2012年 06月 07日

#34 宇宙海賊ビシディアン

・いやあ、あんなにあっさりばらすとは思わなかったなあ(棒読み)。

・今回の感想はもう、この一言に尽きるでしょう。

・ただ、OPとEDを騙しに使って来るとは思わなかったので、これは何気に良い不意打ちでした。この辺りは人によりけりでしょうが、僕には充分許容範囲です。



・テンパってる艦長が哀れですね。

・何故か、今まで説明もなく急に月の近くのコロニーに避難していることが分かったお子さんたちの家族。しかし陽動を行わなければディーヴァ一隻も月軌道に出れないような有り様なのに、なんでわざわざ危険を冒してまで、避難民をコロニーに上げねばならないのだろう。
 言いたかないが、親がヴェイガンに殺されて孤児なってしまっている、って説明の方がまだマシではなかろうか。

・いやあ、宇宙が白かった時には本気でどうしようかと思いましたが。説明があってほっとしました。

・で、その白い暗礁宙域で活動している宇宙海賊が、何でそういう白い中でくっきりと目立つ黒色に自分たちを塗っているのかが皆目見当付きません。目立ってしまって、とてもではないですが海賊らしく奇襲をかける、とかには向いていないと思うんですが。

・前から思っていたのですが、進化するとか言われてるAGEシステムは機体が変わると、それまで蓄積されていたデータが使えなくなってしまうようですね。
 てっきり、AGE-1と2の運用データを元に3は建造されたとばかり思っていたのですが-っていうか、駄目駄目でしょ、それ。

・で、再登場のファントム3-1。僕の友人がこいつらを見て「横山先生の三国志のキャラみたい」と言っていたのはかなりツボでした。

 ・戦死者を語るゼハートがまるでキルヒアイスのようで笑ってしまった。けど、こういうのって、発言する人間の立ち位置がはっきりしてないと、あんまり効果的ではないと思います。

・どうやら、アセムは死んだふりをしてヴェイガンに内通していた連邦軍部隊のみを襲っていたらしい。っていうか、なんでそんなことをしていたのやら。
 どうせ台詞のみの説明なら「父親」が、とかではなくこっちの説明をして貰いたかったものです。

・そして軍最高司令官に就任中に事実上のクーデターを起こして粛清委員会を立ち上げて腐敗した政治を一掃したその功績で、一部ファンからは優秀な指揮官であったという評価を得ているフリットです。
 しかしながらその結果、ヴェイガンの地球上への潜伏とMSの隠匿を許し、連邦軍の腐敗はともかく多数のヴェイガンへの内通部隊を見過ごし、AGEシステムの改良計画も承認させることが出来なかったということが判明してしまいました。
 いや、一MSパイロットとしてはともかく、軍の指揮官としては落第点でしかないでしょ、フリットって。

・いや、ねえ、ヴェイガンと内通していた連邦軍部隊が多数いたっていうんなら、それじゃあどうやってアセムたちはそれを知っていたのか、っていう話ですよ。
 軍内部にいた人間でさえ、噂話レベルでも知り得ない情報が何故、外部の海賊風情に伝わっているのかと言う。
 どうせやるんなら、シャナルアの時にもっと話を絡めるべきだったし、ゼハードが無能とかいうくだりで言及しておくべき話題だったんではないのかなあ、と。

・まあ、1年分の話をたった1クールに押し込めるなんて真似をしているから、無茶でいびつなものが出来上がってしまうんでしょうけれどねえ…。
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-06-07 14:46 | AGE「感想」


<< #35 呪われし秘宝      #33 大地に吠える >>