shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 01日

特命戦隊ゴーバスターズのこと

・嫌いではないというか、むしろ特撮好きなのでここ数年は「スーパーヒーロータイム」を欠かさず見ているのですが、どうにも今回の「ゴーバスターズ」は具合が悪いです。
 「ゴセイジャー」も正直に言ってあんまり褒められた出来ではありませんでしたが、今回の「ゴーバス」はそれとはちょっと違った意味で、あんまりよろしくないという感じ。
 で、多分それはちぐはぐさ、なんですよね。



・今回の「ゴーバス」は前作の「ゴーカイジャー」が戦隊シリーズの総決算という意味合いもあったことの反動か、パターン破りを積極的に取り入れているという印象があります。
 この辺りはメインライターに小林靖子女史を起用していることからもまず、間違いない所です-女史がメインでやった戦隊が「ギンガマン」「タイム」「シンケン」という、どれもシリアスでシリーズのパターンから離れた作風であることは御存じの方も多いと思います。
 そういうことから、名乗りがなかったり変身バンクがなかったりと、過去作ではまずなかった-しかし、平成ライダーでは当たり前になってしまった風景-要素が取り入れられている訳です。

・また、設定や世界観でも武器が転送される、都市内に秘密の通路が張り巡らされている、技の名前は原則として呼称しない、巨大メカ戦と等身大の戦いが同時進行する、などのリアリティ重視のものが採用されています。
 この他にも情に重きを置く実働メンバーと、ドライでクールな指揮官の間の温度差がある、ということが挙げられます。
 その一方で、今週はロボットに合体する特命合体!とか言わせてみたり、必殺技の名前を叫ばせたりという作風のミスマッチも出て来ました。
 重箱の隅と言われるかもしれませんが、制作サイドの志の高さが大々的に報道されたことを知っている身とすると、こんなに早くぼろが出るとは思ってもみませんでした。しかしその反面、ここまでのちぐはぐさを感じていた方からすると、ここまでよくもったかな、とも思うのであります。

・小林女史ですから、脚本自体には別に問題はありません。与えられた設定の枠内できっちりとしたお仕事をされていると思います。
 そういう意味では地味ではありますが、リアリティを重視した脚本と文芸・設定の乖離がちぐはぐさの原因なのでしょう。原則、押さえられた筆致の脚本に対し、それを支える筈の設定があんまり上手くないのですね。
 主役サイドの武器は転送されるのに、メカは転送出来ない。何故か乗り込むメカが変形メカという、不合理の代名詞のようなもの。敵のコンピューターウイルスに唯一対抗出来るワクチンは存在するものの、解明も出来なければ量産化にも成功していないことに対する答えはない、など。
 まあ、最大のミスマッチは合体ロボのコードネームが〝ゴーバスターオー〟ってことなんですが。チーターとゴリラとラビットが合体するとゴーバスターオー、っていうのも一体なんの冗談ですか。っていうか、そもそも部隊の名前がゴーバスターズって辺りからちぐはぐさはあったんですよね。
 そのロボが敵さんの目の前で合体する理由もエネルギー消費が大きいので、接敵直前に行わねばならないという。だったら、合体したまま転送されればいいじゃないでしょうか。
 こうしたディテールが疎かになってしまっているのに、脚本だけは派手さも外連味も最低限に抑えたリアリティ重視のものになってしまっているから、ちぐはぐさが益々進行して行くんでしょう。

・パターン破りを本気でやりたかったのなら、本編中でタイトルのゴーバスターズなる名称は一切使用しない、合体メカは出さない、等身大の怪人は出さない、くらい徹底しなければ駄目だったんじゃないのかなあ、と。
 最初は「ガオガイガー」っぽいかなあ、とか思っていたんですがクールでドライな司令官を見た時にやっぱり「エヴァ」なんだなあ、みんなアレ好きだなあ-と考えるに到った訳です。
 きついことを言っている、嫌いな作品だからそんなことを言うのか、と思われるかもしれませんが、だとすればそれは最初に制作サイドが自らに課したハードルの高さ故でしかありません。これがいつも通りの戦隊シリーズなら、新機軸でまだ上手く行ってないけど頑張って、くらいのトーンには収まっていたと思います-多分。
 「ゴセイ」の時もそうでしたが、最初に公表されたものと実際の映像がそれなりに合わないと印象が良くないんでしょうね。

・なので、個人的には文芸関係を方向転換して、靖子女子の書く脚本に寄せた方がもっとお話としての一体感が出るのではないかなあ、と思います。
 少なくとも、青のスーツには強制冷却装置が搭載していないのはおかしいんじゃないかと。ゴリサキが駆けつけて氷をぶっかけるのは、そうした所を押さえてからじゃないと面白くないと思うのです。
 何はともあれ、テコ入れで従来の戦隊シリーズに戻らないことを期待しつつこれからも視聴するのでしょうね。
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-04-01 21:46 | 特撮


<< #25 恐怖のミューセル      #24 Xラウンダー >>