2012年 05月 29日

#33 大地に吠える

・まあ、予想通りの「小さな防衛戦」のオマージュでしたが、肝心なお子様らを戦場に連れて行く理由は一切描写されないまま、なんとなく惰性で宇宙に行くようです。
 なんだかなあ、という感じ。

・あと、友達から言われたんですがディーヴァで目的地を感知されない為に迂回航路を取っていたのに、キオが母親にメールを送れたり、本部から無線が来たりと通信封鎖はやっていないんですね。
 それじゃあ、別にスパイなんかいなくてもバレてたんじゃないのかねえ、とは友人の弁ですが。自分もそう思います。



以下、箇条書きで。

・どこが落ちこぼれなのか分からないくらい勤勉に働くディーヴァのブリッジクルー達。

・爺の評価はどれだけ真面目にやっているか、というのもひどい。学校じゃないんだから。

・そして、その付け焼刃で一夜漬けの勉強しかしていない艦長がより適切な大局的判断を下せると言う、冗談のような展開。

・ヴェイガンのMSは活動を停止したら自爆するのではなかったのだろうか。都合良く無かったことになったのかな?

・ヴェイガンが地球人類を試してる、なんて思い付きは止めといた方がいいんではないですかねえ。そもそも、コロニー市民全員を速やかに避難させられるだけの設備が無かったのが問題なんですから。

・ゼハード「反応が遅い」って能力抑制マスク付けてるんだから当たり前でしょ、と。そろそろ、追い詰められてマスクを外す→3倍の速度になる、くらいの演出があってもいいと思いますが。

・ますます、便利能力と化すXラウンダー。それが出来るならゼハードは最初っからガンダムの隠し場所を探し当てられたんじゃないですかねえ。それとも、レベルが違うんカナ。

・ホバーでしか進めないフォートレスよりも、変形して空を飛べるMSが運ぶべきだったんじゃないですかねえ。

・さもなくば、僕の友人が言ってましたが分離してGホッパーに爆弾を乗せて誘爆させるとか。その方がAGE-3の合体機構をアピール出来たんじゃないかって言ってました。

・そしていつの間にか地球の40%はヴェイガンの支配下にあったという。どうしてそういうことを最後に台詞だけで説明するのかなあ。

・しかし、軍の最高司令官だったのに予算もまともに組めなかったフリットはやはり無能な司令官だったのだなあ。こうして考えると、あの日、首相一派を粛清したことが今日と言う日を招いたのでしょうねえ。
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-05-29 23:00 | AGE「感想」


<< #34 宇宙海賊ビシディアン      #32 裏切り者 >>