shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 02日

新年の御挨拶あわせて#12 反逆者達の船出

・新年、あけましておめでとうございます。
 旧年中はこんなブログを読んで頂きまして、本当にありがとうございました。
 今年-と言いますか、取り敢えずガンダムシリーズの新作がある限りはぼちぼちと続けるつもりです。
 今後とも御贔屓の程、よろしくお願い致します。

・で、新年一発目の「揚」の感想をば-先入観があるのかもしれないけど、なんで憲兵でもない指揮官が茶ヒゲの身柄拘束なんて任務についてたんだか。
 この辺りが「揚」の駄目な部分の一つなんじゃなかろうか。





・なんで、今更ラーガンは迷うのかねえ。だったら、どうするか訊かれた時に艦から下りてればよかったのにねえ。それがリアルってことなのかもしれないけど、それならそれでここに至るまでで苦悩なり葛藤とかがないと。
 自分にはリアルとは思えなかったです。

・あの憲兵もどきが言っていることは正しいなあ。確かに茶ヒゲのやってることは軍という組織では単なる逸脱行為でしかないし、シビリアンコントロールという観点から観たら重大な問題だからなあ。

・しかし、なんだってあの指揮官は最初っからMSを展開させておかないんだか。まあ、あの指揮官の趣味なんだろうけど。
 まあ、それに付き合ってガンダムやらヤクザの艦隊を伏兵にしてる茶ヒゲもなんだかなあ、って感じですが。

・いつの間にかラーガン機のライフルもUEのメカを撃墜出来るようになってるよ。そいでもって戦艦の主砲ならUE艦船には駄目でも、メカには効くんだ…だったらバスターランチャーみたいにMS携行型を作るだろう。
 本当に駄目だな、ここの軍隊は。

・しかし、結局、嫌な大人は描かれないんだなあ。どうせならあの指揮官が徹底的にやな奴だったら面白いのに、とか思うのですが。

・NTではないらしいなあ、あの超感覚。Xラウンダーとか言うらしい。

・で、養父に売られたユリンは洗脳されてフリットの敵に-ってな感じでしょうか。はてさて、どうなりますことやら。
[PR]

by shunichiro0083 | 2012-01-02 19:03 | AGE「感想」


<< #13 宇宙要塞アンバット      #11 ミンスリーの再会 >>