shunichiro0083のアイのダメヲタ日記-感想と推測と妄想の終わらない円舞曲

taneunn.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 19日

#11 ミンスリーの再会

・まとめサイト辺りで今回のお話の時系列のハチャメチャさが指摘されているようですが…いやあ、フォローしようがないですね、これ。
 まあ、敢えて言うなら「例のギャングの親玉は実は諸々の後始末は若い衆に任せてディーヴァに乗っていた」とか「マッドーナもGエグゼスのメンテの問題でディーヴァに乗りこんでいた」とかそんな感じですかね。
 どっちも台詞一つで解決する類のものですが(微苦笑)。



・いやあ、よく癇癪起こさなかったですね、ヒロイン。今までの話の流れから行ったら、水遊びしている所に乗り込んで騒ぎの三つや四つもしでかしそうなものですがねえ。

・しかし、ビルダーをディーヴァの改造に使ってる暇があったら、とっととMS用装備を量産させるべきなんじゃないかと。
 あの艦長の思考も普通じゃないなあ。それとまれかな、MSは落ちてもいいけど、自分が乗り込んでいる艦は落ちて貰っちゃ困るっていうことなのかな。

・で、2週間も喧々諤々の議論をやってもあの程度の作戦しか練り上がらないということは、この作戦自体を中止させるべきなんではないかと。
 っていうか、なんでUEが廃棄された宇宙要塞にいるって分かったんだっけ。突然、UEにレーダーが有効になったからだったかなあ。

・まあ、本当になんで艦長をあの憲兵が2週間も放っておいたのかは謎の一言ですな。別に私有地もへったくれもないだろうに。
 そもそも、邸宅まで船と徒歩でしか行けないという御都合主義が盛大な訳ですが-土地の有力者だから、軍も下手に手出しできないなんて話はなかったですよねえ。
 別に自然保護区内だからと言って、ヘリやらが使えないということでもないでしょうに。まして、犯罪者として認定されて久しい艦長の身柄を拘束せねばならないのに、何の遠慮をしているのやら。

・その後もガンダムが何故か陸路でトレーラーではなく、空を飛んできたかも不明なんですが、多分、自分が付いた嘘(設定)をもう覚えていないんだろうなあ、某社長さんは。
 そういう意味では「00」辺りの正当な後継者とは言えるのかもしれない。

・いや、あの爺さんの特攻の何で救われたのか。社交辞令にしても、もう少し言葉は慎重に選ぶべきだと思う。

・けど、今回の話の本当の問題はユリンとバーミングスの間のことだったんじゃないのか、と。義理の父娘という難しい間柄であるのに、あんな通り一遍な書き方すら出来なかったのはもう大失敗なんじゃないのかなあ。
 いや、これでユリンとバーミングスの話を良く良く聞いて突き合わせると矛盾していて、そこからユリンがUEのメンバーだったことが判明する、なんて展開になるのだとすればいいけど。そこまではやらない、というか尺がないだろうし。
 そう言う訳で、個人的には今回の話は本当に今の「揚」の限界を見せ付けたのではないか-そんな気がするのであります。
[PR]

by shunichiro0083 | 2011-12-19 21:08 | AGE「感想」


<< 新年の御挨拶あわせて#12 反...      #10 激戦の日 >>