ、というのには全面的に賛成。
 他のシリーズと違ってはっきりと反社会行為やテロ活動をダンスチームが行っている、という訳ではないので何故、ダンスチームがダンスで勝負をつけない、ということをもっと明確にしてもいいんじゃないかと思います。
 実際、今日の放送ではギャラリーがどうしてチーム鎧武のダンスが観られないのか、という疑問も呈していた訳ですし。そこは突き詰めれば、ダンスチームの決着が何故よく分からないモンスターの召喚対戦で決まるのか、ということについても思い至ってしまうでしょう。
 なあなあで済まさず、裏設定だからということで流さず、きちんと劇中で其の辺もきっちり描いて欲しいと思います。



・まあ、驚いたのは今回のライダーは氏素性を隠さない、ということでしょうか。あそこまでおおっぴらに変身するというのも珍しいんではないかと。
 
・しかしながら、変身する力を得て、それを試して日常生活にはうまく活用出来なかったことと、他の誰かの為に使わねばならないことはイコールで結ばれないと思いました。
 特に今後、鎧武の前に立ちふさがるであろうライダー達に少なからず、利己的な考えで戦う者がいるであろうことを考えるなら尚更です。
 今回のうまく行かないという描写もどちらかというと、主人公の考えが足らなくて失敗してしまったようにしか見えませんでしたし。
 そういう結論にしたいのなら、ライダーの力を自分の為に使った挙句に自滅する、という「龍騎」のしザースみたいなキャラが必要だったんじゃないかな、と。
 実際問題、いくら妨害されたからとは言え、チームの仲間の為にモンスターを召喚したらそれが仇になって街の人々を危険に晒してしまうという結果になってしまったのですから。

・まあ、気になるのはそれくらいでしょうか。今のところはオーソドックスな手堅い作りで、好感を持って視聴しています。
 出来れば最後までこういう作風で行って頂きたいものです。
[PR]

by shunichiro0083 | 2013-10-14 00:21 | 特撮


<< ガンダムビルドファイターズ ...      ガンダムビルドファイターズ 第... >>